軍事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ホルホル ニダ
    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 12:40:24.40 ID:???.net
    【野口裕之の軍事情勢】軍事技術を盗み→いじり→壊し→「不良品」と補償要求する韓国に米国がキレた! (1/6ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
    http://www.sankeibiz.jp/express/news/151026/exd1510260600002-n1.htm


     韓国の“兵器開発”は、フランスのノーベル賞作家、ロマン・ロラン(1866~1944年)の想像をはるかに超えた。ロランは言った。

     「偉人は自分のできることをする。だが凡人は、できることをせず、できもしないことばかり望む」

     韓国は「望む」だけでなく「盗む」。韓国の韓民求(ハン・ミング)・防衛相(62)は15日、米国のアシュトン・カーター国防長官(61)と会談し、韓国が「独自開発」中の戦闘機(KFX)に必要な
    先端技術の提供を、改めて申し入れた。もちろん&やっぱりカーター氏は一蹴した。


     法王も低いモラルに苦言

     米国の対韓軍事供与はもはや「盗人に追い銭」状態。韓国は協定を何度も破り、最先端技術開発元の米国が指定する、開けてはならぬ《ブラックボックス》をこじ開けた。

     こじ開けたのは良いが、元に戻せず兵器を壊すケースも目立つ。一方で、米供与兵器の運用実験に失敗すると、自らの整備不良や劣悪な保管実態を棚に上げ、米側に「欠陥」補償を求める。

     盗まれ→いじられ→壊され→「不良品」だと補償要求する韓国の破廉恥な姿勢に、米国はまたまた(・・・・)キレたようだ。ローマ法王フランシスコ(78)は乗員・乗客304人が死亡・行方不明と
    なった韓国のセウォル号沈没事故に関連して、仰せられた。

     「韓国民が事故を契機に倫理的に生まれ変わることを望む」

     乗客を見捨てて逃げた船長や不誠実な政府対応、拝金主義の船主…。韓国人のモラルの低さに苦言を呈したとの見方が支配的だ。最も大切な教義の一つを「赦し」だとするカトリックの
    最高位をもってしても「生まれ変わり」を求める国、それが韓国の正体である。

     韓国は2014年、次期主力戦闘機として米社とF-35を40機購入する契約を交わす。韓国はその際「KFX開発に必要な25の技術提供を受ける約束をした」と強弁する。しかし米政府は
    4月、少なくとも「内4つの核心技術の提供を許可しない」決定を下した。4技術は超最先端システムで、米国が出したくないのは当然だ。特に韓国には。

     韓国空軍は40機のF-35も完成品で買うことになろう。ところが米国は、同じくF-35を導入する計画の航空自衛隊には、韓国と全く異なる待遇で臨んでいる。4機は韓国同様に完成品で
    買うが、残りの38機は、主要技術を米側から取得した上で国内で組み立てる。米政府が、日韓両国の技術力格差のみならず、行状の違いをよく認識した末の結論だ。以下、韓国の
    “技術力”や行状のほんの一部を紹介するが、科学系ノーベル賞に縁遠い理由も理解できよう。


     いじり壊して補償要求

     韓国空軍の主力戦闘機F-15Kの場合、主要部を除くパーツを米国より持ち込み、韓国企業が組み立てる。が、技術的未熟さ故、トラブルが続出し、自衛隊では考えられぬ墜落件数で
    多くの乗員の命を失った。未熟克服にはコツコツと研究を積み重ねる他ない。だのに韓国は、ブラックボックス指定の暗視装置を分解し、ブラックボックスに仕掛けられた細工も知らず米側に
    探知されてしまう。

     韓国が不正流用した米技術は▽対艦ミサイル▽多連装ロケットシステム▽戦車…など最低20種類前後にのぼる。同盟国としてあるまじき裏切り行為の蓄積で、米技術の韓国供与の
    「蛇口」は急激に絞られた。

     実際、F-35も空自仕様に比べ、性能ダウンした機種が「有力候補」に浮上する。不正入手した製品・部品の新規購入に当たっても米国は、通常の数倍もの高値を課し始めた。

     そもブラックボックスをいじり→証拠を残さず仕組みの解明を行い→復元するには、極めて高度な技術が必要となる。ドイツが開発し韓国企業がライセンス生産した潜水艦に至っては元に戻せず、
    日本企業に泣きつき、断られたと聞く。

     悪事を隠すのなら、少しは謙虚になればよいのにエラそうに振る舞う。12年の米韓演習で、韓国海軍イージス艦が発射した米製艦対空ミサイルSM-2が標的と反対方向に飛び、自爆した。

     韓国は米国に補償を要求したが、米側は「各国海軍での欠陥報告はなく、韓国海軍特有の事故」と拒否した。小欄は、米側は韓国にこう言って黙らせたのでは、と推測する。

     「配備が進む弾道ミサイル迎撃用のSM-3は実験段階でほぼ全弾命中している。SM-3に比べ標的の速度が圧倒的に遅い航空機迎撃用のSM-2が成功率50%とは???」

    ←アメリカはいい加減チョンと手をきれ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1445830824/:

    【【アメリカブチ切れ!】軍事技術を盗み→いじり→壊し→「不良品」と補償要求する韓国に米国がキレた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    001ec94a25c50edabaa350
    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/10/24(土) 09:09:29.72 ID:???.net
    ■エンジンなど中心技術のほとんどは米国産
    ■「技術流出や周辺国との緊張が高まるおそれ」


    韓国製の超音速高等練習機T50のウズベキスタン向け輸出が、米国政府の反対で事実上白紙になったことが、23日までに分かった。

    韓国政府の消息筋は
    「T50のメーカー、韓国航空宇宙産業(KAI)は、ウズベキスタン政府と輸出交渉を繰り広げたが、
    最近米国政府が技術流出および外交政策上の理由などから反対の立場を示したようだ」と語った。

    契約規模は12機、4億ドル(現在のレートで約486億円)相当と予想されていた。

    T50は、米国ロッキード・マーチン社の技術支援を受けて開発された。航空電子装備やエンジンなど、ほとんどの中心技術は米国産だ。

    このため、米国の武器輸出コントロール法などの適用を受け、輸出はもちろん、
    外国で展示する際にも米国政府の承認を受けなければならない。

    T50をインドネシア、イラク、フィリピン、タイに輸出した際には、米国の許諾を得た。

    また米国政府は、技術流出問題だけでなく、T50がウズベキスタンに輸出された場合、
    周辺国との緊張関係を招きかねないという点も懸念しているという。

    KAIだけでなく韓国国防部(省に相当)や防衛事業庁、韓国空軍も、ウズベキスタンにT50を輸出するため骨を折ってきた。

    今年5月に韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領とウズベキスタンのイスラム・カリモフ大統領の首脳会談が行われた際にも、
    この問題が取り上げられたという。

    さらに首脳会談に先立つ今年4月には、ウズベキスタンの国防相が7年ぶりに韓国を訪れ、
    韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官と軍事教育面での交流協力に関する了解覚書を締結、
    T50の軽攻撃機モデル「FA50」のシミュレーターに自ら搭乗したこともあった。

    KAI側は
    「米国政府は輸出を承認しなかったが、ウズベキスタン側では依然T50の配備を希望していることから、米国を説得する作業に乗り出す」と語った。


    2015/10/24 08:36
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/24/2015102400590.html

    ←独自開発だけど米の承認がいるニダ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1445645369/:

    【【断末魔韓国経済】韓国製T50練習機、米反対でウズベク向け輸出が白紙に エンジンなど中心技術のほとんどは米国産】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ニダ 火病
    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/10/22(木) 16:37:26.22 ID:???.net
    2015年10月21日、韓国・文化日報によると、韓国の韓民求(ハン・ミング)国防相が
    日本の中谷元・防衛相からの日韓間の軍事情報共有要求を拒否したことについて、
    韓国国内で「国益より世論を意識している」と指摘されている。

    中谷防衛相は20日の日韓国防相会談で、日韓の軍事情報保護協定(GSOMIA)と
    相互軍需支援協定(ACSA)の締結を要請したが、ハン国防相がこれを拒否した。

    GSOMIAとACSAは安全保障や日米韓3カ国の軍事同盟を維持するために不可欠な要素であり、米国側の要求でもある。

    特に日韓GSOMIAは、李明博(イ・ミョンバク)政権時代の2012年初め、
    締結直前まで進んだものの、手続き上の問題などで実現されていなかった。

    専門家らは、
    「世論を収めることは必要だが、国益という観点では、(GSOMIAとACSAは)いかなる場合でも放棄できない基本的な価値」とし、
    ハン国防相が要請を拒否したことに懸念を示した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

    「世論うんぬんではなく、日本が信じられない。協定を結んではならない」

    「虎視眈々(たんたん)と独島(日本名:竹島)奪還を狙っている日本と情報保護協定を結び、情報を渡しても、決して私たちの助けにはならない」

    「拒否するのは当然だ。今まで日本との条約で、平等に締結されたことがあるか?
    江華島条約(>>1876年、江華島事件処理のため日本と朝鮮の間で結ばれた条約)から、日韓国交正常化に至るまで、さまざまな条約で韓国に不利な内容となっている」

    「事実上の中国包囲戦略的な日米韓3カ国同盟に参加するのが私たちの安全保障にどのような助けになる?
    最大の貿易相手国である中国に背を向けて、日本に軍事情報を渡すのが国益なのか?」

    「遠い親戚より近くの他人という言葉があるが、実質的に韓国が助けを受けるのは日本だ。
    左派に偏り、共産主義の理念がぎっしり詰まった者が過去の話を繰り返し隣人との関係をダメにしている。
    このような行動は私たちにとって何の助けにもならない。日韓関係は、針と糸のように一緒になることが必然なのだ」


    2015年10月22日(木) 12時30分
    http://www.recordchina.co.jp/a121500.html

    ←いいぞ!そのまま自滅するんだ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1445499446/:

    【【日本とは協定を結ばないニダ!!】韓国国防相が日韓軍事情報共有を拒否、「国益より世論か」と批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title
    1: キムチ速報は今すぐアフィ切れよ@Ttongsulian ★@\(^o^)/ 2015/10/18(日) 16:25:17.48 ID:???.net
    韓国型戦闘機(KF-X)開発事業に対する悲観的な展望に空軍の苦悶が深まっている。

    KF-Xを開発するのに必要な4個の核心技術移転を米国政府が拒否していて、防衛事業庁と
    国防科学研究所(ADD)がこれに対する代案として提示した国内開発計画までも信じること
    ができないという雰囲気が拡散しているためである。

    18日、空軍によれば現在私たち空軍の戦闘機は韓国国防研究院(KIDA)が判断した我が国の
    適正戦闘機保有機数を下回り始めた。

    KIDAは我が国の適正戦闘機保有機数を430余機と判断したが、今年10月基準で420余機を保
    有して10余機が不足な状況である。空軍は今年の国政監査業務報告資料で戦闘任務機が
    420余機と明らかにした。これは北韓の戦闘任務機820余機の半分水準である。

    導入してから40年を越えるF-4、F-5系列の戦闘機が急激に淘汰されることで南北韓の戦闘
    機格差はより一層厳しくなるものと見られる。

    空軍は180余機のF-5系列戦闘機の中でF-5EとF-5F 120機を2019年までに、(K)F-5 60余機
    は2025年までにそれぞれ全量淘汰させる予定である。F-4E(ファントム)40余機も2019年ま
    でに全て退役させる。2019年までに老朽戦闘機160余機が順に淘汰されるわけである。
    FA-50(軽攻撃機)60余機とF-35A 40余機を導入しても2020年中盤であれば310余機で、今年
    対比110余機が不足するものと評価される。

    空軍は戦争主導権の早期確保と効率的な陸・海軍作戦支援のために最小規模の戦闘機はハ
    イ級(F-35A級)100余機、ミドル級(KF-16級以上)200余機、ロー級(FA-50級)130余機など
    430余機が必要であると説明している。

    このために空軍はKF-X開発の必要性を提起して来た。

    一角では国防部が算出した開発費などを含んで18兆ウォン以上が必要となるはずであると
    いう論理で、KF-X事業を源泉的に再検討しなければならないという主張を繰り広げている。
    もちろん国防部と防事庁は算出された予算範囲中で事業を完了することができると説明し
    ている。核心技術の国内開発可否が不透明なのではないかという主張が継続していること
    も空軍関係者たちを緊張させている。

    政府のある関係者は「空軍の戦力空白を埋めることが優先なのか、国内航空産業育成のた
    めに戦闘機を国産化することが急先務なのかに対して決定を下して積極的に意見を広げな
    ければならない」とし「政府もKF-X技術移転問題が露わになったこの時点で優先順位をも
    う一度判断して見る必要がある」と話した。

    2015/10/18 10:12
    http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=201510182023g

    ←こいつら本当に残念だなww!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1445153117/:

    【【断末魔韓国経済】韓国型戦闘機(KF-X)開発事業が座礁…悲観的展望に空軍は「憂鬱」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    189c3de3-s
    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 21:47:38.42 ID:???.net
    Record China 10月17日(土)8時20分配信

    2015年10月15日、中国新聞社によると、韓国の国産戦闘機「KF-X」開発計画で、
    韓国政府は米国からの先端技術移転をあきらめ、欧州に切り替える可能性が出てきた。

    訪米中の韓国の韓民求(ハン・ミング)国防相は同日、カーター米国防長官と会談。
    米ロッキード・マーチン社からの技術移転を改めて求めた。しかし、韓国政府関係者によると楽観はできない状況だ。
    韓国側は今年8月、カーター長官に書面で要求。しかし、3カ月過ぎても明確な回答は得られなかった。
    今後の展開次第では、韓国は「第3の道」を捜すことになりそうだ。

    一方、韓国は今年に入り、欧州企業との接触を始めている。韓国政府関係者は「今年8月、担当者が英国やスイス、
    イスラエルの企業と技術移転について話し合った」と話す。
    「欧州側はわれわれが必要な技術を持っており、問題がなければ協力を求めたい」としている。(翻訳・編集/大宮)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00000016-rcdc-cn

    ←コウモリ外交の本領発揮だな!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1445086058/:

    【【断末魔韓国経済】韓国国産戦闘機への技術移転、米あきらめ欧州に要求か―中国メディア 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    paa
    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 09:30:52.92 ID:???.net
    ■国務省、今年4月の段階で「ノー」
    ■カーター国防長官、きのう韓民求長官に「ノー」
    ■会談前日、韓国国防部にも拒否の返信が到着

    米国訪問中の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に随行している韓民求(ハン・ミング)韓国国防部(省に相当)長官は15日(米国時間)、
    米国防総省でアシュトン・カーター国防長官と会談し、韓国型戦闘機(KFX)開発に必要な4件の戦闘機技術の移転を要請したが、
    またしても拒否された。

    韓民求長官は、カーター長官に「KFX事業のための技術移転について、前向きに検討してほしい」と求めた。
    これに対しカーター長官は「KFX技術移転は難しい」という立場を伝えたという。16日に韓国国防部が明らかにした。

    韓国軍当局は昨年9月、次期戦闘機(FX)としてF35戦闘機40機を購入するのに伴い、
    メーカーの米国ロッキード・マーチン社からKFX開発に必要な21件の技術移転を受ける約束を取り付けた。

    さらに追加で、米国政府の承認を条件に、アクティブ・フェーズドアレイ(AESA)レーダーと
    戦闘機の統合技術など4件の中心技術を入手しようとした。

    ところが米国務省は今年4月、技術移転を拒否した。

    韓長官は今年8月、カーター長官に技術移転を頼む書簡を送ったが、両国の国防長官会談の前日、
    技術移転は難しいというカーター長官の返書が韓国国防部に届いた。

    結果的に、同じ事案をめぐって3度拒否された格好になった。

    米国がこれまで、4件の中心技術を、同盟国を含め他国に移転したり販売したりしたことは一度もない。
    国防部の関係者は「既に米国政府の立場は整理された状態で、これを変えるのは難しかった」と語った。

    そのかわり韓米は、技術協力を増進するための協議体を作ることで合意した。

    韓国政府は、協議体を通してKFX技術移転を引き続き米国側に要請することにした。
    しかし国務省は15日、報道資料の中でKFXに言及しなかった。

    これにより韓国軍当局は、4件の中心技術のうちAESAレーダーと戦闘機の統合技術は、
    欧州またはイスラエルのメーカー3社のうち1社と協力して開発し、残る3件の技術は独自開発するという計画も立てた。

    この計画を通して、KFXを2025年までに開発するという。

    しかし、システム統合技術を用意するとしても、KFXに組み込む各種の米国装備と互換させる上で問題があり、
    開発完了の時期がずれ込むという見方も出ている。


    2015/10/17 09:07
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/17/2015101700529.html

    ←チョンには全てノーと答えろ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1445041852/:

    【【韓国ブチ切れ!】韓国向けの戦闘機技術移転、米側から3度目の「ノー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    20140516121723
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/15(木) 19:55:28.378 ID:24yY1Ieqd.net
    オバマが弱腰なのか?
     
    ←核の撃ち合いはヤバイだろ!と思ったらクリック

    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1444906528/:

    【アメリカってアメリカ以外の国が連合作っても勝てないんだろwwwwwなのになんで中国にビビってるわけwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    FA50_convert_20130512191744
    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/15(木) 09:30:02.58
    韓国型戦闘機(KF-X)事業の核心技術を欧州から導入する案が推進されている。

    政府は開発費8兆1000億ウォン(約8200億円)を投入してF-4・F-5など老朽化した戦闘機を入れ替えるため、
    F-16以上の性能を持つ韓国型戦闘機を2025年までに開発することにした。

    しかし4月に米国が「多機能能動位相配列(AESA)レーダーの機体統合技術など
    核心技術4種類を提供できない」と公式通知してきたことで、KF-X事業(別名ボラメ事業)に支障が生じた。

    朴槿恵(パク・クネ)大統領に随行して訪米中の韓民求(ハン・ミング)国防部長官は15日午前(現地時間)、
    カーター米国防長官に会い、技術移転を改めて要求する予定だ。

    しかし状況は容易でない。政府当局者は
    「韓長官が8月にもカーター長官に書簡を送って再検討を要請したが、3カ月経っても黙殺無返答」とし
    「世界からF35約2000機の注文を受けた米国が40機を購入する韓国に核心技術を譲るのは容易なことでないだろう」と述べた。

    事情がこうであるため、政府は第3の道を模索している。
    すでに年初から米国の技術移転拒否を念頭に置き、欧州側と接触してきたという。

    政府当局者は「8月に担当者が英国(セレックス)、スウェーデン(サーブ)、
    イスラエル(エルタ)などを訪問し、技術移転と協力案を議論した」と述べた。

    政府が欧州の国に打診している技術はAESAレーダーを戦闘機と連動させる体系統合技術という。

    この当局者は
    「欧州の3社ともに我々が望む技術を保有し、米国の技術を適用していないため、韓国との協力に問題はないということを確認した」とし
    「該当企業も協力を望んでいる」と説明した。

    KF-X事業のための基本協力は米国(ロッキードマーチン)とするものの、技術の移転が不可能な技術は欧州と推進するということだ。

    黄教安(ファン・ギョアン)首相も14日、国会の対政府質疑で
    「米国と協議している。4大核心技術の導入が難しい状況に対応し、国内開発と第3国との技術協力も推進している」と明らかにした。

    問題は米国の技術が適用された機体との互換性だ。
    100%の互換には付属品の一部を分解する必要があるが、米国は主要部品の分解を許可していない。

    軍の関係者は「欧州の国も似た状況を経験したことがあり、問題はない」とし
    「断言はできないが、我々の技術も相当なレベルに達していて、少し足りない部分を海外から補充すれば、こうした懸念を払拭できる」と主張した。


    2015年10月15日07時48分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/972/206972.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|breakingnews

    ←足りないのは技術より脳みそだろ!と思ったらクリック

    http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news4plus/1444869002/:

    【【迷走する韓国軍事】韓国型戦闘機の核心技術、米国から導入不可なら欧州と提携へ 問題は米国の技術が適用された機体との互換性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    12-top

    1: えりにゃん φ ★@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 12:37:30.79 ID:???.net
    中国が南沙で建設の「滑走路完成」衛星写真公開
    読売新聞 9月26日 12時5分配信

     【ロンドン=角谷志保美】国際軍事専門誌IHSジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー
    (電子版)は、中国が南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島にあるファイアリー・クロス礁
    (永暑礁)に建設していた滑走路が完成したとする衛星写真を24日付で公開した。

     画像は20日撮影。3125メートルの滑走路には白線などが引かれ、ヘリポートを示す「H」の
    マークがある。同誌は、「滑走路の完成で、中国はスプラトリー諸島を航空パトロールする
    潜在能力を備えた」と指摘した。中国は同礁を埋め立て、滑走路の他にも港や建物、道路などの
    建設を進めている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00050072-yom-int

    ←早く9条唱えにいけよ馬鹿左翼!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1443238650/:

    【【ついに滑走路完成アル!】中国が南沙で建設の「滑走路完成」衛星写真公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: TEKKAMAKI(catv?)@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 07:18:18.57 ID:DrFCBXQz0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/imanouchi_2.gif
    韓国海軍“パクリ製造”の主砲暴発、実戦中に突然停止も…生かされない“人災”セウォル号事故の教訓

    韓国海軍でまた艦船装備の“パクリ改造”や偽装が明らかになった。
    多くの中型艦に主砲として積まれている「76ミリ砲」が伊メーカーの製品を“参考”に造られて
    いたことが判明。メーカーの抗議にも韓国側は正当性を主張したが、改造砲は暴発したり
    実戦中に停止したりと考えられない事故を起こしている。また以前、救難艦がソナーの代わりに
    魚群探知機を搭載していて問題となったが、新たに3隻の掃海艇でも魚群探知機が積まれて
    いたことが判明。人災とされる昨年4月のセウォル号沈没事故からまもなく1年だが、韓国では
    惨事の教訓が生かされる気配はない。

    暴発事故は今年1月21日午後6時20分ごろ発生。朝鮮日報(電子版)など現地マスコミによると、
    黄海に配備されているコムドクスリ級ミサイル高速艇「黄道顕」の76ミリ砲が誤作動し、砲弾1発が
    誤って発射された。この事故で付近にいた水兵1人が爆風の影響などで頭部を負傷し重体となった。
    現地マスコミは「砲はイタリア製で、韓国企業が性能を改良したもの」としているが、実態は「改良」
    とはほど遠いといわざるを得ない。

    改良されたのは、伊オットー・メララ社の76ミリ速射砲。同社は世界的に有名な艦砲メーカーで、
    その製品の中でも76ミリ速射砲は西側の“大ベストセラー”。生産開始は1969年と古いが、
    優秀な性能と堅実かつ頑丈な設計で日本やカナダ、米国など多くの国が採用している西側艦艇の
    「標準艦載砲」だ。

    オットー・メララ社が「コピー品」と断じた韓国産76ミリ砲の性能は、発射速度が本家の毎分85発を
    超える同100発で、海軍が新造艦に搭載。
    まず昨年4月にコムドクスリ級高速艇「徐厚源」搭載の76ミリ砲が異常動作を起こした。10月には
    同級高速艇「趙天衝」が、北方限界線(NLL)を侵犯した北朝鮮艦艇に警告射撃を実施している最中に
    76ミリ砲の動作が突然停止。実戦中に故障するという最悪の事態を引き起こした。先の暴発・
    重体事故も起こるべくして起こったといえる。
    以下長文略
    http://www.sankei.com/west/news/150330/wst1503300005-n1.html
    no title

    ←性能まではパクれないんだなと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1427753898/:

    【韓国海軍“パクリ製造”の主砲暴発、実戦で停止wwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報