紅白歌合戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1249639-Miss-A-617-kpop[1]

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/12/31(水) 16:21:40.89 ID:???.net
    井上伸 | 国家公務員一般労働組合執行委員、国公労連書記、雑誌編集者

     森岡孝二さんが指摘しているように、紅白歌合戦は日本社会に立ちはだかる壁のような存在だと私も思っています。
    なので紅白歌合戦に関わるエントリーをアップすることなどないと思っていたのですが、ジェンダー問題とはまた別のところで
    気になったマスコミ報道があったのであげておきます。

     産経が「中国版紅白歌合戦からも「出ていけ」と嫌われる韓流…NHKは3年連続選出ゼロ」という記事で次のように
    指摘しています。

    >65回目を迎えた、大みそか恒例の「NHK紅白歌合戦」に今年も韓国勢は選ばれなかった。3年連続の選出ゼロには、
    >日本国内での韓流ブームの終焉(しゅうえん)が背景にある。(中略)今年の紅白歌合戦の出場歌手は11月26日に
    >発表された。平成24年の紅白で韓国勢が選ばれなかった際には、国内外のメディアでちょっとした騒ぎになった。その前年に
    >東方神起、KARA、少女時代の3組が出場していたからだ。(中略)日本における韓流の終焉の底流には、「嫌韓」と
    >「反日」という互いの意識が強く働いている。それでも戦前から戦後にかけて、日本と韓国は歌謡曲というジャンルで密接な
    >関係にあった。チョー・ヨンピル、桂銀淑(ケイ・ウンスク)、キム・ヨンジャ…。昭和50年代から平成にかけ、韓国の歌手たちは
    >何度も紅白に出場した。NHKによると、紅白の選考基準は「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」の3点だ。
    >NHKは否定するだろうが、外交問題もあり「世論の支持」が最も高いハードルになる。4年ぶりの韓国勢の紅白出場には、
    >とりあえず日韓首脳会談の開催が前提になりそうだ。
    (出典:産経「中国版紅白歌合戦からも「出ていけ」と嫌われる韓流…NHKは3年連続選出ゼロ」)

     K-POPのアーティストは、「日本国内での韓流ブームの終焉」で今年も活躍できず支持もされていないから紅白歌合戦に
    出演できなくて当然だ、と産経は言いたいようですが、本当にそうなのでしょうか?

     じつは私には大学生と高校生の子どもがいるので、よく分かるのですが、少なくとも大学生と高校生の間では、K-POP人気は
    広がる一方です。その広がり方も固定したアーティストが人気を誇るだけでなく新しい人気アーティストが次から次へと生まれているのです。
    うちの子どもの高校にはK-POPのダンスサークルがあり、高校の文化祭では大活躍ですし、各クラスの企画でもK-POPのダンスを
    クラス全体で披露するのが当たり前のようになっています。なので、うちの子どももK-POPチューンを文化祭で披露していました。

     今や、東方神起、KARA、少女時代だけでなく、次から次へと新しいK-POPアーティストが若い世代では支持されているのです。
    政治の世界での日韓関係の悪化による影響などで、地上波テレビにはK-POPアーティストは出演できなくなっていますが、
    若い世代はネット上の(とりわけYouTube)バイラルでK-POPアーティストの情報を得ているのです。

     K-POPアーティストが日本で現在でも支持されていることは、コンサートへの観客動員力や、CDセールスを見れば客観的にも明らかです。

    >>2以降に続く)

    Yahoo!ニュース 2014年12月31日 15時50分
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/inoueshin/20141231-00041945/

    ←年納めに韓国人を見たくねぇよと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1420010500/:

    【【拡散希望!】 井上伸「紅白歌合戦にK-POPゼロはおかしい!!」 「不動の人気誇る韓流ブーム・K-POPブーム!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kouhaku[1]

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/11/27(木) 11:54:05.63 ID:???.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141127-00000031-rcdc-cn
    2014年11月27日、韓国・聯合ニュースによると、NHKは第65回紅白歌合戦の出場歌手を発表。K-POP勢は昨年に続き選出されなかった。

    韓流アーティストが紅白に最多出場したのは2011年。東方神起、少女時代、KARAの3組が登場した。
    しかし、翌2012年からは一転してゼロとなった。 これは、日韓関係の悪化や日本国内のK―POP人気が
    下降線をたどっていることを表していると伝えた。

    これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「今の冷え切った日韓関係を考えると、当たり前のこと」

    「レベルの低い日本の歌合戦に、韓国歌手はもったいない。今後は日本よりも米国で成功することを考えよう」

    「韓国人歌手が紅白歌合戦に出場することを誰が望んでいるの?」

    「まだ日本で韓流ブームが続いていると思っているのか?とっくに終わったよ」

    「海外に進出する時に、自国の言葉で歌わないのは世界中で韓国人歌手だけだ。そんな情けないK-POPの人気が終わってよかった」

    「いつまで韓流ブームにしがみつくの?今の日本人は韓国の文化よりも竹島問題や慰安婦問題に興味がある」

    「日本の紅白歌合戦は学芸会レベルでしょ?そんなものに出場したら、韓国歌手の品格が落ちる」

    「日本に頼らなくても、K-POPは世界中に熱風を巻き起こせる!」(翻訳・編集/篠田)

    ←これからも出るなよ!と思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1417056845/:

    【【超朗報!】 NHK紅白、「K-POPは3年連続出場ゼロ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    NHK 紅白

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/01/05 11:56:21
    昨年の大晦日、NHK紅白歌合戦は熱く賑やかなムードのなか、幕を下ろした。
    過去数年に比べ、昨年の紅白のテーマはややシンプルで、国際的要素に欠けていた。

    エンターテインメントの風向は、往々にして時局と政治の影響を受ける。昨年の紅白歌合戦も例外ではない。
    しかし極端な保守を望む現在の日本の政治が多元的、開放的な文化の局面に影響を与えるべきではなく、
    形式上は賑やかだったが、内容は孤独な自賛と化していた。

    中国網が伝えた。

    1951年の大晦日から昨年まで、紅白歌合戦はすでに64回、開催され続けている。
    戦後日本の大衆文化の主柱として、はじまった当初は濃厚な民主化、国際化の息吹が感じられた。

    過去63回のなかで、主催するNHKはつねに日本と盟友、そして隣国との文化的友好関係を考慮してきた。
    各国歌手をその年を締めくくる祭典に招待することで、戦後の日本文化の多元性、包容力、そして開放性を示した。

    過去の紅白では、台湾籍歌手のテレサ・テン、欧陽菲菲、香港籍のアグネス・チャンがいずれも3回ステージに上がった。
    また中国籍、華人歌手として、ジュディ・オング、アラン・タム、ビビアン・スー、女子十二楽坊、モーニング娘。のジュンジュン、リンリン、
    SDN48のチェン・チューらも紅白歌合戦の舞台に姿を見せ、日本式の年越し祭典にも「華流」の影響がうかがえた。

    近年では韓国流行文化の台頭により、「韓流」も紅白歌合戦にとって不可欠な要素となった。
    BoA、東方神起、少女時代、KARAはいずれも数年来、紅白の主役となった。

    東日本大震災に見舞われた2011年の紅白歌合戦は、米中韓など他国・地域の歌手が一堂に会する番組となり、
    被災後の日本の復興を応援する友好メッセージが贈られ、暖流が心底を潤した。

    今回の紅白歌合戦で、主催者は国内外時局の動きを意識した。
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-01/05/content_31094051.htm
    >>2

    【【中国】 NHK紅白歌合戦、孤独な日本の自賛と化していた】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報