朝日新聞

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝日新聞 売国

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 09:50:28.20 ID:???.net
    人種差別撤廃基本法の成立をめざす国会議員らの集会が26日に国会内であり、
    在日外国人らがヘイトスピーチ(差別を扇動する憎悪表現)デモの標的にされたり
    就職などで差別的取り扱いを受けたりしたと語った。超党派の「人種差別撤廃
    基本法を求める議員連盟」の小川敏夫参院議員らが5月に提出した法案について
    説明。有田芳生参院議員はヘイトスピーチ対策の立法化などの対策を求める
    意見書を全国130の地方議会が採択したと述べた。

    以下ソース

    ソース:朝日新聞 2015年6月27日 16時36分
    http://www.asahi.com/articles/ASH6V65QVH6VUTIL05X.html

    ←まずは外国人差別の発端在日特権を無くしてくからやれ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1435452628/:
    【【朝日新聞ブチ切れ!】人種差別撤廃基本法の成立をめざす国会議員らが国会内でヘイト対策集会、地方議会でも対策要望相次ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    百田尚樹

    1: Japanese girl ★ 2015/06/27(土) 12:43:25.19 ID:???*.net
    百田尚樹氏「本当につぶれてほしいのは朝日新聞」
    The Huffington Post | 執筆者: 中野渉
    http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/26/naoki-hyakuta-twitter-about-papers_n_7675870.html
    投稿日: 2015年06月27日 10時49分 JST 更新: 1時間前

    作家の百田尚樹氏が自民党の勉強会で「沖縄の二つの新聞社はつぶさなあかん」などと発言した問題で、百田氏は6月27日、自らのTwitterで、言論弾圧には断固反対との姿勢を示す一方、「炎上ついでに言っておくか。
    私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞です」などと持論を展開した。

    私も言論人である。弾圧やその他の力で言論を封じるのは断固反対である。それはファシズムか共産国である。
    たとえば私は朝日新聞に潰れてほしいと思っているが、そのココロは、多くの人が朝日はひどい新聞と気付いて読まなくなる時代がくればいいと願っているという意味だ。弾圧で潰すものではない。

    - 百田尚樹 (@hyakutanaoki) 2015, 6月 26

     もうひとつ補足すると、 質疑応答で誰かが「沖縄の二紙は厄介ですね」と言ったから、私が「ほんま厄介、つぶれたらいいのに」と軽口を言ったのだが、そこで会場は大笑いで、その話題は終わり。
    そのあと別の話題に移り、沖縄の二紙の話はその後一切出ず。 ただ、一言の軽口を記事にされた。

    - 百田尚樹 (@hyakutanaoki) 2015, 6月 26

    炎上ついでに言っておくか。 私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞です(^_^;)

    - 百田尚樹 (@hyakutanaoki) 2015, 6月 26

    百田氏はまた、自らの発言について26日、自身のFacebookでも「私的な集まりで軽口で言ったにすぎない」などと釈明した。

    この問題について、松井一郎・大阪府知事(維新の党顧問)は26日、百田氏の自民党議員の勉強会での発言について、「(メディアに)『圧力をかけよ』と言ったのは自民党。
    自民党をたたくのはいいが、講師として行った百田さんにも表現と言論の自由はある」と擁護した。朝日新聞デジタルが報じた。

    さらに「ここぞとばかりに復讐(ふくしゅう)だな。朝日(新聞)と毎日(新聞)は、百田さんの表現と言論の自由を奪っているのではないか。圧力をかけて」などと、発言についての報道にも疑問を呈した。
    大阪府庁で記者団に語った。

    一方、沖縄タイムスと琉球新報は26日、両社編集局長の連名で共同の抗議声明を発表した。

    声明は「政権の意に沿わない報道は許さないという言論弾圧の発想そのもので、民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない」と指弾。
    また、自民党議員からも両社への批判が出ていたとした上で、「経緯も含め、看過できるものではない」と強調した。

    ←正しくその通り!と思ったらクリック

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1435376605/:
    【【超朗報!】百田尚樹氏「本当につぶれてほしいのは朝日新聞」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝日新聞 売国

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 10:30:11.87 ID:???.net
    異常な「異論封じ」―自民の傲慢は度し難い

    2015年6月27日(土)付

     これが、すべての国民の代表たる国会議員の発言か。無恥に驚き、発想の貧しさにあきれ、思い上がりに怒りを覚える。

     安倍首相に近い自民党若手議員の勉強会で、出席議員が「マスコミを懲らしめるには広告料収入が
    なくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを
    列挙すればいい」などと発言していた。

     権力を監視し、検証して批判する。民主主義国の新聞やテレビならば当たり前の仕事である。それに対して、
    政権与党の議員が「反論」でも「批判」でもなく、「懲らしめる」というのだから恐れ入ってしまう。

     【懲らしめる】制裁を加えて、悪いことはもう二度としないという気持ちにさせる(「明鏡国語辞典」)

     正義は我にあり。気に入らない言論には圧力をかけ、潰してしまって構わない――。有志による非公式な
    会であっても、報道の自由、表現の自由を脅かす発言を見過ごすわけにはいかない。勉強会には加藤勝信
    官房副長官や、首相側近の萩生田光一総裁特別補佐も出席していた。谷垣幹事長は「クールマインドで
    やってほしい」と他人事だが、党として事実関係を調査し、厳正に対処すべきだ。

     さらに講師として招かれた、前NHK経営委員で、作家の百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞社は潰さないと
    いけない」「米兵が犯したレ●プ犯罪よりも、沖縄県全体で沖縄人自身が起こしたレ●プ犯罪の方が、
    はるかに率が高い」などと発言していた。

     地元の2紙については出席議員も「左翼勢力に完全に乗っ取られている。沖縄の世論のゆがみ方を正しい
    方向に持っていく」と主張したという。

     沖縄県民全体に対する明らかな侮辱である。

     きのうの安全保障関連法案を審議する衆院特別委員会で、民主党の寺田学氏に、百田氏の話を聞いた感想を
    求められた加藤副長官は、「大変拝聴に値すると思った」と答えた。

     首相は「事実であるなら大変遺憾」としたものの、「沖縄の人たちにおわびすべきではないか」との寺田氏の
    指摘には、「言論の自由こそが民主主義の根幹であり、当然尊重されるべきものだ」と一般論で応じた。

     傲慢(ごうまん)と怠慢。安保関連法案をめぐってはリスク論議が盛んだ。しかし、異論には耳を貸さず、
    力で踏みつぶせばいいのだという政治家に、国民の生死がかかった判断を委ねてしまうことこそ、最大のリスクだ。

    http://www.asahi.com/paper/editorial.html?ref=opinion

    ←まず捏造するな!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1435368611/:
    【【朝日新聞ブチ切れ!】異常な「異論封じ」 無恥に驚き、発想の貧しさにあきれ、思い上がりに怒りを覚える 民主主義国家の新聞を「懲らしめる」とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝日新聞 売国

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 05:29:14.96 ID:???.net
     安倍首相がこの夏に発表する予定の戦後70年の談話。首相はこれを閣議決定しない意向であるという。

     談話が閣僚全員の署名により閣議決定されれば、政府の公式見解となる。戦後50年の村山談話、
    60年の小泉談話はいずれも閣議決定された。

     一方、閣議決定しないとなれば、安倍首相の個人的メッセージという色彩が強まる。

     閣議決定しないことに首相がどういう意図をこめているのか、いまのところ判然としない。しかし、これまでの談話の
    内容に縛られずに自分の見解を述べる一方で、国内外からの批判をかわす狙いがあるとするならば、政府の
    最高責任者として姑息(こそく)の感は否めない。

     そんなことならば、いっそのこと談話を出すのは取りやめてはどうか。

     先の大戦についての日本政府の見解は、すでに村山、小泉の両談話で確立し、日本外交の基礎にもなっている。
    戦後70年は節目であるが、必ずしも新たな談話を出さねばならないわけではない。

     安倍氏は2012年に首相に返り咲いてから、「21世紀にふさわしい未来志向の談話を出したい」と繰り返していた。
    ただかつては村山談話にはっきりと不快感を示し、首相に再登板した後も「安倍内閣としてそのまま継承している
    わけではない」と答弁していた。

     最近は「全体として受け継いでいく」と表現を改めながらも、「国策を誤り」「植民地支配と侵略」といった文言を
    安倍談話に盛り込むことには否定的な考えを示している。

     首相は村山談話を実質的に塗り替えようというのか――。こんな懸念が広がり、公明党が政府与党間での合意を
    求めている。また、米国の日本研究者が「過ちの偏見なき清算」を求める声明を出すなど、世界的にも注目されている。

     閣議決定をしないことで、たとえ村山談話の文言を使わなくとも、「塗り替えたわけではない」と言うことはできるだろう。
    また、「未来志向」という首相の狙いをよりアピールできるのかも知れない。

     ただ、ここまで注目されている談話だ。いまさらそんな本音と建前を使い分けるような方便は通用しまい。

     植民地支配や侵略の被害にあった人々の心にどう響くか。閣議決定されたか否かの形式ではなく、中身が重要なのは
    言うまでもない。世界に通用しない内向きな姿勢を示すだけなら、出さない方がいい。

    朝日新聞デジタル 2015年6月25日(木)
    http://www.asahi.com/paper/editorial.html

    ←よほど支那朝鮮に都合が悪いんだな!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1435177754/:
    【【朝日新聞ブチ切れ!】戦後70年談話―いっそ取りやめては】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝日新聞 売国

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 14:42:20.88 ID:???.net
    日韓関係は、1965年の国交正常化から今月で50周年を迎える。しかし、祝賀ムード
    とはほど遠い。2012年5月を最後に3年以上も日韓首脳会談が開かれていないことが、
    日韓関係の現状を端的に物語っている。日韓政治指導者間の相互不信が関係悪化
    の大きな要因であることは周知の事実である。

    専門家の間では「首脳会談なき正常化」という言葉が広まっている。安倍晋三・朴槿恵
    (パク・クネ)両政権下での首脳会談開催はあきらめて、それ以外の領域での限定的
    関係改善を目指すべき、との意味である。しかし、たとえリーダーシップが交代しても
    関係の改善は容易ではないだろう。現在の日韓関係は、指導者レベルだけでなく、
    政治、外交、社会のあらゆるレベルで相互不信が高まり、危機に瀕(ひん)している
    からである。


    ■ 機能しない水面下のチャンネル

    振り返ってみれば、かつての日韓関係では、政権同士の関係が緊張していても、
    指導者の意を受けた側近や補佐役が交渉チャンネルとして難局を突破する役割を
    果たしてきた。しかし、日韓間でいわゆる歴史認識問題や領有権問題が懸案となり、
    両国の世論が過敏に反応するようになると、こうした水面下の交渉チャンネルは機能
    しなくなった。日韓関係が「内政問題化」したからである。過去の日韓関係では一定の
    役割を果たしてきた日韓・韓日協力委員会や日韓・韓日議員連盟といった両国指導層
    のネットワークも、今では日韓間の懸案事項を調整する能力を発揮できていない。

    日韓関係の「内政問題化」は、外交当局間のチャンネルにも悪影響を及ぼしている。
    以前は、政治指導者間の意思疎通が十分ではなくても、日韓双方の外交当局が両国
    関係の維持・発展のために共に汗をかき、努力してきたことが関係発展の礎となって
    きた。つまり外交実務者の絶え間ない努力が両国関係を支えてきたのである。しかし、
    ここ数年の状況を見ると、外交当局間の信頼関係は弱まってきているように見える。
    歴史認識問題や領有権問題での激しい非難合戦により、日韓外交当局間にも相手
    に対する不信感と疲労感が募っているからである。

    社会レベルの危機も深刻である。韓国メディアは日本社会が「右傾化」していると伝え、
    それが韓国民の日本に対する否定的な認識を増幅させている。例えば、2014年2月
    から3月にかけて朝日新聞が実施した日中韓3カ国世論調査によれば、「日本が戦後
    約70年間、平和国家の道を歩んできたか」との問いに対し、韓国民は、「歩んできた」
    19%、「歩んでこなかった」79%との結果が出た。また、「今後歩むと思うか」との問い
    には82%が「歩まない」と答えたのである(『朝日新聞』2014年4月7日)。

    ソース:朝日新聞 2015年06月22日 09時24分
    http://www.huffingtonpost.jp/junya-nishino/japan-korea-50_b_7633090.html

    ←相互不信の元凶が何を言ってるんだ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1435038140/:

    【【朝日新聞ブチ切れ!】相互不信の連鎖を断ち切る時――国交50年の日韓関係】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 06:21:29.81 ID:???.net
    (社説)日韓国交50年―関係改善の流れ加速を:朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/paper/editorial2.html


     日本と韓国が国交を結び、隣人のパートナーとして歩み始めてから、きのうでちょうど半世紀を迎えた。

     東京とソウルであった記念式典には、安倍首相と朴槿恵(パククネ)大統領が駆けつけ、何とか祝賀ムードを醸し出した。

     尹炳世(ユンビョンセ)・韓国外相と会談した安倍首相は「朴大統領とともに次の半世紀に向けて、さらに関係を改善していきたい」と述べると、外相も「懸案を進展させ、新しい50年に向けた
    元年になるよう努力しましょう」との大統領のメッセージを伝えた。

     日韓でいまの政治リーダーが就任して2年半。なぜこのやりとりができるまでに、かくも長い時間が必要だったのか。

     政治の関係が冷え込むなか、両首脳の式典出席も直前まで発表されなかった。

     出席が決まると、待っていたかのように、日韓双方で閣僚や政治家らが同席を申し出た。トップが動かねば、政治の対話は前へ進まない。まさにその現実を物語っている。

     隣国同士、不毛な対立を続けるより、気軽に話し合える仲でありたいと思うのは日韓ともに同じである。両首脳には、国と国のつながりを一層深めるための具体的な行動を期待したい。

     式典の前日にあった日韓外相会談では、3時間にわたって多くの課題が話し合われた。

     なかでも懸案のひとつだった「明治日本の産業革命遺産」をめぐる世界文化遺産への登録問題は事実上の合意をみた。日本側が朝鮮半島から動員された徴用工の事実を、施設の説明文に
    記載する方向で検討する。

     日本は当初、対象を1910年までとしているため、徴用工動員の時期と異なるとの立場だった。だが、どの施設もその後の歴史があって今日にいたっており、負の歴史だけを覆い隠すような主張には
    無理があった。

     最大の懸案とされる慰安婦問題は、今後も政府間協議が続けられる。すでに議論は最後の詰めの段階にあるようだ。主張の違いを認めた上で、それでも後世に揺らぐことのない政治合意を
    築くことが求められている。

     その意味では、この夏に安倍首相が出す戦後70年の首相談話が、新たな対立を巻き起こすことがないよう、細心の配慮をする必要がある。韓国側も、慰安婦問題などをめぐる国内向けの
    説得が重要になろう。

     安倍首相と朴大統領の間には、二国間の首脳会談を実現させる宿題が残っている。遅まきながら芽生えたプラスの動きを慎重に加速させ、関係改善を確かな流れにしてもらいたい。

    ←朝日新聞が言うなら国交断絶が日本の国益!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1435008089/:
    【【朝日新聞熱望!!!】日韓国交50年―関係改善の流れ加速を】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝日新聞 売国

    1: 百谷王 ★ 2015/06/22(月) 10:06:04.25 ID:???*.net
    ――日本経済に必要なのはどのような政策ですか。

     「65歳以上の人口は40年ごろまで増えていく。一方、労働力人口は若年者の減少に伴い減る。その結果起きるのは、
    医療・介護部門の従事者が労働力人口に占める割合が増えることだ。50年ごろには最大25%まで上がる。そんな経済は、あり得ない。
    こうした動きがもたらすものは経済成長率の低下で、対策が急務だ。金融緩和とか、インフレ目標とか、そんなことをやっている暇はない。
    私は焦りを感じている」

     ――介護・福祉分野の従事者が増えるとなぜ成長率が下がるのでしょうか。

     「介護は生産性が低い産業だからだ。基本的に人間が人間に対して行うサービスなので、例えばロボットを導入したからといって、
    生産性が顕著に高まる産業ではない」
     「それを前提に考えると、解決策は生産性の高い新しいサービス業が現れ、全体の成長率を底上げするしかない。例えば、
    米英経済では製造業とサービス業の中間のような産業が生産性が高く、成長している。典型的なのは米アップルだ。
    アップルはiPhoneを作る製造業だが、付加価値の高い設計開発と販売に特化し、付加価値が低い製造はしていない。
    製造業とはいえ、サービス業のような企業だ」

     ――日本にはそうした会社はあまりありません。

     「アップルをはじめとする米製造業が製造をやめたのは、製造を請け負ってくれる国が出てきたから。代表例が中国だ。
    1990年代以降、世界の製造業はいかに中国を利用するかが重要だった。だが、日本の製造業は自前にこだわった。
    その結果起きることは、長期的に日本国内で働いている工場の従業員の賃金が中国並みになるということだ」

     ――こうした企業が増えれば、生産性は上がると。

     「米国並みにまで生産性を高められると思う。ただ、労働力人口が減ることによる成長率のマイナスを埋め合わせるほどの力はないだろう。
    そう考えると移民の受け入れしかない」

     ――移民を受け入れる上で、ハードルとなるのは受け入れ態勢の整備ですか。

     「いや、日本人のものの考え方だ。周りに中国人やインド人がいていいと言えるかどうか。もし、いやならばシリコンバレーに行って
    どういう世界なのか見てきた方がいい。移民についてはもう一つ重要な問題がある。日本人の多くは移民を受け入れていいとさえ言えば、
    日本に移民がやってくると思っている。20年前ならそうだったかもしれないが、今や来てくれるかどうか」

     ――人口が多い中国も一人っ子政策の結果、将来は移民をひきつけそうです。

     「まだ幸いなことに1人あたりの国内総生産(GDP)は日本の方が高い。しかし、急速に差が縮まってくるだろう。
    ここで円安が進めば、差はさらに縮まる。外国人が日本に来て働くことが不利になるという面でも、円安は非常に大きな問題だ。
    円安になると外国人が観光に来ると言って喜ぶが、それは喜ぶべきことなのか。本当は、外国人が日本に来て働いてもらわないと困るのだ」


    http://www.asahi.com/articles/ASH5Y038GH5XULFA048.html

    ←移民は100害あって一理なし!と思ったらクリック

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434935164/:

    【【朝日新聞/移民推進!】 労働力人口は減少、移民受け入れしかない 野口悠紀雄氏】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝日新聞 売国

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 21:05:08.44 ID:???.net
    植民地支配という不幸な過去がありながらも、日本と韓国が国交樹立のための条約に調印して、今月22日で50年を迎える。

     日韓はいまや双子にたとえられる。


    焦土と化した国を不断の努力で発展させた。産業の得意分野も重なる。少子高齢化、環境対策など、抱える共通課題をあげればきりがない。
     だが、両政府は相も変わらず対立し、嘆かわしい政治と外交を続けている。協力しあえばプラスになる問題が多いのに、歴史問題という古いハードルを前に立ちすくんだままだ。
     そんなぎごちない政治の関係をよそに、在日3世の辛理華(シンリカ)さんは今、映画のディスクを手に飛び回っている。
     ディスクに収まるのは父の故・辛基秀(シンギス)さんが手がけた記録映画「江戸時代の朝鮮通信使」。
    大学や国際交流団体、さらには韓国の国会議員からも頼まれ、各地で上映会を開いている。
     徳川家康は、豊臣秀吉に侵略されて荒廃した朝鮮との国交回復をめざし、朝鮮通信使を招いた。一大文化使節団は江戸時代に12回来日した。
     行列を一目見ようと待ち構える群衆。通信使をまねたコスプレ……。
    通信使は「元祖韓流」といえるほど歓迎された。
     そんな史実をたどる映画上映の要請が急増したのは、日韓50年となる今年の春からだ。理華さんは「困難な時代だからこそ、この映画の意味が深まっているのでしょうか」と話す。

    ■「まず相手を知る」
     日本と朝鮮半島の安定期は、外交がちゃんと機能していた時代でもある。
     朝鮮通信使にも2度かかわった儒学者、
    雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)は61歳の時に朝鮮との外交にあたって注意すべきことを「交隣提醒(こうりんていせい)」という本にまとめている。
     その第1条で芳洲はまず何より「朝鮮の慣習や歴史、文化、これまでの日本との関係を知っておくことが重要」だと唱え、相手に対する知識のなさが招いた過去の誤解の数々をあげた。
     韓国で芳洲と並び称されるのは15世紀に活躍した外交官、李芸(イイェ)だ。
    40回以上も日本に足を運び、友好関係を築くと同時に、倭寇(わこう)に連れ去られた667人の朝鮮人を祖国にもどした。
     母親も日本に連れ去られており、李芸は生涯、日本で母を捜し続けた。
    李芸の19代目の子孫にあたる李昌烈(イチャンヨル)さんは「さまざまな思いがあっただろうが、これ以上、不幸を拡大させまいと日本との関係改善に全力を傾けたのだろう」と推し量る。

    ■価値共有せぬ関係か
     2人の外交官に共通するのは、身近な隣国同士がつき合ううえで、何が必要なのかを深く洞察した点ではないか。
     先人たちの知恵に比べ、今の日韓外交は何とも柔軟性を欠いている。
     日本政府は今年、外交青書などで、これまで韓国に対して使っていた「基本的価値を共有する」との表現を削った。
    外務省関係者は「省内では反対意見が多かったが、官邸の意向が強かった。主に法の支配がひっかかったようだ」と説明する。
     長崎・対馬で盗まれた仏像の未返還問題や産経新聞特派員が名誉毀損(きそん)で起訴された事件など、確かに韓国の司法や検察の判断には、首をかしげざるを得ないことが多い。
     一方、日本で法治が徹底されているかといえば、これまた心もとない。安全保障関連法案の扱いをめぐっては、日本国内からも「法治国家か」との指摘が出る始末だ。
     日韓は民主主義の未熟さを非難しあうのではなく、成熟度を競うべきではないか。

    社説
    http://www.asahi.com/sp/paper/editorial.html

    ←韓国と日本は赤の他人です!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1434715508/:
    【【朝日新聞ブチ切れ!】植民地支配という不幸な過去がありながらも、国交50年・・・日本と韓国は双子にたとえられる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/06/14(日) 14:33:35.09 ID:???.net
    韓国・ソウルで今月末に予定されるLGBT(性的少数者)のパレードが、保守的キリスト教団体などの反発を受け、
    中止の危機にさらされている。これに「隣国の仲間を助けよう」という動きが日本で広がり始めた。呼び掛けている
    のはLGBTや、差別をあおるヘイトスピーチに抗議してきた人々だ。

    開催が危ぶまれているのは、28日にある「コリア・クィア・フェスティバル」のパレード。自分たちの存在を知って
    欲しいと、LGBTの人たちがソウルの繁華街を行進する。

    しかし、保守団体側がパレードと競合するルートに複数のデモを申告。ソウル地方警察庁などは「互いに妨害
    する恐れがある」と、パレードの禁止を通告したという。

    以下ソース

    ソース:朝日新聞 2015年6月12日21時47分
    http://www.asahi.com/articles/ASH6B6F5SH6BOIPE02S.html
    昨年のパレードの開始直後の様子。行進は妨害に遭い、すぐに止まってしまった=2014年6月、韓国・ソウル、
    TNH提供
    no title

    道路に座り込んでパレードを妨害する人々。その中に割って入り、同性愛者の女性2人が抗議のキスをした=
    2014年6月、韓国・ソウル、TNH提供
    no title

    「同性愛は愛ではない。断ち切らなければならない罪悪だ」などと書かれたプラカードを掲げ、パレードに抗議
    する人々=2014年6月、韓国・ソウル、TNH提供
    no title

    東京レインボープライド共同代表の山縣真矢さん
    no title

    ←お前ら朝日及び鮮人は敵だ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1434260015/:
    【【朝日新聞ブチ切れ!】「隣国の仲間を助けよう」…ソウルの性的少数者パレードが中止の危機にさらされている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: coffeemilk ★ 2015/06/13(土) 14:57:37.15 ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_hoshi.gif
     朝日新聞は6月1日付夕刊1面に「悩める邦字新聞/苦境 南米で日系人口減少」と見出しをつけ、南米の日本人移民を対象に発行してきた日本語新聞が存続の危機に直面している現状などを報じた。

     しかし、見出しで「南米で日系人口減少」としたのは「南米で日系1世人口減少」の誤りだったとして、8日付夕刊で訂正した。
    ブラジルの日本語新聞「ニッケイ新聞」が見出しに明らかな間違いがあるなどと朝日新聞社に抗議していた。

     ニッケイ新聞によると、戦前戦後にブラジルに移住した日本人は25万人弱だが、現在は移民の子孫を含め150万人。
    日本語の読める移民世代の減少は事実だが、その子孫を含む「日系人」は減少していない。

     ニッケイ新聞は朝日新聞に見出しの誤りなどを抗議し、コラムでも「意図的なものではなく、移民、日系人、日系社会への無関心が誤報を生んだ」などと問題点を指摘。
    朝日新聞の国際報道部長代理から同社に謝罪のメールが届いたという。

     ただ、朝日新聞の記事本文には「日本語の読める日系人口の減少」と記載されており、本文は訂正の対象とならなかった。記事は南北アメリカの日本語新聞が次々に廃刊になっているなどと報じていた。

     ニッケイ新聞は6月2日と6日のコラムで、今回の朝日新聞の記事について取り上げ、「経営状況の厳しさ、部数の減少」は事実だとしながらも、
    記事のルビ振りや書籍出版、ニュースサイトの発信などの経営努力には一切触れず、「ネガティブな面だけを、これでもかというほどに取り上げる」
    「移民にとっての新聞の意義に触れず、読者目線もない」などと痛烈に批判していた。

     今回の訂正記事についても、同社は日本報道検証機構に対し、「1週間後のこの小さな訂正で、読者には伝わらないだろうなというのが実感です。
    『日系1世』という表記も非常に読者に違和感を与えるのではないでしょうか。海外に出た同胞を、遠い存在に思わせる表現だと思います。
    大見出しで伝えたインパクトはなかなか消せるものではありません。『形だけ』の訂正の感をぬぐえません」とのコメントを寄せた。

    no title

    no title


    http://gohoo.org/15060901/


    ←いい加減廃刊しろ!と思ったらクリック

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434175057/:

    【【朝日新聞また捏造!】朝日新聞、「南米で日系人減少」の見出しを訂正 現地邦字紙の指摘で】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報