撤退

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    china001[1]

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 19:59:02.30 ID:???.net
    「中国からの外資撤退に歯止めがかからない」との見方が、このところ頻繁に見受けられる。中国商務部(省)は16日、
    この「外資撤退ブーム」論をきっぱりと退け、第1四半期(1-3月)、新たに設立された外資系企業の増加率は22.4%、
    実行ベース外資導入額の増加率は11.3%だったことを明らかにした。新京報が伝えた。

     商務部の沈丹陽報道官は、16日に開かれた商務部定例記者会見において、「外資の撤退現象は確かに存在するが、
    『ブーム』までには至っていない」との認識を示した。

     沈報道官が示した統計データによると、今年第1四半期、中国における実行ベース外資導入額は2145億7千万元
    (1元は約19円)、前年同期比11.3%増(銀行、証券、保険業のデータ含まず)。新たに設立された外資系企業の数は、
    同22.4%増、撤退した企業の数は17.6%減少した。投資額を縮小した企業の数も、同35.7%減。製造業分野での
    撤退企業数は11.8%、投資額を縮小した企業の数は37%、それぞれ減少した。

     沈報道官の談話内容は以下の通り。

     国連貿易開発会議(UNCTAD)が発表した「世界投資報告書」によると、2014年、中国が導入した海外からの
    直接投資は約1280億ドルに上り、初めて世界一となった。また、上海米国商会が取りまとめた「2015年中国商業調査」によると、
    調査対象企業のうち、2014年、中国事業で黒字を達成した企業は73%、収入が増加した企業は75%にそれぞれ達し、
    2015年に対中投資を拡大する計画をしている企業は67%に上った。さらに、今年第1四半期、全国における実行ベースの
    外資導入額は前年同期比11.3%増加した。

     これらのデータから、中国における外資投資環境は、変わらず十分な競争力を備えていることが分かる。「外資撤退ブーム」論が
    このところ盛り上がっている現象は、新常態のもとで、外資の資金投入構造に変化が発生していることと関係がある。
    ひとつの顕著な変化として、2001年から2014年の間、中国サービス業の外資導入額が占める割合が、24%から55.4%にまで
    上昇したことが挙げられる。製造業における外資の新規導入は、規模・比率いずれもが低下し続けている。製造業では、一部の
    外資系企業が中国業務の調整に取り組んでいるが、このような情勢を「外資撤退ブーム」と呼ぶことには、何の根拠もない。

     〇「構造調整」が進む輸出入

     税関による大まかな統計によると、今年第1四半期、全国の輸出入貿易総額は、前年同期比6%減の5兆5400億元、
    このうち3月は、輸出額が同14.6%、輸入額が同12.3%、それぞれ減少した。

     沈報道官は、「対外貿易の輸出入額が減少していることについて、商務部は、今年第1四半期の変動の波がかなり大きかったと
    認識している。1月はやや低下、2月に大幅に上昇、3月に再び低下した」と指摘した。商務部は、「輸入の落ち込みは、
    国際市場で大口商品の価格が下がったことで、輸入総額も大幅に下がったことが主な原因」と分析している。

     沈報道官は、これについて、「輸出入の『ダブル減少』が起こっているが、構造調整の進行という良い状況も現れている。
    この構造調整では、製品構造、市場構造、地域配置、企業構造、貿易構造などのあらゆる面において、さらなる合理化が
    進んでいる」と指摘した。

    中国網 2015-04-18 12:36:45
    http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-04/18/content_35356606.htm

    ←これまで中国撤退ブームだっただろと思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1429354742/:

    【【中国経済崩壊!】中国「商務部報道官が“外資撤退ブーム”を否定!!」 外資増加率は11.3%だったと明らかに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: coffeemilk ★ 2015/03/28(土) 14:07:20.51 ID:???.net BE:287993214-2BP(1012)
    sssp://img.2ch.net/premium/8650220.gif
     日系企業の中国拠点に異変が起きている。

    これまで続いてきた人件費の高騰に加えて、急速な円安、すなわち人民元高が進んだことで、中国から撤退する日系企業が相次いでいるのだ。中国拠点を維持している日系企業でも、中国人従業員による不正に苦しむところは少なくない。

    ~中略~

    ─毎日、マスメディアを通じて中国の情報は入ってきますが、日本にいると中国の実態がはっきりとつかめません。日系企業が中国拠点を運営する上で、今、困っていることは何でしょうか。

     まずは、人件費の高騰でしょう。工場のワーカー(作業者)で比較した場合、福利厚生を入れて日本では平均で約25万円であるのに対し、中国では約8万円と日本の3分の1程度にまで迫ってきました。
    確かに、中国のワーカーの人件費は日本と比べるとまだ低いと言えるのですが、10年前は10分の1の水準でした。そこからみると3倍と、ものすごい上がり方をしています。
    特に、2008年のリーマン・ショック後にこの人件費の高騰が顕著になってきました。

     そして円安、すなわち人民元高です。2011年秋に円高はピークで、1米ドル=76円をつけました。それが2015年2月末には、1米ドル=約120円。同じ時期に1人民元=約12円だったのが、今では1人民元=約20円となっています。
    私は中国で生活しているのですが、12円だった商品が20円になると「随分高くなったなあ」と感じます。

    ─日本企業としては、中国における反日感情も気になりますが、その影響はないのですか。

     もちろん、反日感情は残っています。しかし、だからといって仕事がやりにくいということはないですね。それよりも「環境規制」です。中国系企業には甘いのに、外資系企業に対しては厳しくなりました。

     法律があるわけではないのに、環境に与える負荷が大きい業種の企業はここの工業団地に来るなとか、水質データであるCOD(化学的酸素消費量)をいくらまで下げろといったことを、外資系企業は特に厳しく言われるようになっています。

    ─「中国は世界の工場」と呼ばれていたのは、つい最近だったような気がします。それが今では、「こっちに来るな」とまで言われるようになるとは…。

     外資系企業に対する税金の優遇もほとんどなくなりました。法人税率をみると、2007年末まで中国系企業に対しては33%であったのに対し、外資系企業は15%と半分以下で済みました。

     それが、2008年からは中国系企業も外資系企業も一律25%になりました。「法人税率が日本の3分の1で済む。安いな」と思って工場を造ったら、あるときから「はい、25%です」となったわけです。
    でも、増税ではなく、あくまでも優遇税制の廃止、というのが中国当局の見解です。日本の法人税率よりは低いとはいえ、期待していた日系企業としてはガックリくるでしょうね。

    ─ここにきて、日系企業が中国拠点を運営するコストが急上昇しているようですね。

     ええ。人件費の高騰が最も顕著ですが、それだけではありません。中国人従業員の権利意識の高まりで、「労働条件で不当な扱いを受けた」
    「過去の未納の社会保険料を払え」などと、労働者の権利を声高に主張するようになっています。つまり、労務コストが上がってきているのです。

     こうなってしまった原因の1つは、日系企業が「人」に対する投資をしてこなかったことにあります。
    ものづくりに対する設備投資には熱心だったのに、労務管理がきちんとできる「人事のプロ」の育成には投資を怠ってきた。そのことは、中国拠点の日本人駐在員の出身分野を見れば分かります。

     まず製造部門が駐在し、続いて営業部門、次に財務部門で…、おしまい。人事部門の駐在員なんてまずいない。人事部門は直接利益を生むことはないコストセンターです。だから、中国に送り込まれることがないのです。

     その結果、どうなっているかと言えば、製造部門で工場の生産ラインを運営・管理する人が、本社から「人事・労務管理をやれ」と言われている。
    「そんなこと言われても、中国工場の労務管理なんて、どうやっていいか分かりません」と日本の本社の人事部門に泣きついても、
    「こっちだって中国のことなんて分からないよ」と跳ね返される。これが実態です。中国の労務については投資をしてこなかったのです。

    no title


    以下ソース
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO84438260W5A310C1000000/

    ←技術を抜き取られて終わりだなと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1427519240/:

    【【中国経済崩壊!】 日系企業「“撤退を検討”が急増、日系企業の中国拠点に変化!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4644cf52a7ebb22e0de0d13d7e50a919[1]

    1: Ψ 2015/02/18(水) 11:14:20.33 ID:bLkRXNGD0.net
    中国に生産拠点を移した日本企業の「国内回帰」の動きが広がっている。
    パナソニックやシャープ、キヤノン、ダイキン工業、TDKなどが
    海外生産する製品や部品の一部を国内に切り替える方針を打ち出している。

    円安の加速や人件費や電気代の高騰で、「世界の工場」と呼ばれてきた
    中国での生産メリットが低下していることが背景にある。
    地方創生を目指す政府にとっても企業の国内回帰は大きな援軍となりそうだ。
    ただ、大規模投資には“及び腰”なところが少なくなく、日本国内の
    「ものづくり」が本格化するかは見通しにくい。

    日本の製造業の国内回帰は円安の影響が大きい。
    かつては過度の円高で、製造業の海外生産を加速させたが、
    今は円安となり、日本に輸入する場合、マイナスになるケースも出ているという。
    このため、日本で消費する製品を国内に戻す動きが目立っている。

    だが、製造業の国内回帰が地方経済の活性化につながるか不透明な部分もある。
    国内に生産を戻すパナソニックやシャープ、ダイキン工業は新たに工場を作らず、
    既存施設の空きスペースにラインを設けて対応する。また工場の自動化や内製化
    で生産効率を上げるため、期待するほど雇用が拡大しない恐れもある。

    ただ、過度の円高が解消されて、日本企業が国内に生産を戻す動きは確実に出ている。
    この動きを加速させるためには政府の施策がカギを握りそうだ。
    http://www.sankei.com/economy/news/150218/ecn1502180001-n4.html

    ←情報漏洩も守れて一石二鳥だなと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1424225660/:

    【【中国経済崩壊!】 「円安で中国から日本に戻る製造業!!」 もう少し早く円安にしていれば・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    china001[1]

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 13:35:21.46 ID:???.net
    このほど、日本の腕時計メーカー・シチズンの中国子会社・西鉄城精密(広州)有限公司が突然閉鎖を発表し、同じく日本のパナソニックも中国
    にある2本のテレビ生産ラインからの撤退を明らかにし、米国のマイクロソフトはもともとノキアのものだった中国の携帯電話生産工場2カ所を
    段階的に閉鎖することを決定した……この間に、外資系企業の中国からの大規模撤退に関するさまざまな言説が飛び交い、これに米半導体
    大手クアルコムがこのほど国家発展改革委員会から約60億元(1元は約19.1円)の罰金を科されたことも加わり、外資系企業がこれから中国で
    どのような布陣を敷くかがあれこれと憶測されている。

    ▽外資系企業はサービス業に注目

    データが最も良い例証となる。国連貿易開発会議(UNCTAD)がこのほど発表した「世界投資報告書」によると、中国が昨年導入した海外からの
    直接投資は約1280億ドル(1ドルは約118.9円)に上り、2013年に比べて約3%増加し、外資導入額が初めて世界一になった。昨年の世界の対外
    直接投資が同8%減少したことに気付けば、グローバル資本に対する中国市場の吸引力がどれほどのものであるかは容易に理解できる。

    外資の利用構造をみると、サービス業が成長源となっていることは明らかだ。昨年の中国サービス業の実行ベース外資導入額は約663億ドルで
    同7.8%増加し、外資導入全体に占める割合は約56%に上昇した。伝統的な製造業は約400億ドルで同12.3%減少した。

    UNCTAD投資・企業部門の詹暁寧代表は取材に答える中で、「中国に流入する資金には構造的な変化がみられ、製造業からサービス産業へ、
    労働集約型から技術集約型へと移り変わっている」と話す。

    また昨年新たに設立された外資系企業の数も増加傾向にあり、登録資本金の登記制度改革に後押しされて、14年の外資系企業新規設立数は
    2万3800社となり、同4.4%増加した。中国(上海)自由貿易試験区は海外からの投資に対して参入前内国民待遇の付与とネガティブリストに基づく
    管理モデルを模索するなどして、外資導入の水準を引き上げた。現在、外資系企業の経営状態は安定しており、利潤と納税額は全国の平均水準
    を上回る。

    ソース:人民網日本語版 2015年2月16日
    http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-02/16/content_34841659.htm

    ←撤退進行中なのによく言えるなと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1424147721/:

    【【中国経済崩壊!】 中国市場「吸引力あり、外資撤退の波は来ていない!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 07:50:24.28 ID:???.net
    ◆日本企業の相次ぐ中国撤退に「戦争準備の予兆?」「日本製品不買がついに実現」
      ―中国ネット

    2015年2月11日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、
    日本企業が中国から相次いで撤退していることを伝える投稿があった。

    投稿者は、「東芝は中国のテレビ工場を閉鎖した。
    2015年の初めにはパナソニックが中国のテレビ工場を閉鎖し、
    シチズンも広州工場を閉鎖した。
    2014年の日本の対中投資は38.8%減少し、
    89年の35%減少以来の大幅な減少となった」と伝えた。

    これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

    「戦争準備の予兆?」

    「中国と戦争するつもりなのか?」

    「ネット上で叫ばれた日本製品不買がついに実現したか」

    「撤退するならすればいいさ。白物家電ではもう有利な点はないわけだし。
    だったらトヨタやホンダ、日産も撤退すれば?欧米メーカーが大喜びすると思うぞ」

    「いい製品を作らないから工場を閉めるのは当然のことだ。
    別のブランド製品に取って代わるだけ」

    「科学技術と産業はその国の盛衰を示す唯一の指標だ。
    日本は下り坂の20年をまだ下っている。国際的な地位は下がり続けるに違いない」

    「うちの中にカメラ以外の日本製品なんてなくなった」

    「東芝とパナソニックのテレビはもうダメだね。没落した」

    「日本の家電と中国の家電を比べても、日本には特に有利な点が見当たらなくなった。
    撤退は当然だろう」

    「日本には便座と電気炊飯器がまだあるから大丈夫」

    「日本の家電メーカーはブランド製品から部品メーカーへと進化を遂げたのさ」

    「また大量の失業者が出るな…」

    写真:no title


    Record China 2015年2月13日(金)5時11分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150213-00000011-rcdc-cn

    ←喜んでいられるのも時間の問題だぞと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1423781424/:

    【【中国経済崩壊!】 「日本企業が相次ぎ中国撤退!!」 = 中国ネット「日中戦争の準備?」「日本製品不買がついに実現」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3c7f60a2[1]

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 10:20:04.34 ID:???.net
    サムスンが日本のスマホ市場で大苦戦、撤退求める声も・・韓国ネット「現代も撤退した...」「サムスンのマーケティングが日本人には...」
    2015年2月13日 4時58分 FOCUS-ASIA.COM

    韓国メディア・ソウル経済によると、サムスン電子の日本スマートフォン市場でのシェアが急落し、事業継続が危ぶまれるほどの事態となっている。

    報道によると、サムスン電子は一時は日本市場で17%台後半のシェアを持っていたが、昨年12月は4%台に低迷。
    メーカー別順位も2年ぶりにベスト5から転落して6位となった。
    失地回復の期待を込めてリリースされたギャラクシーノートエッジも、発売4か月での販売台数が1万台にとどまっている。

    一方、上位はアップルが30%台後半とダントツの1位。2~5位はソニー、シャープ、富士通、京セラの日本勢が占めた。

    日本市場はもともと国産製品を好む傾向が非常に強いとされているが、
    アップルのiPhoneが成長軌道に乗ったのに対し、サムスンのギャラクシーは下降曲線を描いており、
    対照的な姿になっている。

    こうしたことから、サムスン経営陣の間では悩みが深まっている。
    同社関係者によると、経営陣の中では日本でのスマートフォン事業の業績不振に懸念が強まっており、
    「将来が不透明であれば思い切って放棄し、他の地域への投資を拡大した方が効率的」という声も出始めているという。
    サムスン日本法人が六本木の本社ビルの売却を進めていることも、業績不振によるものと受け止められている。

    サムスン電子は過去、2007年に日本でのTV事業から撤退したという前例もある。2006年に世界TV市場1位を占めたものの、
    日本市場ではソニーなどを相手にシェアわずか0.1%と大苦戦していたためだ。

    このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。

    「現代も撤退した。サムスン、LGも撤退しろ。根本的に日本とは合わない」

    「日本に行った時、サムスンの携帯は一回しか見ていない。みんな、iphoneを使っていた」

    「品質が良くて値段が安くても奴らは買わない」

    「日本人は韓国製品を絶対に買わない。コリアンタウンの飲食店の5割が滅びている」

    「サムスンのマーケティングが日本人には通じない」

    「日本はテレビもソニー、シャープ、東芝、日立など自国ブランドしか使わない。
    テレビを撤収させたのは理由があった」

    「日本のスマートフォンはサムスンより性能が悪い。値段はサムスンが安い。
    だけど、売れないのは、サムスンが倒産したら、韓国が滅びると思う日本人が多い。だから買わない日本人が多い。
    反韓感情が広がれば広がるほど、サムスンは売れない」

    「日本人は韓国の家電は買わないよ。私たちが中国の家電を買わないのと同じ」

    「日本は韓国がソニーに勝つ商品を作って売っていることが、気に入らない。プライドが傷付いたんだ。
    日本人は、笑えるよ。韓国が古くから文化を伝えてくれたことを忘れている」

    「自分たちがいいものを作っているのに、あえて、他国のものを買う必要はない。
    私たちが国産を一番だと思うのと同じ」

    「日本人の作る車を買う人は、国産に変えろ。プライドはないのか?」

    「根本的な問題だよ。例えば、フィリピンや中国でいい携帯や車を作ったとしよう。それを買うか?
    長い間、偽物を作る後進国というイメージが付いてしまったんだよ。
    サムスンや現代がいい携帯や車を作っても買わないのが普通。だから、国家ブランドが重要」

    「日本で韓国製品は中国製品と同じ。日本はもともと外国の製品に関心がないし、
    買わない。日本の車市場では、一般的には日本車が好まれ、
    高級車はドイツ車が主流。サムスンに高級なイメージはない」
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9779403/

    ←嫌韓ブームなのに買うわけないだろと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1423790404/:

    【【断末魔韓国経済】 サムスン「日本市場大苦戦で撤退求める声も!!」 = 韓国ネット「現代も撤退した」「品質が良くても奴らは買わない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    RealSina-[1]

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 13:20:37.28 ID:???.net
     中国紙・経済参考報は10日、日本のパナソニックや東芝といった大手メーカーがテレビの海外生産を停止し、中国でのテレビ生産からも
    撤退する方向に動いているとの報道を受けて、中国の業界内には歓迎する声も出てきていると伝えた。

     報道によると、日本メーカーがテレビの販売不振に陥っている理由について中国の業界筋は、「日本国内の不景気に加え、メーカーの
    開発能力が乏しいこと、さらに韓国と中国のメーカーが力をつけてきたことが影響している」と指摘した。テレビ業界ではすでに中国、韓国の
    メーカーが主導的地位にあるとみている。

     また中国の業界では、「日本のテレビメーカーの撤退は中国メーカーにとって喜ばしいことであり、市場開拓の上で今年が重要な年となる」
    と考える人も少なくない。広東省のある大手テレビメーカーの担当者は、「中国メーカーに春がやって来る」と話した。

     ただ、違う見方をする業界関係者もいる。中国家電商業協会マーケティング委員会執行会長の洪仕斌氏は、「日本企業の撤退は
    中国テレビメーカーに対する“警告”となる。それはつまり『テレビという製品は消えていく存在だ』ということを知らせるものだ」と指摘した。
    同氏はスマートフォンやタブレット端末、パソコンなどの普及により、テレビは見向きもされなくなっていくとみている。

    ソース(フォーカスアジア) http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/408944/
    no title

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1423714837/:

    【【中国経済崩壊!】 日本企業の中国撤退、「中国企業に対しての警告になる可能性!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    61112-logo-pressemitteilung-panasonic-marketing-europe-gmbh[1]

    1: Hikaru ★@\(^o^)/ 2015/01/31(土) 12:54:08.33 ID:???*.net
     パナソニックが昭和62年から続けてきた中国でのテレビの生産から
    撤退することが31日、分かった。
    北米向けにテレビを供給しているメキシコ工場の売却も検討する。
    テレビ事業は中国や韓国メーカーなどとの価格競争が激しく、収益悪化から赤字が続いている。
    生産拠点を集約することで事業の合理化を進め、平成27年度の黒字化を目指す。

     山東省の工場では液晶テレビを年間約20万台生産してきたが、今月30日に生産を停止した。
    運営する合弁会社は清算し、従業員約300人の大半は退職する。
    今後は現地企業に生産委託することで販売は続ける。

     中国でのテレビ生産は、松下電器産業時代の昭和53年に当時の鄧小平副首相が来日し、
    創業者の松下幸之助氏に技術支援を依頼したのがきっかけとなり、
    62年に北京にブラウン管テレビの合弁会社を設立した。

     だが、近年は地元中国勢や韓国メーカーなどとの価格競争で収益が悪化。
    平成25年には上海のプラズマテレビ工場も閉鎖しており、
    中国でのテレビ生産からは完全撤退することになる。

     さらに、メキシコ工場売却に向けた交渉も進め、海外でのテレビ生産の大半を
    チェコとマレーシアの工場に集約。海外生産を年間70万台程度削減する方針だ。

    産経ニュース 2015.1.31 12:44
    http://www.sankei.com/west/news/150131/wst1501310038-n1.html

    ←最終的に技術を盗まれただけだったなと思ったらクリック

    イスラム国関連記事一覧はこちら
     
    只今売国速報ではイスラム問題をどこよりも早く速報でまとめています。

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1422676448/:

    【【日本経済崩壊!】 「パナソニック、中国でのテレビ生産撤退!!」 昭和62年からの歴史に幕 メキシコ工場の売却も検討】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝鮮人・韓国・火病

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 07:35:50.46 ID:???.net
    【ソウル聯合ニュース】韓国と米国は17~18日、ソウルで第6回韓米統合国防協議体(KIDD)会議を開き、韓米連合軍司令官
    (在韓米軍司令官兼務)から韓国軍への有事作戦統制権移管の条件と時期をめぐる交渉を行ったが、一部で異なる見解をみせた
    ことが分かった。

    韓国国防部の関係者は同日、KIDD会議の結果説明を行い、「統制権の移管については現在、多様な方法を検討し、協議している段階」
    とした上で、「10月に開催される韓米定例安保協議(SCM)で最終決定と合意がなされる前までは何も決定されない」と明らかにした。

    また、「大きい見解の相違もあり、微調整が必要なこともある」と明らかにし、統制権移管時期の調整が難航していることを示した。

    SCMの共同声明に具体的な年度や、目標時期が明示されるかについては、「協議を行っている」と説明した。これは共同声明に統制権
    の移管時期を特定年度で表現しない可能性があることを示唆した発言とみられる。

    韓米は来月23日(現地時間)に米ワシントンで開かれるSCM前に、もう一度協議を行い、統制権の移管時期を調整する計画だと分かった。

    韓国政府は2015年末を予定していた移管時期を5~7年後に延期したい考えとされる。

    また両国は、韓米連合司令部をどこに置き、どの程度の規模を維持するのかなどについても協議中だ。

    同部関係者は「(統制権の移管時期の合意後)連合司令部の機能をどの位置に、どのように、どのくらいの規模で維持するのかについて
    意見を交換している」と明らかにした。

    米側は連合司令部の現在の規模を維持したまま、ソウルにそのまま留まることを希望していることが分かった。一方、韓国側は連合司令部
    の人員を大幅に減らし、ソウルに残る案を提示したという。 

    同部関係者は、竜山基地を2016年までにすべてソウル南方の平沢に移転する「竜山基地移転計画」と漢江北側の京畿道東豆川市
    に駐屯する米軍2師団を平沢に移転させる「連合土地管理計画(LPP)協定」は履行することに変わりはないと強調。
    その上で、「だが、基本計画の枠組み内で最適な案が何かという点で苦心している」と説明した。

    ソース:聯合ニュース 2014/09/18 20:53
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/18/2014091804207.html

    ← m9(^Д^)プギャー!と思ったらクリック


    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1411166150/:

    【【m9(^Д^)9mザマァ】有事作戦統制権の移管時期で調整難航、韓国政府は5~7年の再延期希望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    index

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/24(日) 00:46:01.50 ID:ZLxpFBpe0.net
    以下韓国人の感想

    ・在日朝鮮人も買わなかったのか?
    ・ほんとに1台すら売れなかったのか?
    ・日本猿に買われる車が可哀想だし販売拒否したと考えるのが妥当
    ・ヒュンダイは1万台以上売れた
      ・9年間でな・・・
    ・どんだけネトウヨだらけなんだよこの国…
    ・誰がキムチカーになんて乗るんだよ?(笑)
      ・米国に住んでるがみんな韓国車に乗ってるぞ
    ・価値観が違うんだろ
     俺ら(世界)は品質や値段で車を選ぶ 日本人は日本製か韓国製かをチェックしてから買う
    ・ギャラクシーSと日本のゴミスマホどっちが優れてるかは言うまでもない、しかし猿は日本製を買う、我々人類のモラルや常識は日本猿にはない
    ・売る意志がなかっただけだろ、幽霊会社だったのだろう、そうじゃなきゃ世界で有名な韓国車が売れないなんてありえない
    ・流石、世界から嫌われてハブられてるガラパゴス戦犯小島(笑)
    ・ネトウヨ日本猿の異常性にはほんと毎度毎度驚くわ…
    ・この件で日本に世界は経済制裁や報復しなければならない、不正競争だ
      ・しかし、実際どうするんだ?、韓国製を買わないことは自由だし違法にするのは実際は難しい
    ・日本人の愛国っぷりはほんとすごいね、そりゃ侵略戦争ばかりするわけだ
    ・日本でだけ売れない韓国車って時点で露骨な不法競争だし国連で早く日本に制裁をしなくてはいけない
    ・韓国車は糞だがそれ以上に日本人が糞でワロタ
    ・中国でなら売れまくるだろうな、中国車は爆発するし信頼の韓国車を選ぶしかない
    ・韓国車も日本車に比べれば正直劣ってる部分もあるだろ、もちろん韓国車のほうが安いからまともな人間なら韓国車を買うだろうけど
    ・日本車は種類が豊富だしわざわざ輸入車を買わないってだけじゃない?
      ・関税もかかるだろうしな、実はすごい高かったのかも
    ・日本にいた時はグレイジャー(ヒュンダイ製)のタクシーがたくさん走ってるのを見たけど…
    ・7年前ホワイトのサンタナ(ヒュンダイ製SUV)なら日本で見たわ

    ← 韓国車なんて誰が買うんだ?!と思ったらクリック


    http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1408808761/:

    【韓国人「KIAの車が日本で21年間1台も売れず日本撤退」www ←どう思う?wwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報