抗議

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    USMC-300x300[1]

    1: テキサスクローバーホールド(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 11:18:08.59 ID:aHpgN+3q0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/ii.gif
    抗議行動は「ヘイトスピーチ」 海兵隊幹部、また暴言

     在沖米海兵隊のロバート・エルドリッジ政務外交部次長が、先月公開されたインターネット
    番組「チャンネル桜」に出演し、米軍普天間飛行場の周辺で繰り広げられている抗議行動を
    「ヘイトスピーチ」と批判していたことが16日、分かった。さらに抗議行動について「県民、
    日本国民を代表しているとは思っていないので安心してください」と述べた。
     県民の多数が普天間飛行場の県外移設と早期閉鎖を求める一方、日米両政府が民意を無視
    して辺野古移設を強行する中、地元との対話も任務とする米軍幹部が市民の異議申し立てを
    「ヘイトスピーチ」と断じたことは、地元に対する姿勢が問われそうだ。
     発言は1月8日公開の同放送であった。エルドリッジ氏は「ご存じのように普天間周辺で
    いろいろなヘイトスピーチをされている方がいる」と、オスプレイの強行配備を機に始まった
    抗議行動を批判した。
     エルドリッジ氏は、普天間問題を含む日米の安全保障・外交政策を専門的見地から検証
    しているシンクタンク「新外交イニシアティブ(ND)」についても「雑音」や「不協和音」
    との表現で批判していたことが既に分かっている。番組でエルドリッジ氏は、自身について
    「海兵隊と日本国民、特に沖縄県民の懸け橋になればいいと思っていて、それを通じて相互
    理解、信頼関係(を築き)、最終的には平和につながる」と述べた。
    http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239002-storytopic-271.html

    ←しばき隊の皆さん出番ですよと思ったらクリック

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1424139488/:

    【【サヨク涙目!】 米海兵隊幹部 「サヨクの抗議行動は“ヘイトスピーチ”!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/07/28(月) 19:35:34.12 ID:???.net
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140728/plt1407281535003-n1.htm
    東京都の舛添要一知事は28日午後、首相官邸で、菅義偉官房長官に面会し、先週の韓国訪問や
    朴槿恵(パク・クネ)大統領との会談について報告するという。ただ、朴氏の「反日」外交に利用された
    ような韓国メディアの報道を受け、舛添氏への批判が高まっている。都庁には6000件以上もの
    メールが届き、ほぼすべてが批判的意見という。ネット上には、「抗議署名」や「リコールデモ」を呼びかける声も出始めた。

     「反日感情の強い韓国と付き合う必要はない」「韓国のために都の税金を使うな」
    「平昌(ピョンチャン)冬季五輪に協力するな」

     舛添氏の訪韓について、28日午前9時半までに、都庁にはメール6000件以上、
    電話400件以上の意見が寄せられ、大半が批判的だった。まさに都民から袋だたきに遭っているといえそうだ。

     それもそのはず、25日の朴-舛添会談はひどかった。冒頭、朴氏は背筋を伸ばしたまま右手を出し、
    舛添氏は背中を丸めて握手したため、卑屈に見えた。会談でも、
    朴氏は「慰安婦問題は普遍的な人権問題」などと一方的に歴史認識を披露し、舛添氏はうなずきながら聞き入った。

     韓国メディアはこうした映像や写真とともに、舛添氏について「安倍晋三首相とはいつでも会える格別な仲」などと報じ、
    安倍首相に近い舛添氏が、朴氏に全面的に共感したかのような印象を際立たせた。(以下略 全文はリンク先で)

    ← この調子でリコールだ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1406543734/:

    【【舛添訪韓】都庁には6000件以上の抗議メールが殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報