在韓米軍

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    no title

    アメリカ共和党のトランプ大統領候補が、「韓国は、アメリカの防衛に対してさらなる補償を 

    支払うべきだ」と語りました。 

    ロシアの国際メディア・スプートニクによりますと、トランプ候補はさらに、「韓国が、アメリカの 
    防衛や韓国駐留アメリカ軍の保護に対して負担している金額は、アメリカの負担に比べて 
    わずかなものだ」としました。 

    トランプ候補は、ニューハンプシャー州での選挙キャンペーンの中で、「韓国政府がアメリカ 
    の防衛に対して補償を支払っていないとは言えない。なぜなら、昨年、アメリカ軍の韓国駐留 
    に対して8億8000万ドルを支払ったからだ」としながらも、「この負担は、しかるべき金額に 
    比べると取るに足らないものだ」と語りました。 

    トランプ候補は、同様の発言をドイツと日本に対しても行いましたが、再び韓国に対して暴言 
    を行い、「韓国は自国の防衛をアメリカに頼っているが、およそ2万8000人のアメリカ兵の 
    韓国駐留に対し、補償を支払っていない」と述べました。 

    ソース:イランラジオ 
    http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58878 

    ←宗主国様に守ってもらうから払わないニダ!と思ったらクリック


    ://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1444757278/:

    【【アメリカが韓国に補償を求める!】アメリカ・トランプ氏、「韓国はアメリカに補償を支払うべきだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝鮮人・韓国・火病

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 07:35:50.46 ID:???.net
    【ソウル聯合ニュース】韓国と米国は17~18日、ソウルで第6回韓米統合国防協議体(KIDD)会議を開き、韓米連合軍司令官
    (在韓米軍司令官兼務)から韓国軍への有事作戦統制権移管の条件と時期をめぐる交渉を行ったが、一部で異なる見解をみせた
    ことが分かった。

    韓国国防部の関係者は同日、KIDD会議の結果説明を行い、「統制権の移管については現在、多様な方法を検討し、協議している段階」
    とした上で、「10月に開催される韓米定例安保協議(SCM)で最終決定と合意がなされる前までは何も決定されない」と明らかにした。

    また、「大きい見解の相違もあり、微調整が必要なこともある」と明らかにし、統制権移管時期の調整が難航していることを示した。

    SCMの共同声明に具体的な年度や、目標時期が明示されるかについては、「協議を行っている」と説明した。これは共同声明に統制権
    の移管時期を特定年度で表現しない可能性があることを示唆した発言とみられる。

    韓米は来月23日(現地時間)に米ワシントンで開かれるSCM前に、もう一度協議を行い、統制権の移管時期を調整する計画だと分かった。

    韓国政府は2015年末を予定していた移管時期を5~7年後に延期したい考えとされる。

    また両国は、韓米連合司令部をどこに置き、どの程度の規模を維持するのかなどについても協議中だ。

    同部関係者は「(統制権の移管時期の合意後)連合司令部の機能をどの位置に、どのように、どのくらいの規模で維持するのかについて
    意見を交換している」と明らかにした。

    米側は連合司令部の現在の規模を維持したまま、ソウルにそのまま留まることを希望していることが分かった。一方、韓国側は連合司令部
    の人員を大幅に減らし、ソウルに残る案を提示したという。 

    同部関係者は、竜山基地を2016年までにすべてソウル南方の平沢に移転する「竜山基地移転計画」と漢江北側の京畿道東豆川市
    に駐屯する米軍2師団を平沢に移転させる「連合土地管理計画(LPP)協定」は履行することに変わりはないと強調。
    その上で、「だが、基本計画の枠組み内で最適な案が何かという点で苦心している」と説明した。

    ソース:聯合ニュース 2014/09/18 20:53
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/18/2014091804207.html

    ← m9(^Д^)プギャー!と思ったらクリック


    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1411166150/:

    【【m9(^Д^)9mザマァ】有事作戦統制権の移管時期で調整難航、韓国政府は5~7年の再延期希望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: スリーパーホールド(愛知県) 2014/01/13 09:53:34 ID:LVItl3Zb0
    韓-米当局が延期論側に糸口をつかんだ戦時作戦統制権(OPCON・以下 戦作権)転換問題に対して、
    ウォルター シャープ前駐韓米軍司令官が "来年12月予定通り韓国軍に渡さなければならない" と指摘した。

    彼は "北韓が核兵器を放棄するまで戦作権を切り替えてはならないという主張は、
    完全に統一される時まで先送りしようという話と同じこと" として
    "政権が変わる場合を除いて、北韓が核兵器を放棄する可能性は全くないと見る" と話した。

    これに先立って、キム・クァンジン国防長官とチャック ヘーゲル米国防長官は昨年10月、
    第45次韓-米安保協議会(SCM)で戦作権再延期問題を扱う共同実務団の構成に合意した。
    最終結論は今年前半期中に出すことにした。 チョン・インファン記者

    画像
    no title


    詳細 2014/1/8
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/16438.html
    【速報】立命館大学の講師が出席カードと共に朝鮮学校無償化の嘆願書を書かせる 【【速報】 米軍司令官 「在韓米軍は予定通り来年撤退」 韓国に告知】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/11/08 22:56:28
    ソウル市西大門区で6日午前、在韓米軍の兵士たちが、
    セマウル婦人会の会員や赤十字ボランティアのメンバーたちとともに、
    恵まれない人たちに練炭を配っている。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/07/2013110700451.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【韓国】在韓米軍、恵まれない人たちに愛を込めて練炭配達(画像あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    金寛鎮

    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/08 21:00:30
    【ソウル聯合ニュース】韓国の金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官は8日、
    国会国防委員会の全体会議で有事作戦統制権の移管時期について、
    「今年3~5月の安保危機の状況を考慮する必要がある。3回目の核実験を終えた北朝鮮はこれまでとは違う」
    とし、2015年12月は時期尚早との認識を示した。

    2009年に、韓米連合司令官(在韓米軍司令官兼務)から韓国軍への有事作戦統制権の移管を延期したときより
    安保状況が悪化しているため、さらなる移管の延期は避けられないという意味だ。 

    金長官は「すでに5月初めに国防部が青瓦台(大統領府)に統制権移管の延期を建議し、
    朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が同意した」とし、「今後2~5年の間に北朝鮮がどのような行動を取るか、
    また朝鮮半島の安保状況を考えると、指揮体系を(2015年12月に)変更すべきでないと判断した」と説明した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/10/08/0200000000AJP20131008002700882.HTML

    【【韓国軍事】キム国防部長官「北朝鮮情勢が変化した今、15年の有事作戦統制権移管は適切でない。再延期を」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    米韓同盟

    1: ショルダーアームブリーカー(愛知県) 2013/10/08 10:45:27 ID:mu1audc+0
    このままでは米韓同盟は見直さざるえない―韓国

    韓米同盟は今年還暦だが、米日同盟はそれより2年長い。軍事的な側面で見ても駐韓米軍の数が
    約3万人なのに対して駐日米軍は約5万人だ。経済力も韓国の国内総生産(GDP)はいまだ日本の
    5分の1の水準だ。米国にはどうしても韓国より日本のほうが重要とならざるを得ない。

    問題は、韓米同盟が米日同盟より一段格下だと見るために、韓国と日本で利害が衝突する際に
    米国が日本の肩を持つのが常だという点にある。最も大きいものこそ独島問題だ。米国国務省が
    作成した対日講和条約(サンフランシスコ平和条約)の最終案では
    独島が日本領だと米国が認めたと日本は主張している。

    こういうあきれたことが起きたのは、ダグラス・マッカーサー将軍の政治顧問であり日系夫人を持つ
    ウィリアム・シーボルドの影響のためというのが学界と外交家の指摘だ(訳注:妻Edithの母親が日
    本人)。彼は国務省に対して、「独島を日本領に編入してレーダー基地を建設すれば対ロシア防衛
    に有利だ」という主張を展開した。結局最終案が修正された。日本が独島を自分の領土だと言い張る
    口実を米国が提供したのだ。

    米国にとって韓国よりも日本のほうが重要だという「不快な真実」は、最近の米日「2+2会談」で
    改めて確認された。米国が、日本の集団的自衛権行使を歓迎するという立場を明らかにしたのだ。
    これは侵略の過去を否定する日本に、何の支障もなく再武装できる道を開いたのと同じだ。

    ともすれば連邦政府業務まで麻痺するほど苦境の米国にとって、アジア地域の安全保障に責任を
    負うという日本の分担提案は歓迎すべきものかもしれない。だが、日本が右傾化して強大化する時、
    我が国の歴史は常に悲劇につながった。警戒しなければならない。しかも朴クネ大統領が、「日本が
    歴史と領土問題で退行的発言を継続して(我が国を)侮辱している」と指摘したその僅か3日後に、
    米国はこの言葉を聞き流したかのように日本の再武装に一点の迷いも無く賛成した。我が国には
    無視を、日本にはプレゼントを与えたのだ。

    <続く>

    【【速報】 韓国、米韓同盟を破棄 「アメリカよ、韓国より日本が大事なら同盟は破棄だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報