中国経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/09/24(木) 16:57:25.56 ID:???.net
    (画像:膨れ上がった債務の主体は 国有企業や政府系金融機関だ)
    (出所)マッキンゼー・グローバル・インスティチュート 「Debt and (not much) deleveraging 」(2015年2月)
    no title


     中国株バブルが崩壊した。株安が共産党の支配体制を揺さぶりかねないと、当局は株式相場の下支えに必死だが、
    市場の流れには抗しきれない。今や中国経済の失速がグローバルに及ぼす衝撃波に身構える段階に来ている。

     「これは上海市場の天安門事件なのだろうか」。市場関係者がヒソヒソ声でささやき合っている。証券監督管理委員会
    (証監会)など当局が連日、「悪意ある空売り」を取り締まっているからだ。対象となった米ヘッジファンドのシタデルは、
    米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ前議長が顧問を務める、米国の有力ヘッジファンドだ。

     「悪意」があるかどうかを認定するのは、中国当局にほかならない。当初は効果を挙げ、株式市場が小康を取り戻したかに
    見えたが、7月27日の月曜日、上海市場は前営業日比8.48%の下落幅を記録。「上海版ブラックマンデー」というべき売りの
    奔流に押し流された。中国人民銀行は8月11日に人民元切り下げを抜き打ちで始めたが、8月24日に再び8.49%下落。
    翌25日も7.63%下げた。24日は月曜日で、世界主要市場の株安に波及したことから、「中国版ブラックマンデー」に
    格上げ形容されている。6月12日に5100ポイント台を記録していた上海総合指数は3000ポイント付近をうろついている。
    2カ月半で4割下落した格好だ。

     中国株の売り圧力がなぜ衰えないのか。理由はハッキリしている。割高だからだ。香港と中国本土に二重上場している
    企業の株価を見ても、中国本土はピークで5割、足元でも3割程度割高となっている。ではなぜ割高なのかというと、
    当の共産党自身が今年春先にかけて、株高を煽っていたからだ。6月12日の高値5100台は、1年前に比べれば約2.5倍の
    水準である。

     今回の中国株バブルが深刻なのは、習近平政権が進めようとしていた「新常態(ニューノーマル)」政策が、根っこから
    揺らいでいることにある。投資と外需を原動力にした10%の二桁成長は、環境破壊や格差拡大という副作用を考えると、
    もう継続できない。消費と内需主導の7%程度の安定成長に、中国経済を軟着陸させる必要がある。その政策指針は
    決して間違ってはいない。

     問題は習政権が「新常態」に向けて舵を切ったとたん、中国経済が予想以上のピッチで失速してしまったことだろう。背景には、
    習政権が鳴り物入りで進めた「反腐敗キャンペーン」が、消費を萎縮させてしまったことがある。

     例えばマカオのカジノの営業収入は、今年上期には前年同期比で4割近く落ち込んだ。自動車販売も、日本車に比べて
    売れていたフォルクスワーゲンや現代自動車の現地販売が急減。余りの惨状から、現代自は7月から月次の現地販売実績の
    公表を取りやめたほどだ。事態はどんどん悪化しているというのが、現地の実感といってよい。

     そもそも、春先に当局が株高を煽ったのも、景気失速を懸念していたからにほかならない。株高による資産効果で消費を刺激して、
    経済を軟着陸させようとしたのだ。ところが、肝心の株バブルが崩壊したことにより、保有株の値下がり損で自己破産する投資家が
    相次いでいる。皮肉にも株安による逆資産効果が、消費にブレーキをかけつつあるのだ。

     日米欧の中央銀行が行ったように、中国人民銀行(中央銀行)も政策金利を下げてマネーサプライ(通貨供給量)を増加させようと
    している。一時はブレーキをかけた公共事業の執行も、急いでいる。ところが、現実には空回りしている。背景には、すでに借金の山が
    積み上がっていることがある。

     2008年のリーマン・ショックを中国は見事に乗り切ったとされた。4兆元にのぼる景気対策によって、大々的なインフラ投資や
    設備増強を行って、10年には国内総生産(GDP)で日本を抜き、世界第二位の経済大国の座を手にしたのだ。しかしその引き換えに、
    中国全体の債務がそれまでの約4倍に膨れ上がってしまったのだ。

      水谷幸資 (経済ジャーナリスト)

    Wedge Infinity 2015年09月23日(Wed)
    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5313

    ←反日朝鮮人軍団だから!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1443081445/:
    【【断末魔中韓経済】バブル崩壊 鎮火できない中国、延焼する韓国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    12-top
    1: ローリングソバット(dion軍)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 13:07:19.06 ID:D8uBDRl60●.net BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/zuzagiko48.gif
    中国経済の安定、発展を強調 訪米中の習近平主席(2015/09/23 11:51)

     アメリカを訪問中の中国の習近平国家主席は、最初の訪問地シアトルで演説し、
    「今後も中国経済は安定的に発展する」と強調しました。

     中国・習近平国家主席:「中国経済はこれからも安定かつ比較的、速いスピードで発展していく」

     そのうえで、最近の中国株暴落に触れ、「株が異常に変動したが、うまくリスクを避け、
    現在は自律的に回復している」と強調しました。また、南シナ海やサイバー攻撃問題で
    溝が深まっている米中関係については、「一部、問題の存在は避けられないが、
    共通認識を得ることが鍵になる」と訴えました。習主席は25日にアメリカのオバマ大統領と
    首脳会談を行い、その後、国連で演説する予定です。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000059225.html

    ←中国なんか信用するわけないだろ!と思ったらクリック
     

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1442981239/:

    【【中国経済大復活!】訪米中の習近平氏「中国経済はこれからも安定かつ比較的、速いスピードで発展していく」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    141116-2-1

    1: くじら1号 ★ 2015/09/23(水) 17:12:57.79 ID:???*.net
    財新/マークイットが発表した9月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は47.0で、2009年3月以来6年半ぶりの低水準となった。
    ロイターがまとめたエコノミスト予想の47.5を下回り、8月改定値の47.3からも低下した。内需や輸出需要が
    引き続き悪化し、指数は好不況の分かれ目である50を7カ月連続で下回った。

    注目度の高い製造業PMI指数が予想に届かなかったことで、中国経済が想定より急速に悪化し、ただでさえ脆弱な世界経済の回復がリスクに
    さらされるのではないか、との投資家の不安心理が強まりそうだ。

    PMI指数を構成するサブ指数は、生産から受注、雇用まで、ほぼすべてで悪化を示した。生産指数は世界金融危機以来の低水準に落ち込み、
    新規受注は8月の46.6から9月は46.0に低下し、ほぼ4年ぶりの水準となった。輸出受注は2013年半ば以来の低水準だった。
    中国経済の鈍化はこの数年にわたり続いている問題だが、中国の景気悪化はここに来て、一段と注目されている。米連邦準備理事会(FRB)が
    今月、利上げ見送りを決めた際、中国経済の鈍化などグローバルな要因が米経済の回復にどう影響するのか不透明、と指摘したためだ。

    製造業PMIがさえない内容に終わったことで、第3・四半期の中国の国内総生産(GDP)伸び率が世界金融危機以降で初めて、7%を割り込む
    可能性が高まった。一方で、中国当局が向こう数カ月で、追加利下げなどさらなる支援策を打ち出すとの期待感が強まると見られる。

    エコノミストは9月の製造業PMIについて、不調ながらも若干上昇すると予想していた。昨年以来の一連の景気刺激策が徐々に効き始めているほか、
    8月に閉鎖された工場の多くが再開し始めているためだ。

    財新智庫のチーフエコノミスト、何帆氏は「安定化を目的とした政策が効果を上げるまでには、辛抱強さが必要だ」と指摘。「8月には財政支出が
    急増しており、政府の一段の努力がうかがえる」としている。

    http://jp.reuters.com/article/2015/09/23/china-economy-pmi-idJPKCN0RN06820150923

    全部お前らが巻いた種だろ!と思ったらクリック
     

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1442995977/:

    【【中国経済崩壊】中国の9月製造業PMI速報値は47.0で6年半ぶり低水準、サブ指数は、生産から受注、雇用までほぼすべてで悪化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    u=163487413,2457002385&fm=21&gp=0

    1: 地面師 ★ 2015/09/22(火) 15:34:51.26 ID:???*.net
    【上海=土居倫之】
    中国不動産最大手の緑地集団は日本で不動産投資を始める。21日、日本進出に向けてみずほフィナンシャルグループ(FG)と業務提携の覚書を結んだ。
    中国では不動産市場に供給過剰感が強まっている。相対的に割安感が強い日本に投資し、リスクを分散する。

    緑地集団は日本で住宅やオフィスビルなど既存物件への投資のほか、都市開発プロジェクトへの参加を検討している

    引用元 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H1C_R20C15A9NN1000/


     ←いよいよみずほ倒産か!?と思ったらクリック

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1442903691/:

    【【経済】中国最大手不動産会社”緑地集団” みずほと提携し日本進出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 13:11:00.66 ID:???.net
     米国では仮想の金融戦争ゲーム大会が開かれている。毎年主催しているのは国防総省傘下機
    関だ。金融専門家らが米国チーム・中東チーム・ヨーロッパチーム・日本チームに分かれ、2日間
    にわたり戦争ゲームをする。

     このゲームには強大国の通貨が使われ、天然資源も武器になる。金利・為替政策は重要な戦
    略物資だ。仮想金融戦争は、日米連合軍が中東の原油価格引き下げにどう対抗し、ヨーロッパと
    日本が米国の金利引き上げにどう対応をするのかを示してくれるという。

     仮想金融戦争では、中国チームの存在がますます大きくなっている。中国は米国債を多く保有
    している上、世界第2位の経済大国だからだ。中南米・アフリカで産出される資源を大量購入する
    大手筋でもある。2015年は、こうした中国の経済力に別の意味合いが加わった年だ。

     中国はこれまで「世界の工場」として安価な商品を全世界に供給する製造業者役を忠実に果た
    してきた。また、あらゆる資源や機械類を輸入し、購買力を武器に影響力を誇示してきた。さらに
    中国は今年、これらに加えて全く違う一面も見せた。

     中国株式市場が暴落すれば、全世界の株価が同時暴落するという現象が連続して起こってい
    るのだ。これまでは上海・深センの株価が暴落すると米国は上がり、日本・韓国は下落するという
    図式だった。その影響は国によって違っていたのだ。ところが、今年は中国株式市場の崩壊が全
    世界に「同時テロ」のような形で広まった。中国は仮想の戦争ゲームにとどまらず、リアルタイムで
    ほかの経済圏の利益を揺るがすようになったのだ。

     だが、2015年は中国が二つの不信を露呈した年でもある。国内では政府に対する不信感が広
    がり、国外では経済政策はもちろん、統計すら信じられない国だという烙印(らくいん)が押された。
    まず、中国経済に対する国外の見方の変化から見てみよう。

     習近平政権は人民元を国際通貨にしようという計画を推し進めてきた。だから韓国にも人民元
    取引所を許可した。今春には李克強首相が国際通貨基金(IMF)総裁に対し、人民元をIMF特別
    引出権(SDR)構成通貨に入れるよう要請した。米ドル・ユーロ・日本円・英ポンドの4大通貨に人
    民元が加われば、中国が手にする利得は計り知れない。中国政府や中国企業は国際金融市場
    で資金を安く調達でき、人民元借款を前面に押し出し、海外資源市場や輸出市場を拡大すること
    も容易になる。

     ところが、IMFは中国の要求をきっぱりと拒否した。その理由は、人民元は過度に高評価されて
    いるから、というものだった。韓国も1996年の経済協力開発機構(OECD)加盟前、経済力に合わ
    ないウォン高にこだわった。中国もSDR会員権を確保するため、人民元高を維持しようとしたのだ。

     結局、先月の人民元暴落により、政府が為替レートを強引に調整していることが白日の下にさら
    された。「やはり中国はまだまだだった」という声と共に、「胸の筋肉はすごいが、脳みそが足りな
    い国」「乗用車の運転免許証でジャンボ飛行機を操縦している国」という印象まで植え付けてしま
    った。経済研究所の中には「China Meltdown(Meltdown=融解、通貨大幅下落)」と大げさに分析
    した所もあった。1997年のアジア通貨危機時、韓国にも同じ表現が使われた。人民元暴落後も中
    国政府が行政力を動員して外貨流出を防いでいるのを見ると、アジア通貨危機時に失敗した韓
    国の政策をきちんと教わっていないのではという気さえする。

     しかし、もっと深刻なのは国内で不満がたまっていることだ。階層の二極化、都市部と農村部の
    貧富の格差が進む中、株価・不動産価格暴落に対する政府の政策はまったく反映されていない。
    景気浮揚資金をばらまき、金利も下げたが、効果がない。国民の不満は膨らむばかりだ。折しも
    経済成長率は下がり続けている。企業も地方政府も山のような負債を抱えている。
    >>2-5あたりに続く

    宋熙永(ソン・ヒヨン)主筆
    no title


    ソース:朝鮮日報日本語版<【コラム】中国は本当に世界第2位の経済大国なのか>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/09/19/2015091900442.html

    ←中国が実際に経済大国な訳がない!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1442722260/:
    【【中国バブル崩壊!】 中国は本当に世界第2位の経済大国なのか~米国の母親が出産しに行く様な理想の国になるのは、まだまだ先だ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 22:20:41.43 ID:???.net
    (チャート画像)
    no title


     14日のニューヨーク市場でAlibaba (NYSE:BABA) の株価は一時、前日比3.15(4.57%)安の61.48ドルまで下落して、
    株価は1年前のIPOを果たした際の公開価格となる68ドルを10%近く下回る展開となった。

     Alibabaの株価急落は、金融専門誌の「Barron's」にAlibabaの業績予想は荒唐無稽な根拠に基づいたもので、
    株価は今後、50%の調整が進むことになるだろうとする分析記事が掲載されたことを受けてのものとなる。

     この記事掲載を受けて、AlibabaはBarron'sに対して抗議を行ったが、市場ではこのところ、中国政府や経済指標や、
    中国企業の出す業績数値への不信感が高まっていることもあり、Alibabaを売り込む動きが強まるところともなっている。

    Posted 21 hours ago, by Harry Martin

    ビジネスニュースライン 2015 9 15
    http://www.businessnewsline.com/news/201509150101420000.html

    ←ソフトバンク涙目wwww!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1442323241/:
    【【中国バブル崩壊!】Alibabaの株価が急落、株価は公開価格を10%下回る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    韓国経済

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 00:32:22.78 ID:???.net
    中国経済への疑いが一層深くなっている。今度は経済成長率年3%台墜落の可能性の警告だ。
    シティグループのWillem Buiter首席エコノミストは、大規模な景気浮揚策なしには中国の成長
    率が4%以下に落ちると見通した。最近訪韓した米国のバイタル・ベンチャーキャピタル(Vital V
    enture Capital)のDavid Asher専任投資家も、中国の実際の成長率は楽観的に見ても3%
    台だと指摘した。経済実状をよく反映している電力使用量、貨物運送量、融資増加率から見た中
    国のモメンタム指数(CMI)がそうだということだ。

    中国は統計操作を通じて隠そうとしても隠しきれないぐらいになっていくようだ。電気をあまり使
    わず物流量が減って、輸出まで縮小しているのに大丈夫だと言い張っても信じる人はいない。そ
    の上、経済報道に対する言論統制の指針まで出されたという。

    来月には中国の経済指標が「良いニュース」で満たされはずだとFTがばかにするほどだ。こう
    であるにもかかわらず来月発表する7-9月期の成長率まで1-3月・4-6月期のように再び
    7%ならば、不信は手のほどこしようもないほどだろう。李克強首相が違うと否定するほど、さらに
    疑わしい中国経済だ。信頼を失った経済は百薬も無効だ。中国がインフルエンザにかかれば肺炎
    を心配する韓国経済はどうするだろうか。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    ソース:中央日報日本語版<【社説】中国経済、今や「3%台に墜落」警告まで出てきた=韓国>
    http://japanese.joins.com/article/702/205702.html

    ←中国と共に地獄に落ちろ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1442244742/:
    【【断末魔韓国経済】 中国経済、今や「3%台に墜落」の警告まで出てきた~韓国経済はどうなる?/中央日報社説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中国経済 バブル崩壊

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 22:55:47.62 ID:???.net
     中国国家統計局が13日発表した8月の主要経済指標によると、ことし1~8月の不動産開発投資は
    前年同期比3.5%増にとどまった。活況期には30%台の増加も珍しくなかったが、昨年から伸び率の縮小が
    続いている。リーマン・ショックの影響で落ち込んだ2009年1~2月(1.0%増)以来の低水準となった。

     中国の景気減速の大きな原因の一つとなっている投資の伸び悩みが収まっていない。

     住宅の新規着工面積が17.9%減と大幅に落ち込んだ。住宅販売面積は8.0%増と持ち直し始めているが、
    不動産業者は売れ残りの解消で精いっぱいとみられ、新規プロジェクト開発に慎重になっている。統計局は
    地方の中小都市で売れ残りが多いと分析している。

     企業の設備投資などを含めた固定資産投資も10.9%増と、伸び率が昨年通年の15.7%から縮小した。
    景気減速で多くの企業が生産能力の過剰に陥り、新たな投資に消極的になっている。

    (共同)

    産経ニュース 2015.9.13 19:40
    http://www.sankei.com/world/news/150913/wor1509130022-n1.html

    ←本当はマイナス35%だろwww!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1442152547/:
    【【中国バブル崩壊!】中国の不動産投資が減速 リーマンショック以来の低水準 1~8月、3.5%増にとどまる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中国経済 バブル崩壊

    1: キングコングニードロップ(庭)@\(^o^)/ 2015/09/10(木) 12:42:16.25 ID:d5ksbbMS0●.net BE:479913954-2BP(2500)
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    アジア投資銀、初代総裁「近く70カ国に」 アジア開銀上回る

    アジアインフラ投資銀行(AIIB)の初代総裁に内定している金立群・元中国財政次官は9日、
    訪問先の韓国・ソウルでの会合で「現在57カ国の参加国はまもなく70カ国余りに増えるのではないか」との見通しを示した。
    70カ国になれば、日米が主導するアジア開発銀行(ADB)の67カ国・地域を上回る。

    韓国企画財政省によると、金氏は9~10月に参加国を順次訪れる方針を示しており、最初の訪問国として韓国を選んだ。
    金氏は9日、大韓商工会議所主催の会合で「AIIBは年末までに発足し、2016年からファイナンスできる」と述べた。

    参加を見送った日本と米国には「我々は(日米とは)何度か話し合いの場を持っており、ドアを開いている」と語った。

    さらに「AIIBはほかの国際金融機関と不要な競争をするつもりはない。ADBや世界銀行、さらには民間機関とも協力していく」と述べた。

    ttp://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09H70_Z00C15A9FF1000/

    ←誰が燃料タンクに穴空いたバスに乗るかよ!と思ったらクリック

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441856536/:
    【【AIIBバス発車不能!!!】中国「日本よ、AIIBのドアはまだ開かれている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中国経済 バブル崩壊

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/09/08(火) 23:12:05.16 ID:???.net
     中国税関総署は8日、8月の貿易統計について、輸出と輸入を合わせた貿易総額がドルベースで前年同月比
    9・1%減だったと発表した。6カ月連続で減少した。特に輸入は同13・8%減で10カ月連続のマイナス。
    世界経済のけん引役を務めてきた中国の景気減速傾向が一層鮮明になった。

     中国では景気減速の影響で生産や消費が伸び悩んでおり、内需が振るわず、輸入の減少につながっている。

     輸入の減少率は前月の8・1%から大幅に拡大。貿易総額の減少率も前月の8・2%から拡大した。

     不動産不況の影響で建設投資が伸び悩んでおり、幅広い製造業に影響が及んでいる。6月以降の上海株式市場の
    株価下落などで景気の先行き懸念が高まり、消費者心理も悪化したとみられる。

     輸出も5・5%減と振るわず、2カ月連続のマイナスだった。国内人件費の上昇に伴い、輸出型製造業の国際競争力が
    落ちている。

    (共同)

    zakzak 2015.09.08
    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150908/ecn1509081620009-n1.htm

    ←これからが本当の地獄だ!と思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1441721525/:
    【【中国バブル崩壊!】中国、8月の輸入13%減 10カ月連続マイナス】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報