中国経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中国経済













    1: ◆TOFU/XEczQ @甘味処「冷奴」φφ ★ 2013/05/26(日) 18:23:18.82 ID:???
     「中国の経済危機は2013年7月か8月に起きる」と予測した国務院発展研究センターの内部報告が、専門家の間に静かに出回っている。

     同センターの李佐軍研究員が湖南省の母校、華中科技大学で2年前に内部向けに行った報告で、
    胡錦濤政権時代の経済政策のツケが今年3月の習近平政権発足後、数カ月で噴出し、
    民間企業や銀行、地方政府が相次ぎ経営破綻に追い込まれる、と見通した。

     その根拠となるのが巨額のデフォルト(債務不履行)懸念だ。
    李氏の報告では直接触れていないが、貸借対照表(バランスシート)に反映されない「シャドーバンキング(影の銀行)」という銀行の資金運用。
    さらに李氏が指摘する地方政府の債務で、この2つは密接に結びついている。


    【【中国経済】静かに出回る「7~8月の中国経済危機説」…胡政権の「負の遺産」を習政権が処理しきれずデフォルトか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: わいせつ部隊所属φ ★ 2013/05/21(火) 12:46:38.63 ID:???0
    米製造業が「中国離れ」…低品質で賃金も高騰

     2008年の米金融危機以降、不況と高い失業率にあえいでいた米製造業が、復活の兆しを見せている。

     オバマ政権の支援策など複合的な要因が背景にあるが、注目されるのは「中国離れ」だ。
    安い労賃にひかれ、中国に流出した産業が国内に回帰しており、「メード・イン・アメリカ(米国製)」を目指す潮流が生まれている。

     「微妙なサイズが合わないなど品質に問題があり、多くの顧客を失った」。
    ミネアポリスのゴム製部品工場「ハイアワサ・ラバー」のハワード・ハウザー副社長(62)は、
    中国企業に生産委託をしていた頃を振り返る。

    (2013年5月21日10時04分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130521-OYT1T00273.htm
    米ミネアポリス郊外に再開したウール製品工場で、再雇用した従業員と製品をチェックするポール・ムーティー社長(右)=吉形祐司撮影
    no title

    no title

    【【国際】 米製造業が「中国離れ」 低品質で賃金も高騰 → 中国に流出した産業がアメリカ国内に回帰】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報