パクリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: くじら1号 ★ 2015/09/01火) 19:07:56.64 ID:???*.net
    2020年東京オリンピックのエンブレムを巡り、アートディレクターの佐野研二郎氏が、審査の応募資料として提出した空港や
    街中でのエンブレムの使用例の画像について、佐野氏が大会の組織委員会の調査に対してインターネット上に掲載されていた画像を
    無断で転用していたことを認めたことが分かりました。

    組織委員会によりますと、去年11月、エンブレムの審査の際に佐野氏からの応募資料でエンブレムの使用例として提出された
    2つの画像について、インターネット上に似た画像があることから無断で転用しているのではないかと、外部から指摘があったということです。

    指摘されているのは、羽田空港のロビーにエンブレムの描かれたポスターなどが掲示されている画像と、渋谷駅前のスクランブル交差点で
    周辺のビルの壁などにエンブレムが掲載されている画像の2点です。
    指摘を受けて組織委員会は、佐野氏本人に事実関係を確認した結果、佐野氏が無断での転用を認めたことが分かりました。

    組織委員会は、ベルギーのグラフィックデザイナーがIOC=国際オリンピック委員会に対し、エンブレムの使用差し止めを求める訴えを
    起こしたことを受けて先月28日に会見した際、これらの画像を公開していました。

    無断で複製なら著作権法違反に当たる

    写真の無断複製について、文化庁の著作権課は、著作物に当たる写真には自然に著作権が発生するので、それを無断で複製すれば
    原則として著作権法違反に当たるとしています。

    著作権の侵害により、損害賠償の責任を問えるかは故意もしくは過失の有無によって判断されますが、
    中には「著作権フリーの素材だと思い込んでいた」などとトラブルになるケースもあるため、最近では一般の人の中にも自分の
    著作権であることを表記するケースもあるということです。

    今回、イメージ画像のもとになったと指摘されている羽田空港の写真の撮影者も著作権が自分にあることを写真に記していました。
    文化庁では「一般的には著作権者が記されているにもかかわらず、無断で写真を複製したのであれば、悪質な侵害の部類に入り
    著作権法に抵触するおそれがある」と話しています。

    ※抜粋しました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150901/k10010212111000.html

    ←今すぐ責任取って刑事告訴しろ!と思ったらクリック

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441102076/:
    【【文化庁パクリエイター問題責任逃れ!】佐野氏が無断転用の羽田空港写真には著作権が記載、文化庁「無断で複製なら原則として著作権法違反に当たる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: ストレッチプラム(北海道)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 20:16:45.10 ID:nKOt3wm40●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/button1_01.gif
     2020年東京五輪・パラリンピックの組織委員会の武藤敏郎事務総長(72)は1日の会見で、
    デザイナーの佐野研二郎氏(43)が公式エンブレムの展開例の流用を認めたと明かした。組織委は佐野氏が流用を一部認めたことがエンブレム使用取り下げの大きな判断材料になったとしている。

     先月28日に大会組織委員会が都内で開いた記者説明会で示されたエンブレムの展開例の画像について、
    インターネット上で2012年5月に個人ブログに投稿された写真と角度や人の位置が「まったく同じに見える」と指摘され「著作権侵害に当たるのでは」という声が相次いでいた。

     ブログの画像は天井に旗がつるされているが、説明会の画像では、旗の部分だけが五輪エンブレムと入れ替わっている。
    また、ブログ画像には著作権を示す透かし文字が入っていたが、説明会画像では消されていた。

     武藤氏の説明によると、佐野氏は展開例画像の流用を認め「もともと応募の際の内部資料のために使った。
    クローズド(公開されない)な部分で使うのはデザイナーとしてはよくある話。ただ、一般に公表する時に権利者の了解を取ることを怠った。
    既に原作者にアプローチはしていたが、不注意でした」と話したという。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000149-sph-soci

    ←いい加減覚悟を決めろ!と思ったらクリック

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441106205/:
    【【まだ言うか!】佐野氏、デザイン盗用認めるも「権利者に利用交渉中だった」一方の権利者初耳へwへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 河津落とし(庭)@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 19:14:47.85 ID:6RAaQe0z0.net BE:263277733-PLT(15000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
    デザイナーの佐野研二郎先生がデザインした『東京オリンピック2020』のエンブレム酷似問題は、最終的に「使用中止」という結末となった。

    委員会はエンブレムがパクリだと認めていないが、「世間の理解を得られそうにない」という理由で使用を中止するという。

    ・殺害指令
    2015年9月1日に開かれた「使用中止」を発表する記者会見に佐野先生が現れなかったことで、とんでもない事態に発展している。

    インターネット上で佐野先生に対するバッシングが加熱し、「殺害指令」ともとれる書き込みが、2ちゃんねるや「まとめサイト」に多数書き込みされているのだ。

    ・命にかかわる不謹慎な書き込み(一部引用)
    「擁護してた馬鹿どもも晒しあげて殺せ」
    「佐野の自殺報道を待ってる俺がいる」
    「マジで自殺しないかなあ」
    「これは自殺しに行ったか? まぁ自殺しなくても徹底的に追い詰めるけどな」
    「自殺するまでやるしかないな」
    「こいつの精神ズタズタになるまで追い込んで自殺するまで徹底的につぶせ」
    「殺せ」

    ・殺害をけしかける行為は許されない
    『東京オリンピック2020』のエンブレムは使用中止となったが、だからといって自殺に追い込んだり、殺害をけしかける行為は、けっして許されるものではない。

    まるで『デスノート』のキラに「殺してくれ」と名前を差し出しているかのようだ。

    彼が命を落とす必要は何ひとつない。そして、そのような書き込みはするべきではない。解決方法はシンプルなもので、このような事態になってしまった以上、佐野先生が謝罪し、適切な対応をすればよいのである。

    ・いちはやく公の場でコメント
    エンブレム使用中止の記者会見を欠席した佐野先生だが、いちはやく公の場でコメントを出すべきである。そうすることで、この事態が少しは鎮火するのではないだろうか?

    http://buzz-plus.com/article/2015/09/01/abunai-kiken/
    no title

    ←本当の被害者は国民です!と思ったらクリック

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441102487/:

    【【佐野!ウリは被害者ニダ!】東京五輪エンブレム使用中止で佐野先生に命の危険! ネットで殺害指令】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 18:46:04.08 ID:???*.net
    東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、ベルギーのリエージュ劇場のロゴとの類似が指摘され、
    同劇場などから国際オリンピック委員会(IOC)が提訴されていた東京五輪のエンブレムの使用停止を決定した。

    同エンブレムはアートディレクターの佐野研二郎氏がデザインしたが、7月24日の発表から“盗用疑惑”が浮上。
    先月28日に組織委が潔白証明のために公表した原案にも酷似したものが見つかり、
    この日、森喜朗会長、遠藤利明五輪担当相、舛添要一都知事などが臨時の調整会議を行い、使用停止を決めた。

    この日、佐野氏、審査委員代表を務めた永井一正氏と会談したという武藤敏郎事務総長は「3者一致で取り下げ、
    新たなエンブレム開発のスタートを切ることで事態解決する判断に至りました」と、説明した。

    会談に出席した佐野氏は「私のデザインが模倣だから取り下げるということはできない」としながらも
    「昼夜問わず、色んな誹謗中傷が続いている。デザイナーとして五輪に関わることは夢だったが、
    今や国民に受け入れられないということで、五輪のイメージに悪影響が及んでしまうことを考えると原作者として取り下げたい」と、白紙撤回に同意したという。

    決定打となったのは、8月28日に組織委員会が行った会見で、公表された佐野氏の原案、
    そして佐野氏側が制作したエンブレムの展開例として活用した風景デザインにも“パクリ疑惑”が浮上したことだ。

    原案は13年に東京・銀座で開かれたタイポグラフィの巨匠「ヤン・チヒェルト」の展覧会で使用されたロゴに酷似。
    展開例で使用した羽田空港や渋谷の背景は別の個人のサイトで公開された写真と酷似していた。これについて、組織委員会は佐野氏側に説明を求めていた。

    佐野氏はチヒェルト氏のロゴについては「展覧会を見に行きましたが、バナーがどういうものかは記憶にない。(エンブレムは)独自に作り上げました」と、“盗用”を否定。
    展開例については「応募の際の内部資料のために作った。

    クローズの場ではデザイン世界ではよくあること。公になる時に権利者の了解が必要になるが、それを怠った」と、釈明したという。

    デイリースポーツ 9月1日(火)18時34分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000062-dal-ent

    ←自分がパクっておいて被害者ヅラするな!と思ったらクリック

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1441100764/:
    【【パクリエイター佐野ブチ切れ!】佐野氏、盗用は否定も「昼夜問わず、色んな誹謗中傷が続いている。国民に受け入れられない」五輪エンブレム白紙撤回】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: くじら1号 ★ 2015/09/01(火) 18:38:15.60 ID:???*.net
     デザイナーの佐野研二郎氏(43)が制作した2020年東京五輪の公式エンブレムの使用を中止する方針が固まった1日、
    佐野氏の出身大で、現在は教授を務める多摩美術大(東京都世田谷区、八王子市)はこの日、「担当者が終日いないため、
    佐野教授の件に関しては何もお答えできません」とコメントした。

     佐野氏は、昨年4月の美術学部統合デザイン学科の開校に合わせ、教授に就任。来年以降、「佐野プロジェクト」と名付けられた
    3、4年生の授業を持つ予定で、現在は特別講義などで教べんを取っている。

     学校ホームページでは、佐野氏のエンブレムが選出を祝う内容を引き続き掲載している。佐野氏が寄せたコメントもあり「日本の
    デザインの力がいかに先人から継承され、進化したかをこれからも大胆に丁寧に形にしていこうとおもっています」と記されている。

     先月、サントリーのキャンペーン賞品のデザイン流用が明らかになった際には、大学側で事情聴取を行う予定であることを明言していたが、
    先月末の時点ではまだ実施できていないとしていた。

    http://www.hochi.co.jp/topics/20150901-OHT1T50127.html

    ←まだ佐野を擁護するとはバカだな!と思ったらクリック

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441100295/:
    【【佐野研二郎教授は永遠にです!】多摩美大HPは佐野氏コメント引き続き掲載「日本のデザインの力がいかに先人から継承されたか形にしていこうとおもっています」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: ◆PARIDAK.Ds パリダカ筆頭固定 ★ 2015/09/01(火) 17:16:30.76 ID:???*.net
     2020年東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場ロゴと似ていると指摘されている問題などを受け、
    大会組織委員会は1日、佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムの使用中止を正式に決定した。

    http://www.sankei.com/affairs/news/150901/afr1509010016-n1.html

    ←当たり前だ判断が遅すぎる!と思ったらクリック

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441095390/:
    【【佐野終了のお知らせ!】佐野氏デザインの使用中止を正式決定!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 08:42:12.72 ID:Q0JXSl2R0.net
    ・原案とヤンチヒョルトが似てる点
    ・イメージ展開図が外国人ブログ画像からのパクりな点

    オヅラ「ネット上にはご自由にどうぞっていうところもありますから、もしかしたらそこからとったかもわからないわけですしね」
    ま●こ「パクリかどうかの判断は私にはできませんが、デザインというものはヒトの心を感動させるということが目的なので、それさえ達成できていればこのままいくべきなんじゃないでしょうか」
    男「私は今のロゴを使うべきだと思いますよ。撤回すると話がややこしくなっていきますからね」

    なおイメージ展開図のcopyrightを佐野が削除したことは一切報道されず

    ←完全に佐野と繋がってるんだな!と思ったらクリック

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1440978132/:
    【【悲報】特ダネ、ほぼ全員が佐野擁護wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ランサルセ(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 02:49:25.98 ID:X12A1REy0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
    パクリ文化の奥深さという点で中国と双璧をなす韓国の、とある企業がまたやってくれそうだ。その企業は韓国
    最大手の自動車メーカー、ヒュンダイ(現代)自動車。販売台数が低迷しているうえ、ウォン高による輸出採算の
    悪化で厳しい経営が続く同社が起死回生を狙って年内にも投入する新型車が、トヨタ自動車のベストセラー車
    「プリウス」と酷似していると話題になっているのだ。そもそもパクリ疑惑には事欠かない現代自だが、よりによって
    トヨタの代名詞的な存在のプリウスにまで触手を伸ばすとは…。日本車キラーとして急速に世界で販売を伸ばした
    勢いがすっかり消え失せた現代自動車の苦境を一層鮮明にしているともいえそうだ。

    「似すぎている…」

    そう専門家たちを騒然とさせているのが、今年に入り、自動車専門メディアで開発状況とその姿が何度か
    “スクープ”されている、その名も「プリウスハンター(通称)」。

    http://www.sankei.com/premium/news/150831/prm1508310002-n1.html
    上が現代自動車が開発を進めているハイブリッド専用車「プリウスハンター(通称)」(ユーチューブから)。
    下がトヨタ自動車「プリウス」。ネット上などでシルエットが似ていると話題になっている
    no title

    ←また現代佐野たのか!と思ったらクリック

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1440956965/:
    【【プリウスにそっくりじゃね~か!】韓国現代自動車がモロパクリ その名も「プリウスハンター(通称)」wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: キングコングニードロップ(catv?)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 03:02:43.75 ID:NN3BMtSY0.net BE:538181134-PLT(15000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    大会組織委員会が28日の14時から行われたエンブレム選考過程ブリーフィングにて原案となるデザインが公開された。
    そのデザインは左上にある丸が右下にあり、Tを表している。
    しかしこの原案はIOCと組織委員会が商標調査したところ「商標が若干類似していたため修正させた」としている。
    その原案に類似しているデザインが発見された。

    それはヤン・チヒョルト展のイラストが原案エンブレムに類似していると指摘。このヤン・チヒョルト展はギンザ・グラフィック・ギャラリーで
    開催され、佐野研二郎氏も同じ場所で展示会を行っている。つまり知っている可能性が非常に高くなる。ヤン・チヒョルト展が
    開催されたのは2013年11月1日~2013年11月26日。つまり一昨年のことでエンブレムの公募が始まる前。

    このヤン・チヒョルト展のイラストはJとTの頭文字をロゴにしたもの。そのTの頭文字ロゴが原案に非常に類似していると指摘。
    エンブレムがリエージュ劇場の物と似ていると指摘されているため原案を公開したらその原案までも似ているロゴが浮上という
    本末転倒な展開になってきた。

    これはベルギーとの訴訟で不利になるのではないだろうか。このヤン・チヒョルト展のポスターのデザイナーが誰かは判明していないが、
    おそらく元のJとTの頭文字はヤン・チヒョルト本人がデザインしたものでそれを国内ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催する際に
    別のデザイナーがアレンジしたと思われる。明日ギンザ・グラフィック・ギャラリーに詳細を確認するので続報を待たれよ。
    まさかこのヤン・チヒョルト展のポスターを制作したのが佐野研二郎氏ということは……。

    http://gogotsu.com/archives/10956
    no title

    no title

    ←完全にパクってなるな!と思ったらクリック

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1440871363/:
    【【佐野エンブレム原案もパクっていた!】大会組織委員会が公表した佐野研二郎の東京五輪エンブレム原案にも盗用元があった疑惑浮上?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 小助 ★ 2015/08/30(日) 03:29:45.90 ID:???*.net
    BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 8月28日(金)8時2分配信

    アートディレクターの佐野研二郎氏(43)が手掛けた2020年東京五輪の大会エンブレムが発表されたのは7月24日。
    その後、ベルギーの劇場ロゴとの「酷似疑惑」が浮上したのはご承知の通りだが、
    ここへきて、エンブレムと同時に発表された「紹介曲」にも、深刻なパクリ疑惑が――。

     動画投稿サイトYouTubeの検索欄に「東京五輪」「エンブレム」「紹介」、とキーワードを打ち込むと、
    〈東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 エンブレム紹介(2分20秒版)〉という動画がヒット、
    再生ボタンをクリックするとエンブレムの紹介曲を聞くことが出来る。
    目下、関係者の間でそれと「酷似している」と指摘する声が上がっているのが、オーストラリア人の
    Jonathan Boulet氏が5年前に作った「You're A Animal」という楽曲。こちらもYouTubeで視聴可能だ。

    両方の曲を聞いてみると、躍動感のある打楽器のリズム、スピード、コーラスの入り方や旋律までそっくりだが、専門家はどう見るか。

    ■トヨタのテレビCM
    「まず、打楽器が使われている部分を音圧分析すると、五輪の方が148BPM(1分間で148のリズムを刻んでいる)、
    Jonathan氏の方が140BPM。8BPMの差は一般人には聞き分けがつかないほどで、これは非常に似ていると言っていいでしょう」

    そう話すのは、音響研究所所長の鈴木松美氏だ。
    「次にコーラスの部分ですが、最初のメロディーの頭から3つ分の音符が一緒。その後のキーも、全体的に非常に似ている。
    コーラスが、エコーを掛けた部分を含めて5秒間伸びている点でも一致しています」

    エンブレム紹介曲の制作を統括したのは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のクリエーティブ・ディレクターとして
    エンブレムの審査委員も務め、大手広告代理店「電通」の社員でもある高崎卓馬氏。組織委戦略広報課の担当者が説明する。

    「作曲は主にアメリカで活動をしているFumitake Igarashi氏とYohei Nakamura氏によるもの。(音楽プロデューサーの)福島節氏も
    制作スタッフの1人として参加しています。(彼らは)高崎が、仕事で出会った信頼のおけるメンバーです。
    今回の件について、高崎は“パクリなどではない。完全なオリジナル曲だ”と話しています」

    しかし――こんな“気になる証言”がある。

    「実は、Jonathan Boulet氏の『You're A Animal』は7月4日から全国で放送されている『TOYOTA GAZOO Racing』のテレビCMで使われています」
    とは、CM制作に詳しい関係者である。

    「そして、そのトヨタのCM制作において、クリエーティブ・ディレクターなどを務めていたのが電通の高崎氏、音楽プロデューサーが福島氏なのです。
    こうした背景をみると、エンブレム紹介曲を“オリジナル”と主張するのは非常に苦しいように思います」

    スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏が慨嘆する。
    「東京五輪を巡っては、とにかく人材が低劣なのが目立つ。だからこそ次々と問題が発覚し、音楽のパクリ疑惑まで出てくるのです」

    もはや誰も、「パクリ天国」中国のことを笑えまい。

    「ワイド特集 陽炎の人」より※「週刊新潮」2015年8月27号

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150828-00010003-shincho-soci

    ←舛添今すぐ五輪関係の関係者全員公開しろ!と思ったらクリック

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1440872985/:
    【【東京五輪今度は紹介曲がパクリだった!】東京五輪エンブレム「紹介曲」にも浮上した深刻なパクリ疑惑〈週刊新潮〉】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報