スマートフォン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    19c244d58ebbaec492b8aa1f705797fba810b3321417086379[1]

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 19:39:38.45 ID:???.net
     中国メディアの一財網は16日、中国のスマートフォンメーカーの躍進を受け、韓国のサムスン電子の中国市場におけるシェアが
    「急速に縮小している」と伝え、サムスンがかつてない試練に直面していると報じた。

     記事は、市場調査会社のIDCのデータを引用し、2014年第4四半期における中国市場のスマホ出荷台数ベースで、
    サムスンのシェアが年初の20%から8%まで減少したことを紹介した。

     続けて、IDC中国のアナリストの発言として、15年第1四半期においてもサムスンの中国市場での出荷台数は引き続き
    低迷する見通しと伝え、中国市場でシェアを高めている中国メーカーが15年になって「海外市場への攻勢を加速させている」と報じた。

     さらに、中国市場におけるサムスンの現在の境遇について「ハイエンド市場ではアップルと華為技術(ファーウェイ)が、ローエンド市場では
    小米科技(シャオミ)が攻めており、サムスンは上下からの攻勢を受けている」と指摘。

     続けて記事は、世界最大のスマートフォン市場である中国において、サムスンとファーウェイのターゲット層が“かぶっている”とし、
    「サムスンにとってディスプレイ以外にほかのメーカーと差別化できる要素がなくなっている」と指摘。

     また、コストパフォーマンスの高さを武器にシャオミが出荷台数を伸ばしていることを指摘し、「サムスンのスマホ事業は今なお
    危険な状況を脱することができていない」としたうえで、「サムスンのスマホの売り上げおよびシェアが大きく変動しているなかで、
    世界のスマホ市場の主導権をめぐる局面は今後も変動する見込みだ」と論じた。

    (編集担当:村山健二)

    Yahoo!ニュース サーチナ 4月18日(土)15時27分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00000038-scn-cn

    ←そもそもサムスンを選ぶ理由がないだろと思ったらクリック

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1429353578/:

    【【断末魔韓国経済】サムスン「スマホの中国市場が急速に縮小、危険な状況から脱せず!!」 ハイエンド市場とローエンド市場もライバルだらけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    line_header[1]

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/11(水) 12:37:02.44 ID:cKk7Pnqn0.net
    9割以上の中高生が知らなそうw

    ←今では誰でも知っているだろと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1426045022/:

    【LINEが韓国製と知らずに使ってる間抜けwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2ab2aa63[1]

    1: 野良ハムスター ★ \(^o^)/ 投稿日:2015/02/23(月) 08:52:31.64
    日本の電機メーカーをごぼう抜きにし、スマホ事業の世界シェアで一時はアップルまでも凌駕した
    サムスンが苦境に喘いでいる。シェアも利益も右肩下がりとなり、ついには“サムスンの頭脳”とされる
    日本法人の本拠地を手放すとの情報まで浮上した。

    オフィスビルや高級レジデンスの建ち並ぶ東京・六本木一丁目駅前で、ひときわ目を引く
    モダンなデザインの高層ビルが「六本木ティーキューブ」だ。
    サムスンが三井不動産との共同事業として開発し、2003年10月に竣工した地上27階建てのビルである。
    長崎のハウステンボスなどを設計した事務所がデザインし、1~20階はオフィス層、
    その上層はレジデンス(住居)になっている。

    2012年の組織改編前まで日本サムスンの本社ビルとして機能し、現在もビルの看板には
    サムスン電子ジャパン、サムスン物産、サムスン証券などの名前が並ぶ。
    同グループの日本法人がオフィス層の上部にあたる16~20階を占めてきた。
    六本木ティーキューブは、快進撃を続けてきたサムスンにとって栄華の象徴であった。
    その自社ビルを明け渡すというのである。

    六本木の物件を扱う不動産仲介業者は、すでに「次のテナント探し」が始まっていると明かす。

    「今までサムスンの日本法人が入居していた16階部分が、2月10日に『即入居可』として
    テナント募集を開始しました。他のフロアでも移転準備が進んでいます」

    サムスン電子ジャパンだけでも数百人が六本木のビルに勤めているため、移転先も話題となっている。
    別の仲介業者はこういう。

    「サムスン電子ジャパンは3月に千代田区の飯田橋駅に近いオフィスビルに移る予定が決まったと聞いている。
    三井不動産が開発して昨年完成した、商業棟に隣接する物件だ。2月中旬には周辺の不動産業者に
    『サムスンがビルの持ち分を売りに出すことを検討している』との情報も出回った。
    三井不動産がサムスンの持ち分を買い取るのではないかといわれている」

    三井不動産は取材に対し、「回答は控えたい」とするのみだった。
    共著に『サムスン・クライシス』(文藝春秋刊)がある経済ジャーナリスト片山修氏はこうみる。

    「六本木ティーキューブは、サムスンの日本進出50年を記念して建てられたビルです。
    日本メーカーを次々と追い抜いていった同社の勢いを象徴する存在でした。
    売却情報が事実であれば、現在のサムスンの苦境が反映されてのことだと考えられます。

    サムスンの経営は信賞必罰で、 からなければその部門のトップは厳しく責任を問われる。
    日本市場でスマホ事業が不振に陥り、コスト削減からビル売却の方針が決められた可能性があります」

    サムスン電子ジャパンの広報担当者は取材に対し、
    「六本木のビルを出て3月に飯田橋に移転する予定なのは事実」と、移転情報を認めた。

    ただし、「ビルを所有するのはグループ内の別会社。所有分を売却するかどうかは答えられない」とも語った。
    その上で、今回の移転は後ろ向きな理由によるものではないと説明する。

    「サムスン電子ジャパンは、都内では六本木の他にも2か所オフィスを持っていたが、
    分散していては業務効率が悪くなる。それを改善するための移転だ。新しいオフィスでは約580人の社員が
    働くことになり、スペースとしては現在の3か所のオフィスを合わせたフロア面積よりも広くなる。

    各所から苦戦といわれるが、当社としてはスマホ含め日本での事業拡大のための移転だと考えている。
    ブランド投資も営業も強化していくつもりだ」

    「SAMSUNG」のロゴが最上部に設置されているビルを出ることが、事業拡大のための前向きの決断だとする
    言葉はそのまま額面通りには受け取れないが、担当者は日本市場で諦めない意気込みを見せた。

    ※週刊ポスト2015年3月6日号
    http://www.news-postseven.com/archives/20150223_305268.html

    ←今すぐ日本から撤退しろと思ったらクリック

    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1424649151/:

    【【断末魔韓国経済】 サムスン 「自社ビルを六本木から飯田橋に移転!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ホルホル ニダ

    1: キングコングニードロップ(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 17:57:28.16 ID:IC/r4W2Q0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/004.gif
    スマートフォン世界最大手の韓国サムスン電子は、世界市場のシェア争いで苦戦している。中国勢の台頭のほか、米アップルの急追が要因。
    サムスンは新製品投入などで巻き返しを図る。現地紙コリア・タイムズなどが報じた。

     米調査会社IDCによると、昨年10~12月期の世界スマホ市場のシェア(出荷ベース)でサムスンは首位を守ったものの、
    シェアを前年同期の28.8%から20.0%に落とした。

     一方、米アップルは「iPhone(アイフォーン)」の新機種が好調で19.9%(前年同期は17.4%)と首位に肉薄。
    3位以下の中国勢も低価格を武器に聯想(レノボ)が前年同期の4.8%から6.5%、華為技術(ファーウェイ)が5.7%から6.3%、
    小米科技(シャオミ)が2.0%から4.4%と軒並み拡大した。

     サムスン電子が発表した昨年10~12月期の携帯・IT(情報技術)事業の営業利益は、
    前年同期比64.0%減の1兆9600億ウォン(約2120億7200万円)。
    同社幹部は「今年は革新的な高価格帯製品を発売する」と述べるなど、引き続き高・低価格の両製品に注力して首位の座を守りたいとの見解を示した。
    http://biz-journal.jp/sankeibiz/?page=fbi20150216023

    ←高級なサムスンなんて必要ねぇよと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1424163448/:

    【【韓国経済大復活!】 サムスン、「高級スマートフォンでシェア巻き返しへ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 10:12:36.96 ID:???.net
    来月ベールを脱ぐギャラクシーS6には、両側面にもディスプレーが搭載されるデュアルエッジが適用される見込みだ。

    12日のブルームバーグと主要情報技術(IT)専門メディアによると、サムスンギャラクシーS6は平面ディスプレーを搭載した
    「フラット型」モデルと曲面(カーブド)ディスプレイが適用された「デュアルエッジ型」モデルが発売される。

    サムスン電子は昨年初めてスマートフォンの片方の側面にディスプレーを装着した「ノートエッジ」を出した。今回は両側面に
    ディスプレーを搭載している。よく使うアプリ機能とメッセージ・ニュースなどが側面ディスプレーに表示される。両側のディス
    プレーにそれぞれ異なる機能を登録し、実行できる。

    海外IT特許専門サイト「Patently Mobile」によると、サムスンディスプレーは先月27日、米国特許庁に「デュアルエッジ
    スマートフォン」のデザイン特許登録をした。

    ギャラクシーS6の画面の大きさは前作と同じ5.1インチを維持し、2560×1440の超高画質解像度ディスプレー、
    アプリケーションプロセッサ(AP)Exynos7420、2000万画素背面カメラなどを搭載する。

    デザインも従来のギャラクシーSスタイルから大きく変わる。本体の素材はプラスチックではなくメタル素材を選択した。
    またデザインを生かすためにバッテリーと本体を一体型に設計した。バッテリーを交換できないという一体型の弱点を補完
    するため、ギャラクシーS6が無線充電機能を採択するという見方が出ている。

    ソース:中央日報 2015年02月13日08時18分
    http://japanese.joins.com/article/615/196615.html?servcode=300&sectcode=330
    来月ベールを脱ぐギャラクシーS6に、両側面にもディスプレーが搭載されるデュアルエッジが適用される見込みだ。
    no title

    ←両側面にあったら使いにくいだろと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1423789956/:

    【【サムスン迷走!】 サムスン、「新型ギャラクシーは両側面にもディスプレー搭載!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3c7f60a2[1]

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 20:52:05.23 ID:???.net
    サムスンが日本で惨敗、自国に次ぐ重点市場に据えていたが・・中国ネット「日本人は辛抱強くて謙虚」「韓国好きって...」 (FOCUS-ASIA.COM) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150212-00000027-xinhua-cn&pos=4


    11日付の中国メディア・IT之家は、サムスン電子が昨年発売したスマートフォン「Galaxy Note Edge」の販売戦略で日本を韓国に次ぐ
    重点市場に据えたものの、現実は期待通りにはいかなかったと報じた。

    韓国メディアのビジネス・コリアによると、サムスンは日本人ユーザー獲得に重点を置いた販売戦略を定めたが、結果は惨敗で、「Galaxy 
    Note Edge」は数万台しか売れていない。日本市場でのシェアはアップルやソニー、シャープに押され、2年連続でトップ5にも入り込めない
    状況だ。

    サムスンの関係者も「日本では利益が出ず、赤字ばかりだ」と漏らしていることから、日本市場からの撤退も考えられるとの見方が出ている。

    この報道に中国のインターネット・ユーザーたちから続々とコメントが集まった。一部を拾ってみる。

    「日本人は絶対にソニーとか国内企業を支持するだろ」
    「日本人が一番軽蔑しているのが韓国人だよね・・・」

    「昔、サムスンがソニーやシャープ、パナソニックにしたことを思い出してみれば、売れないのは当然だ」
    「サムスンのスマホはダメ。マジで使いたくない」

    「日本人が謙虚なのは、自信があるから。韓国人が傲慢なのは、卑屈だから」
    「日本人は辛抱強くて謙虚。一番嫌うのは韓国人みたいに卑劣な民族だ」

    「韓国好きって中国人ぐらいだろ」
    「中国と日本の友好は韓国頼み」

    「韓国の街の中ではあちこちでサムスンの名前を見るけど、日本でソニーはみないな」

    (編集翻訳 恩田有紀)

    ←わざわざ韓国製品を選ばねぇよと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1423741925/:

    【【断末魔韓国経済】 サムスン 「自国に次ぐ重点市場の日本で惨敗!!」 = 中国ネット「日本人が一番軽蔑しているのが韓国人」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/01/03(土) 18:55:30.72 ID:???.net
    (画像)
    no title


     中国メディア・cnBetaは12月29日、サムスンが2014年8月に発売したアルミフレーム製スマートフォン
    「Galaxy Alpha」について、サムスンの「お膝元」である韓国本土で酷評を浴び、売れ行きが散々な状態であると報じた。

     記事は、同機種に対して韓国国内のネットユーザーの多くから「金属の材質を用いたGalaxy Alphaに非常に失望した」
    などとネガティブな評価が寄せられたと紹介。その理由について「彼らは同機種がアップル社のiPhone 5に多くの部分が
    似ていると認識したからだ」と伝えた。そして、同機種の韓国本土での売れ行きが良くないことを挙げ、「ネットユーザーの評論が
    単なる『ツッコミ』に留まらないことを説明している」とした。

     記事は、サムスンのスマートフォンとiPhoneとの最大の違いは本体の材質であると説明。長年プラスチックを使用してきた
    サムスンが金属ボディの機種を発売したことは、携帯電話市場における新たなスタンスであり、その戦略を試したことの表れであると
    解説した。しかし、外観が「iPhone 5のパクリ」と見られてしまった同機種は市場に認められず、サムスンの大本営であるはずの
    韓国の消費者さえそっぽを向く結果になってしまったと伝えた。

     さらに、11月の台湾エリアにおけるスマートフォン販売数ランキングで、上位5機種のうち4機種がアップル製品であり、
    サムスンはGalaxy Note4の1機種しか入らなかったと併せて紹介。米マイクロソフトに買収されたフィンランドの電気通信
    機器メーカーであるノキアを連想させ、「まさか、ノキアのパターンではあるまいな」と評した。

    (編集担当:今関忠馬)

    サーチナ 2015-01-02 22:21
    http://news.searchina.net/id/1555777?page=1

    ←韓国人にも在日にも買ってもらえないんだなと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1420278930/:

    【【断末魔韓国経済】 サムスン、「お膝元の韓国でも売れず!!」 2014年8月発売の金属フレーム製スマホ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 20:10:03.90 ID:???.net
    サムスン電子がインテルと共同開発したスマート機器用のOS(オペレーションシステム)タイゼン(Tizen)を広めるための勝負の賭けに出た。
    6日に米国ラスベガスで開かれる国際家電展示会「CES2015」でタイゼンOSを採用したスマートテレビを初公開するという計画がそれだ。
    これを機に今後すべてのスマートテレビにタイゼンを採用するということだ。サムスンが強みを持つテレビを踏み台にタイゼンの生態系を広げる
    という意図だ。果たしてサムスンの勝負の賭けは通じるだろうか。

    これまでサムスンは脆弱なOS問題に悩まされてきた。一時は日本企業との協力を模索し、ノキアMSなどとの合弁も検討した。そのうちに
    アップルの登場で状況が差し迫ってくるとサムスンはグーグルアンドロイドを選択し、これをベースにスマートフォントップ企業にのし上がった。
    だがアンドロイドだけでは限界があるとみて自社OSを絶えず試みてきた。独自OSパダに続くタイゼンがそれだ。しかしスマートフォン時代に
    空しく譲り渡したOS主導権を握ることはなかなか簡単ではなかった。その間にスマートフォン、ウェアラブル、家電機器などをつなげるIoT
    (モノインターネット)時代が開かれ始めたのだ。サムスンがタイゼン拡散の先頭としてテレビを選択したのは、このような背景のためだろう。

    テレビならばサムスンが世界市場で不動の1位を守っている分野だ。計画どおりなら今年3000万台以上のタイゼン内蔵テレビを出すことが
    できる。ほんの数年でその数は1億台を超えるだろう。タイゼンを広めるためにテレビほどの舞台もない。しかもグーグル、アップルがそれぞれ
    テレビ用OSを準備する中で、これ以上時間を遅らせることもできない状況だ。

    テレビがスマートフォンと共にIoT時代に各種家電機器を制御する中枢のハブ役を果たすはずだということに異議を唱える人はいない。それだけ
    にIoT時代の主導権を狙ったOS競争は激化せざるをえない。PC時代がモバイル時代へと変わりながらマイクロソフト(MS)のウィンドウズが
    崩れるようにOSも永遠の強者はいない。サムスンとしては、スマートテレビを踏み台にしてスマートフォンOSを逆手にとって参入できるだろう。
    とにかくタイゼン拡散の成否は、サムスンがIoT時代の市場先導者になれるかどうかを判断する重要な試験台になる展望だ。

    ※本記事の著作権は「韓国経済新聞社」にあります。

    ソース:韓国経済新聞/中央日報 2015年01月02日14時14分
    http://japanese.joins.com/article/779/194779.html?servcode=100&sectcode=110

    ←失敗しても訴えるなよと思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1420197003/:

    【【韓国経済大復活!】 サムスン「市場先導の座を狙う!」 「サムスン・インテル共同開発のOS『タイゼン』で賭けに!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ギャラクシー

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 16:25:28.50 ID:???.net
    近頃のように口をあんぐりと開けるようなニュースがあふれる中、唯一外信に乗って入ってきた「小さなニュース」の1つが目についた。
    フィンランドのサーキュラー・デバイス(Circular Devices)が「パズルフォン(Puzzle Phone)」という組み立て式スマートフォン
    (モジュラースマートフォン)を来年4-6月期に発売するという発表だった。モジュラーフォンは言葉どおりカメラ・液晶・バッテリーといった
    各種機能のモジュールを“プラモデル”のように直接組み立てて作るスマートフォンだ。

    このようなモジュラーフォンのアイデアは、今春グーグルが発表した「Araプロジェクト」以来、いち早く実現される印象だ。グーグルは来年1月、
    つまり来月50~100ドル程度のモジュラースマートフォンキットを出すと明らかにした。グーグルの発表と類似するように、中国のZTEも組み
    立て式スマートフォン「エコ・メビウス」の試作品をリリースし、ノキア出身者が共同創業したフィンランドのスタートアップ企業もモジュラーフォン
    を発売すると発表した。またグーグルは、各部品間のインターフェースやソフトウェアなど生産に必要なすべての技術を公開することにした。
    望めば誰でも部品を作って供給してほしいということだ。中小企業や奇抜な開発者のアイデアが加わわれば独創的なデザインの簡単な
    スマートフォンキットが出続ける可能性があるということだ。

    スマートフォン市場の場合、性能はさらに加わることもなく発達し、プレーヤーは増えて製品は平準化された。一時は羨望の的だったスマート
    フォンは、もはや日常生活用品になりつつある。どんな製品でもこの頃は市場のパラダイムが変わる変曲点だ。もちろんモジュラーフォンが
    ポスト・スマートフォン時代の主役になると予断はできない。

    モジュラーフォンについて韓国内の専門家やスマートフォンメーカーの担当者はすっきりしない。実験的で市場成長には限界があるというのが
    共通した意見。「デザインや快適性も重要だが、組み立てフォンがこうした欲求を満たすことができるだろうか」。「スマートフォンは機能よりも
    文化を享受する商品という点でプレミアムフォン戦略は依然として有効だ」。多数の消費者は冒険よりも安全性と便宜性を追うという点で、
    複雑なスマートフォンを自ら作ろうと立ち向かう冒険は一部のマニア層にとどまる可能性もあるとも述べた。

    ソース:中央日報 2014年12月25日15時15分
    http://japanese.joins.com/article/507/194507.html?servcode=100&sectcode=120

    ←プラモデルすらまともに作れないだろ!と思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1419492328/:

    【【断末魔韓国経済】スマートフォン「プラモデルのように作れば…!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    サムスン

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/12/23(火) 14:24:33.81 ID:???.net
     「OnePlus One(ワンプラスワン)」は今年5月、中国の新設ベンチャー企業「OnePlus」が初めて発売したスマートフォン(多機能携帯電話
    端末)だ。価格は35万ウォン(約3万6000円)程度と、サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS5」(販売価格89万ウォン=約9万2000円)
    の半分以下だ。だが、韓国スマートフォンメーカーのハードウェア開発責任者の助力を得てこの製品を分解し、テストしたところ、品質や性能
    は韓国最高級スマートフォンのギャラクシーS5やLG電子の「G3」に全く劣らないことが分かった。

     まず、外装の品質からして「合格点」だった。金属やセラミックなどの高級素材は使われていないが、プラスチックを精密に加工して高級感
    を出している。主要部品は韓国製スマートフォンとほぼ同じものを使っていた。スマートフォンの頭脳の役割を果たすアプリケーションプロセッサ
    (AP)は米クアルコムの最高級品「スナップドラゴン801」で、ギャラクシーS5やG3と同じ部品だ。

     記憶装置のRAMはサムスン電子の製品で、3ギガバイト(GB)を搭載している。ギャラクシーS5(2 GB)よりも容量が大きい。RAMの容量が
    大きいほど、インターネット検索やアプリケーション(アプリ、応用プログラム)の速度が速くなる。

     日本製の電子部品も多く内蔵されていた。データ記録用のフラッシュメモリーは東芝、カメラのセンサーはソニーの製品だった。液晶画面も
    ジャパンディスプレイの5.5インチ高解像度(フルHD)製品を使っていた。主な部品のうち、中国製品はカメラの駆動部分に使われていたサニー
    の部品だけだった。サニーは高い技術力を認められ、米グーグルのタブレットPCにも主要部品を供給している。

     性能も韓国の製品に負けていない。2種類のスマートフォン性能評価プログラムを10回以上繰り返して実施した結果、ギャラクシーS5とほぼ
    同等の性能を示した。製品テストに参加した専門家は「設立から1年もたっていない会社がこれほどレベルの高い製品を出すとは驚きだ。
    高級部品を使いながらも価格を35万ウォンに抑えているのだから、韓国企業が価格面で太刀打ちするのは厳しそうだ」と話している。

    ソース(Yahoo・朝鮮日報) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141223-00001618-chosun-kr

    OnePlus (16GB 299ドル、64GB 349ドル)
    https://oneplus.net/
    https://content.oneplus.net/skin/frontend/oneplus2014/default/images/product-pages/one/localization/composition-main.jpg

    ←もう敗北宣言しろよ!と思ったらクリック

    http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1419312273/:

    【【断末魔韓国経済】 「中国製スマホの猛追でサムスンが危機!」 性能面でも性能は劣らず、価格で負けている!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報