たかり

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝鮮学校

    1: そーきそばΦ ★ 2013/10/10 13:02:06
    横浜市が朝鮮学校に支給している補助金の交付を国際情勢に応じて停止できるよう、要綱を変更する考えを明らかにした。
    すでに県も補助金を打ち切っているが、子どもの学びやに政治の問題を持ち込むのは道理に合わないと私は思う。同時に、
    朝鮮学校へ向けられる国や自治体のまなざしに、司法の場で「人種差別」と断じられたヘイトスピーチ(憎悪表現)に通じるものを感じている。

     朝鮮学校の関係者は戸惑いとともに振り返る。「われわれは、それを『ミニ日朝会談』と呼んでいます」

     ことし2月、北朝鮮が核実験に踏み切った直後のことだ。県の担当者から電話が入った。
    「どのように考えているのかコメントを出してほしい」。いわく、県による補助金の支給が、
    今のままでは県民の納得が得られず、継続するのが難しいという。

     朝鮮学校は運営しているのも、教員も、通っている子どもたちも、日本で生まれ育ち、骨をうずめていく在日コリアンだ。
    北朝鮮政府の代表でもなければ、代弁者でもない。

     「ここは学校で、われわれは子どもたちに勉強を教えているだけなのに。核実験をしてすいませんと言えば、
    補助金を出してもらえるのか。まるで人質を取られた気分。担当者は上からの指示を受けているだけなのでしょうが」

     北朝鮮が人工衛星の打ち上げと称して弾道ミサイルの発射実験を行ったと報じられた際も、同じように見解を求められたという。

     数日後、黒岩祐治知事は補助金の打ち切りを発表した。

     「朝鮮学校と北朝鮮は違うという声は承知している。子どもに罪がないことも重々分かっている」

     県議会での答弁は、核実験を理由にした補助金打ち切りが道理にかなっていないことを認めながら、
    理不尽にも子どもたちに制裁を肩代わりさせることを物語っていまいか。

    ソース 神奈川新聞
    http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1310100004/
    (続)

    【【神奈川新聞】朝鮮学校への補助金打ち切り、ヘイトスピーチに通じるものを感じる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    イ・フィソ

    1: 頭突き(愛知県) 2013/10/10 09:17:32 ID:NvLIMU7T0
    2013年ノーベル物理学賞受賞者に英国の理論物理学者、ピーター・ヒッグスとベルギーのフラン
    ソワ・アングレールが発見から半世紀ぶりに選ばれた。

    今年3月ヨーロッパ原子核共同研究所がこの粒子の存在を公式に確認した。
    ヒッグス粒子の存在はアインシュタインの相対性理論を越える科学界の革命的な研究成果と評価されており、
    ヒッグス粒子という名前を付けたのは、悲運の韓国人天才物理学者イ・フィソ博士であった。

    パク・インギュ、ソウル市立大教授とチェ・スヨン高麗大教授など韓国人学者20人余りも
    ヒッグス粒子研究論文に名前を上げており、今回のノーベル物理学賞に韓国人を含むかどうか
    関心事だったが、ついになされなかった。

    詳細 韓国紙 アジア経済(ソース韓国語) 2013/10/9 ”ヒクスノーベル物理学賞、発見半世紀ぶりに受賞...韓国人は無し”
    http://stoo.asiae.co.kr/news/stview.htm?idxno=2013100912151664538

    【【速報】 韓国 「ヒッグス粒子は韓国人が考えた。韓国にノーベル賞はないのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: HONEY MILKφ ★ 2013/10/09 08:29:07
    (写真)
    no title


    「多くの開発途上国が韓国はどうやって貧困・文盲退治を1世代(30年)ぶりに成し遂げたか知り
    たがります。その秘訣を研究して、開発途上国に伝えます」

    国連開発計画(UNDP)のレベッカ・グリンスパン副総裁(写真)は7日、本紙とのインタビューで
    UNDPが韓国のセマウル運動に注目する理由についてそのように話した。UNDPは先月27日、
    国連総会が開かれた米ニューヨークで韓国外交部と業務協約を結んで、セマウル運動を国際
    社会の代表的な農村開発事業モデルに発展させていくことにした。

    農村開発および都農格差の解消は、国連が定めた「新千年開発目標(MDG)」の移行計画の中
    で最も遅れを取っている分野。韓国の農村開発経験を伝授してほしいという開発途上国の要請が
    相次いでいることを受け、UNDPがこれを反映して協約を締結した。コスタリカ副大統領出身の
    グリンスパン副総裁は、15年に満了するMDGに代わって次世代国際開発目標を樹立するため
    の「ソウル・ポスト2015コンファレンス」に出席するため、韓国を訪問した。同氏は、「韓国は公的
    開発援助(ODA)の対象国から支援国になった初の成功ケースだ」とし、「その経験を他の開発
    途上国が『コピー』したら、持続可能な開発に役立つだろう」と見通した。

    グリンスパン副総裁は、対北朝鮮人道的支援と関連し、「相対的に小さい規模にもかかわらず、
    対北朝鮮支援のための財源確保に日常的な困難があり、対北朝鮮制裁によってその困難が
    強まっている。韓国など関係国の財源貢献を期待している」と話した。同氏は、「UNDPが関心
    を傾注している分野は母子保健や山林緑化などの環境問題だ」とし、「北朝鮮政府ではなく、
    そこに住んでいる住民を助けることであるだけに、国際社会が対北朝鮮人道的支援に関心を
    持ってほしい」と強調した。

    ソース:東亞日報
    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013100910198
    http://news.donga.com/3/all/20131009/58094113/1

    【【韓国】「1世代で貧困から脱出した韓国、その秘訣は何ですか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    火病





    1: 九段の社で待っててねφ ★ 2013/07/30 11:57:24
    冷静さ失った政権が導く先は?

     「恨(ハン)」に突き動かされた韓国の暴走が止まらない。先頃も、朴槿恵大統領は中国の習近平
    国家主席に、中国のハルビン駅に、伊藤博文を暗殺したテロリスト、安重根の銅像を建ててほしいと
    依頼した。

     経済評論家の三橋貴明氏は、「韓国人あるいは韓国の政治家の異常な行動の基盤になっているのは、
    基本的には劣等感である。すなわち、世界最長の皇統を戴(いただ)く隣国『日本』に対する
    『羨(うらや)ましい!』『妬ましい!』という思いこそが、彼らを反日へと突き動かすパワーなのだ」
    「彼らの劣等感が『歴史』に起因している以上、韓国の反日に終わりはない」と指摘する。


    【日本に「劣等感」持ち続け自滅する韓国】の続きを読む

    このページのトップヘ

    売国速報