1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 09:35:23.17 ID:???.net
(写真)
no title

▲ ソウル大学校アジア研究所提供
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

安倍政権になって、日本国内で歴史的事件をめぐる既存の視点を再解釈しようとする歴史
修正主義的な動きが強くなり、言論も弾圧するなど日本の民主主義が脅威を受けているという
現地メディア編集委員の証言が飛び出した。

ソウル大学アジア研究所は16日の午後、校内にあるアジア研究所のヨンウォンホールで
『慰安婦問題と戦後の日本』をテーマにセミナーを開いた。

この日のセミナーには、昨年朝日新聞の慰安婦関連記事の誤報が韓日関係を含む国際社会
に与えた影響を調査するため、設けられた『第三者委員会』のメンバーである東京大学の
林香里教授と、朝日新聞の豊秀一記者が発表した。

豊記者は、「国際的に慰安婦問題を戦時性暴力と見て、女性の人権問題で認識しようとする
風潮が現われた一方、日本国内では歴史修正主義的な動きが強まった」とし、「2005年には
全ての中学校検定歴史教科書から“従軍慰安婦”という記述が削除され、現在は高等学校の
一部の教科書でのみその記述を見る事ができる」と明らかにした。

引き続き、「このようなメディアの状況に加え、安倍政権が誕生して歴史修正主義的な範囲が
広くなった」とし、「日本国内では“嫌韓・憎中”敵国主義が高まる傾向を見せて、これと共に
インターネット上では“慰安婦は朝日新聞の捏造”などのデマが広がった」と説明した。

また慰安婦問題を1991年に朝日新聞で最初に報道した植村隆元朝日新聞記者に対する
個人攻撃が行われ、植村氏に脅迫文が送られたり高校生の娘が殺害の脅迫を受けて警察が
自宅周辺を警備する事件も発生したと証言した。

同時に、「慰安婦問題は戦時体制の下で傷ついた女性の尊厳をどのように回復するかという
人権問題」だとし、「主流化する歴史修正主義を克服して、慰安婦問題をどのように解決する
かの論議を展開して行くのが日本社会の民主主義の方向と密接に関わっている」と主張した。

先立って、植村の報道後に続いた朝日新聞の慰安婦報道が偽りだという右翼の攻撃が続くと、
朝日新聞は昨年8月、自らの検証を通じて慰安婦と関連した記事のうち済州島(チェジュド)
で多数の女性を強制連行して慰安婦に利用したという、吉田氏の証言などを取り消している。

一方、この日セミナーは韓国挺身隊問題協議会実行委員と同時に元国連人権小委員会の
委員を歴任した鄭鎮星(チョン・ジンソン)ソウル大学教授の司会により、パク・ジョンエ東国
大学教授とカン・ソンヒョン聖公会大学研究教授の討論で行われた。

ソース:NAVER/news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=421&aid=0001682078

←売国奴は死刑にしろ!と思ったらクリック

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1445042123/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」