1: ニライカナイφ ★ 2015/09/30(水) 20:52:29.23 ID:???*.net
◆「優しくない」…難民が避ける国、フランス

ドイツ、スウェーデン、オランダでのより良い生活を夢見て、
欧州への危険な旅に出る難民たちの口から行き先として出ない国がある
──フランスだ。

■難民の子どもが描いた「シリア内戦」と「ドイツ到着」

欧州2位の経済力を誇り、かつては難民申請者の約束の地だったフランスは
なぜ避けられているのか? 

「フランスは私の未来に良いと思わない。
何より、居住許可が出にくいことで有名だ」と、
イラク・バグダッド出身でフィンランドへ向かうという男性(24)は
AFPにそのように話した。

さらに、フランスへと向かうことは、「お役所仕事」と英語を話そうとしない
不親切な公務員のせいで、何か月間も屋根なしの生活を送ることを
意味するとのうわさも広まっている。
約350万人が失業中という同国の経済状況も魅力的には映らないのは
言わずもがなだ。

フランスは「観光に訪れるのはいいが、仕事は見つからない」と、
シリア出身のアブドゥルラーマンさん(26)は言う。

フランソワ・オランド仏大統領は今月、
最大1000人の難民を受け入れると発表した。
毎日、何千人もの難民の流入に対応しきれなくなったドイツを
助けることを意図したものだった。

フランス政府はすぐに独ミュンヘンに移民担当職員を送り、
フランスで難民申請をするよう難民たちの説得を試みた。

しかし、手配したバスに乗ってフランスにやって来た人の数は
600人に満たなかった。今のところ、この数が増える予定もないと
移民当局者は語る。そして、それ以上のコメントは得られなかった。

2011年にシリア内戦が始まって以来、他国へ逃れたシリア人の数は
400万人に上るが、フランスで難民と認定されたのは、
わずか7000人足らずとなっている。

フランス政府は今後2年間でさらに3万1000人の難民の受け入れを約束している。
それに合わせて、難民認定プロセスの迅速化や、提供できる住居の数も
増やすよう努力しているという。

写真:仮設の難民キャンプと化した、仏パリ北部のポルト・ドゥ・サントゥアン
    (2015年9月24日撮影)
no title


AFPBB News 2015年9月30日(水)18時35分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150930-00000044-jij_afp-int
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150930-00000044-jij_afp-int&p=2

>>2以降に続きます。 

←優しさに付け入ろうとするな寄生虫!と思ったらクリック


http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1443613949/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」