1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 07:20:09.29 ID:???.net
■ ハイブリッド専用モデル、来年発売
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(写真)
no title


最近、フォルクスワーゲン事態が発生するほどグローバル自動車会社間の燃費競争が
激しい中、現代(ヒョンデ)自動車が来年に世界最高の燃費を装着したハイブリッド専用
モデルを発売する。

28日、業界によれば、現代自動車はトヨタの『プリウス』を捕捉するために開発中の
準中型親環境専用モデル、AE(プロジェクト名)を年末に発売しようとしたが、対内外
状況を考慮して来年に発売する事にした。

当初現代自動車は年内にハイブリッドAEモデルを発売して、来年に電気自動車と
プラグインハイブリッドモデルを追加して、3種のラインナップを備える計画だった。

現代自動車の関係者は、「AEの開発はほとんど終わった状況だが、競争会社などの
諸条件などを考慮して来年に発売する計画だ」と話した。

現代自動車が初公開するAEは、全世界のベストセラー車であるトヨタの『プリウス』を
捕捉できる期待が大きい。次世代のアバンテを基盤に5ドアハッチバックの形態で、
4気筒1.6Lのガソリンエンジンと電気モーターを結合してハイブリッド専用変速機を
組み合わせる方式である。

巷ではAEの燃費は20km/lを軽く超え、トヨタのプリウスよりも良いとの予想まで出て
いる。

業界の関係者は、「プリウスが卓越した燃費で全世界のハイブリッドカー市場を席巻
したが、AEの燃費の方が良いという噂が流れて期待が大きい」と明らかにした。

先立って現代自動車は去る7月、プラグインハイブリッド(PHEV)を追加した2016年型
ソナタを発表した。

PHEVモデルはハイブリッド車両に外部充電システムを適用して、EV(電気)モードと
HEV(ハイブリッド)モードで全走行を可能にした親環境車両である。

ソナタPHEVは外部充電を通じてバッテリーをフル充電した後、モーターだけで44km
の走行が可能だ。 渋滞が酷い都心ではモーターで走行して、高速走行が可能な道路
ではエンジンを主動力として使うHEVモードを通じて経済性を最大化する事ができる。
ソナタPHEVの燃費はHEVモードで17.2km/l、EVモードでは4.6km/kWhである。

ソース:聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=001&aid=0007882723

←プリウスにキラーされるて事だよねwww!と思ったらクリック

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1443392409/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」