ニダ 火病

1: アトミックドロップ(茨城県)@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 00:48:27.06 ID:V806JP2s0.net BE:844481327-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/monatya.gif
暗号化された韓国軍の情報文書が流れ、1カ月にわたってインターネット上に出回っているが、韓国軍当局は不正アクセス疑惑を含め流れた経路を把握できずにいることが分かった。

原子力発電所に反対するハッキンググループ「Who am I」は、先月3日と4日に、国防情報本部海外情報部の「2013年国際情勢評価および2014年展望」、
2006年に陸軍本部が作ったNBC(核・生物・化学)偵察装備運用規範、国防部(省に相当)海外情報部に所属する駐台北韓国代表部武官部の文書という計3件の資料をインターネットで公開した。
このうち武官部文書は「米国連邦議会下院が国防総省に対し、中国の軍事拡張および台湾への脅威についての評価を十分にやるよう要請した」という内容を含んでいる。

武官部文書は、暗号化のプロセスを経て外交通信網経由で国防部に送られた後、専門部局でこれを解読し、長官はじめ「限られた承認権者」にのみ報告される。
しかし、最大野党の申請民主連合に所属する安圭伯(アン・ギュベク)議員の議員室によると、機務司令部(韓国軍の情報部隊)はまだ流した者および流れた経路を把握できていない。

韓国軍の関係者は「複数の可能性があるが、文書の暗号が破られたり、国防部内部の情報網が不正アクセスされた痕跡はない」と釈明した。
これに対し安議員は「暗号化された軍の情報文書が外部に漏れたのなら、不正アクセスの可能性を排除できないにもかかわらず、軍は内部の情報網がインターネットから遮断されているという理由だけでこれを否定している」と批判した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/09/12/2015091200540.html
※ NGワード回避の為に本文中のとある表現を「流れた」に変えてます

←将軍様今こそ総攻撃を仕掛けるときです!と思ったらクリック

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1442072907/:
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」