日韓ワールドカップ

1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 18:11:23.01 ID:???.net
2015年5月29日、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、国際サッカー連盟(FIFA)幹部の汚職問題と関連して、2002年に行われた日韓ワールドカップ(W杯)の疑惑について報じた。

2002年日韓W杯では、イタリアとスペインが“被害者”となった。
決勝トーナメント1回戦で韓国と対戦したイタリア。韓国のたび重なるラフプレーがファウルと判定されなかったばかりか、逆にエースのフランチェスコ・トッティが審判を欺いたとして退場処分に。
その後も、ゴールが認められないなどの疑惑の判定によって敗れた。
勝ち上がった韓国が次に対戦したのはスペイン。
この試合では韓国選手のオウンゴールが取り消され、スペインのモリエンテスのゴールは認められなかった。
コリエレ・デロ・スポルトは、今回のFIFAの汚職問題でFBIが2010年W杯での贈収賄に言及したことに触れ、「2002年W杯についても明らかになるだろう」としている。

これを受け、サッカー熱が高い中国のサッカーファンからも多数のコメントが寄せられている。以下はその一部。

「おれは(賄賂の授受があったことを)FBIよりも早く知ってたぞ。13年くらい前にね」
「この2試合の真相は、白日の下にさらさなければならない!」
「韓国の八百長技術は中国のはるか先を行っている」

「韓国は2018年のW杯予選への参加資格を停止してはどうだろう」
「韓国をFIFAから追い出すべきではないか」
「10年間試合禁止に。韓国はほかのスポーツでもこういうことをする。勝つためならどんな手でも使う小さいやつら」

「韓国がホスト国である試合は勝てる気がしない」
「あのW杯で、日本は尊重を勝ち取ったが、韓国はベスト4を盗んだ」
「2018年の平昌五輪で、韓国人はどんなショーを見せてくれるのか楽しみ」

「正義は“遅刻”するかもしれないが、“欠席”しはしない」
http://www.recordchina.co.jp/a110293.html

←他の競技の不正も調べろ!と思ったらクリック

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1432977083/:
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」