1: 野良ハムスター ★ 2015/05/17(日) 12:10:40.19 ID:???*.net
2015年5月17日(日) しんぶん赤旗

きょうは投票♪ つぶそう「都構想」
大阪の青年 サウンドデモ 

「大阪つぶすな」「大阪市民の力をみせよう」―。大阪市の廃止・解体の是非を問う住民投票前日の16日、
大阪市つぶしに反対する若者の熱気が、同市の中心部、大阪市役所から難波までを包み込みました。
青年グループ「民主主義と生活を守る有志」(SADL=サドル)が主催した
「明日は投票 つぶせ『都』構想 サウンドデモ」です。

DJが乗ったサウンドカーを先頭に、20~30代の青年が目立つ参加者600人は
「大阪壊す『都構想』反対」とリズムよく唱和し、プラカードや拳を突き上げました。

沿道では、一緒にリズムに乗る年配男性や笑顔で写真を撮るスーツ姿の女性の姿も。
「ちょっと見るだけのつもりが、来たら一緒に歩きたくなった」と言うのは、妻と娘と一緒に途中から加わった
男性(37)=中央区、会社員=。「橋下さんと維新の会が全てを決める大阪にしたくない」と語りました。

携帯電話でデモの写真を撮っていた女子学生(20)は「『大阪都』って何か格好悪いし、何がしたいか
よく分からないので反対。ポップなデモで驚いたけど、良いことしてるなと思う」と話しました。

SADLはデモ後、心斎橋駅周辺で街頭宣伝。大阪市解体反対で運動する他の市民団体や、
民主党、日本共産党の国会議員も駆けつけ、「オール大阪で大阪市解体を止めよう」とアピールしました。

労働者ら訴えた
1000人「反対と書いて」

「大阪市のくらし、財産を守ってほしいとの思いは反対に」
「一票を争う大激戦です。必ず反対と書いてください」。
大阪労連は住民投票前日の16日、全国的支援も受けて1000人が参加し、
市内各地で宣伝カーやハンドマイクでの宣伝、対話・支持拡大に猛奮闘しました。

ハンドマイク宣伝では、公園や路地裏などで子育て世代を重視した宣伝にとりくみ、
「大阪市を無くすのか、残すのかの住民投票です。ぜひ反対しましょう」と力いっぱい訴えました。

no title

no title

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-05-17/2015051701_01_1.html

←都構想は相当共産党に都合が悪いだなと思ったらクリック

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1431832240/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」