china001[1]

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 19:59:02.30 ID:???.net
「中国からの外資撤退に歯止めがかからない」との見方が、このところ頻繁に見受けられる。中国商務部(省)は16日、
この「外資撤退ブーム」論をきっぱりと退け、第1四半期(1-3月)、新たに設立された外資系企業の増加率は22.4%、
実行ベース外資導入額の増加率は11.3%だったことを明らかにした。新京報が伝えた。

 商務部の沈丹陽報道官は、16日に開かれた商務部定例記者会見において、「外資の撤退現象は確かに存在するが、
『ブーム』までには至っていない」との認識を示した。

 沈報道官が示した統計データによると、今年第1四半期、中国における実行ベース外資導入額は2145億7千万元
(1元は約19円)、前年同期比11.3%増(銀行、証券、保険業のデータ含まず)。新たに設立された外資系企業の数は、
同22.4%増、撤退した企業の数は17.6%減少した。投資額を縮小した企業の数も、同35.7%減。製造業分野での
撤退企業数は11.8%、投資額を縮小した企業の数は37%、それぞれ減少した。

 沈報道官の談話内容は以下の通り。

 国連貿易開発会議(UNCTAD)が発表した「世界投資報告書」によると、2014年、中国が導入した海外からの
直接投資は約1280億ドルに上り、初めて世界一となった。また、上海米国商会が取りまとめた「2015年中国商業調査」によると、
調査対象企業のうち、2014年、中国事業で黒字を達成した企業は73%、収入が増加した企業は75%にそれぞれ達し、
2015年に対中投資を拡大する計画をしている企業は67%に上った。さらに、今年第1四半期、全国における実行ベースの
外資導入額は前年同期比11.3%増加した。

 これらのデータから、中国における外資投資環境は、変わらず十分な競争力を備えていることが分かる。「外資撤退ブーム」論が
このところ盛り上がっている現象は、新常態のもとで、外資の資金投入構造に変化が発生していることと関係がある。
ひとつの顕著な変化として、2001年から2014年の間、中国サービス業の外資導入額が占める割合が、24%から55.4%にまで
上昇したことが挙げられる。製造業における外資の新規導入は、規模・比率いずれもが低下し続けている。製造業では、一部の
外資系企業が中国業務の調整に取り組んでいるが、このような情勢を「外資撤退ブーム」と呼ぶことには、何の根拠もない。

 〇「構造調整」が進む輸出入

 税関による大まかな統計によると、今年第1四半期、全国の輸出入貿易総額は、前年同期比6%減の5兆5400億元、
このうち3月は、輸出額が同14.6%、輸入額が同12.3%、それぞれ減少した。

 沈報道官は、「対外貿易の輸出入額が減少していることについて、商務部は、今年第1四半期の変動の波がかなり大きかったと
認識している。1月はやや低下、2月に大幅に上昇、3月に再び低下した」と指摘した。商務部は、「輸入の落ち込みは、
国際市場で大口商品の価格が下がったことで、輸入総額も大幅に下がったことが主な原因」と分析している。

 沈報道官は、これについて、「輸出入の『ダブル減少』が起こっているが、構造調整の進行という良い状況も現れている。
この構造調整では、製品構造、市場構造、地域配置、企業構造、貿易構造などのあらゆる面において、さらなる合理化が
進んでいる」と指摘した。

中国網 2015-04-18 12:36:45
http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-04/18/content_35356606.htm

←これまで中国撤退ブームだっただろと思ったらクリック

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1429354742/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」