2011_Hyundai_Sonata_Limited_2_-_02-13-2010[1]

1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 10:11:23.87 ID:???.net
本紙読者のアンケート分析 現代+起亜車12.8%を占め、8人に1人の割合韓国車利用
LAをはじめとする南カリフォルニア韓国人たちは、トヨタ車を最も多く乗って通うことが分かった。
トヨタ次に、レクサス、ホンダが上がり、現代車はベンツとBMWを追い越し、4番目に位置した。
このような内容は、LA中央日報が最近、サブスクライバの世帯構成員を対象にアンケート調査回答者820名分を分析したところによる。
調査は今年1月14日から30日まで実施された、利便性の抽出方法で構成されたアンケートを利用したメールの応答を介して行われた。
回答者のうち男性が436人(53.2%)、女性は337人(41.1%)であった無回答者は47人(5.7%)であった。
年齢は男女計40代以上が全体の97%水準だった。調査によると、韓国人が乗って通う車は、日本車が圧倒的であった。
全回答者のうち34.5%がカムリやカローラ、プリウスなどを生産するトヨタ車を運転していると答えた。
トヨタのプレミアムブランドであるレクサス(14.1%)とホンダ(13.0%)が後に続いた。韓国人の日本車の運転は、8位に上がった日産(2.3)まで含めるとなんと61.6%にもなった。
現代車は10.6%、起亜自動車は2.3%をマークした。韓国人8人に1人は韓国車に乗ることになる。
米国全体の自動車販売台数で現代・起亜自動車のシェアが7%水準であることを勘案すれば韓国人の韓国車に対する選好度が相対的に高いことがわかる。
米国車GM(2.0%)やフォード(1.2%)は、ランキングで大きく後ろに押された。性別では韓国人男性が女性よりもトヨタ車を好んでいることが分かった。
今回のアンケートで人間の37.2%、女性の32.3%がトヨタ車を利用していると述べた。
<グラフィックス・表参照>一方、現代車や起亜自動車は人より女性運転手が少しずつ多かった。
ベンツ運転性別は女性、BMW運転手は男性の割合が優勢だった。
トヨタ車の運転手は、50代(41.6%)で家具年収が5万?7万ドル(46.3%)である事務職会社員(41.5%)が最も多かった。
トヨタは、30代以下?70代以上まで幅広い年齢層で均一に最も多く乗る車種だった。
特異な点は、40代の場合、レクサス(15.8%)よりホンダ(19.3%)が少し多くと、30代以下の場合、レクサスやベンツより日産(18.8%)やホンダ・飢餓・BMW(各12.5%)をさらに多くの運転するものであった。
専門の区分で販売・サービス業種従事者がトヨタの次に現代自動車(18.8%)を好むことも目立った。
家計収入面ではどうしても高所得者ほどベンツ運転手が多かった。
10万~20万ドルの所得者の中では20.7%、20万ドル以上の所得者の中でも26.1%がベンツに乗っていることが分かった。
年収5万~7万ドルの在米韓国人は現代(6.0%)よりもホンダ(13.4%)を好むしたが、所得が少し高い7万~10万ドルの間韓国人は現代(11.1%)をホンダ(8.3%)よりも多くなった。
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=3316660
(自動翻訳です)

←韓国人なら韓国車に乗れよと思ったらクリック

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1429319483/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」