bca518f9c612c1dabfe79c6fbd23c9defc12fd971414626047[1]

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 22:06:39.44 ID:???.net
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/170803
アジア・太平洋戦争期の慰安婦についての講演会が21日、佐賀市のアバンセであった。
福岡市の産婦人科医・天児都(あまこくに)さん(80)が、
軍医として慰安婦を診察した父の論文や写真が恣意(しい)的に利用されたとして
「『従軍慰安婦』というフィクションが作り上げられた」と主張。
「子どもや孫に正しい歴史を伝え、これからの国づくりにつなげてほしい」と訴えた。

 天児さんの父・麻生徹男軍医は日中戦争さなかの1938年、中国・上海で日本から渡ってきた慰安婦を診察、
その事実をもって麻生さんを「従軍慰安婦の責任者」とする著作が公表された。天児さんは、本の公表後、
国内や韓国から次々と人が訪れては謝罪を要求されたと紹介。この経験から、
父が残した随筆と写真をまとめた本の出版や、講演活動を始めたと語った。

 天児さんは「公職追放やプレスコードなど、戦後占領期にGHQがかつてない思想弾圧を行う中で、
日本を悪者扱いする東京裁判史観が“史実”として定着したのは残念」と話した。

 講演会は市民有志でつくる戦争と女性問題を学ぶ講演会実行委員会が主催、70人が参加した。
発起人代表の太田記代子さんは「国を守るために死んでいった兵士の名誉のためにも、多くの人に知ってほしい事実」と話した。

←この講演をもっと広めるべきだと思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1427461599/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」