韓国経済

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/26(木) 17:19:26.06 ID:???.net
「世界的な量的緩和政策の流れに合わせ韓国はもう1度金利を下げるものとみられる」。世界的な資産運用会社
MFSのウィリアム・アダムス債券投資最高責任者(CIO)の見通しだ。

MFSは1924年に設立された米国の資産運用会社で、4306億ドルを運用している。 世界的な政府系ファンド
が主要顧客だ。国民年金など韓国の年金基金資金4兆ウォンほども運用している。韓国の機関投資家に会うため
韓国を訪れたアダムスCIOと25日に会った。彼は「世界で最初に金融を緩和した米国は6月ごろに金利を上げる
だろう。今年は投資の主要変数は各国の通貨政策だ」と話した。

――世界の金融市場で注目する点は何か。

「米国を除き欧州や日本など各国の中央銀行が同時に金融を緩和しているというのが特徴だ。持続的な景気低迷
でデフレが懸念されたためだ。今年初めに国際通貨基金(IMF)が世界経済成長見通しを一斉に引き下げるほど
だった。結局欧州や日本が景気を浮揚するために選択した方法が量的緩和だ。自国の通貨価値を下げてでも
輸出競争力を高めるためだ。韓国も同様だ。円安が続いて自動車など韓国の輸出企業は打撃を受けた。
最近韓国銀行が金利を下げたのもウォンの価値を下げて価格競争力を確保するための政策と分析する。
今後も成長鈍化が予想される国は積極的に量的緩和政策を展開するものとみられる」

――韓国が追加的に金利を下げると予想するか。

「世界的に独歩的なITを持つ韓国への関心は大きい。韓国は輸出割合が大きいため輸出競争力を持つことが
重要だ。特に円に対しウォンの価値が低くなければならない。だが、日本銀行も景気を浮揚するために持続的
に通貨切り下げ政策を展開するだろう。それなら韓国ももう1度くらい金利を下げなければならない」

――米国はいつ金利を引き上げるだろうか。

「米国経済は回復する様相だ。近く金利を上げるものとみられる。9月よりは6月を重視している。だが金利引き
上げ速度は徐々に進むだろう。したがって今年1年はドル高基調を維持するとみている」

――投資戦略は何か。

「短期的にドル高に注目しなければならない。米国の金利引き上げとスーパードルに関連して動く資産群に関心
が高い。ドル高が続けば原油価格にも影響を与える。特に原油価格下落にともない石油依存度が高い新興国
の国債は依然として魅力的な投資先だ。長期的な視点から見れば米国をはじめ再び金利が上がるだろう。
段階的な金利上昇は国債投資に否定的な要因として作用する。したがって債券投資家は国債ではないものに
投資するのが適切だ。例えば投資等級以上の米国社債が投資期間も短くて収益が高いものと期待する」

――この2~3年人気が高かったブラジル債券はどうか。

「ブラジルの通貨価値が急落し債券投資で損失を出している。さらに最近ブラジルは深刻な干ばつで経済的
危機も体験している。当分ブラジル債券投資はしないのがよいとみている」。

ソース:中央日報 2015年03月26日11時18分
http://japanese.joins.com/article/148/198148.html?servcode=300&sectcode=300

←ハゲタカさん今がチャンスですと思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1427357966/:
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」