韓国経済

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 14:30:35.56 ID:???.net
2015年2月23日。14年間続いた日韓の「通貨スワップ(交換)協定」が終了した。誤解している人が多いが、通貨スワップとは、
例えば韓国が通貨危機に陥った際に、「日本が韓国に融資する」という話ではない。事前に定められた為替レートで、韓国ウォンを
「両替」してあげる(日本側から見れば)という内容である(23日終了の日韓通貨スワップは、日本側が『ドル』と両替する、という
ものだった)。

最近の韓国は経常収支黒字が継続し、外貨準備も2014年末時点で3636億ドル(約43兆2700億円)と積み上がっていることから、
韓国政府は「韓日通貨スワップを延長しなくても関係ない」と自信を見せている。とはいえ、韓国が通貨危機時の保険を1つ、失った
ことは間違いない。

もっとも、現在の韓国が抱える「経済問題」は、通貨危機というよりは「国民の貧困化」である。信じられないかもしれないが、
現在の韓国は日本をはるかに上回るハイペースで平均賃金が下落していっているのだ。

直近のデータ(14年4月時点)を見ると、韓国の常用勤労者5人以上の事業所において、勤労者1人あたりの月平均賃金は、
前年同月比で8・5%も下落した。(韓国雇用労働部『14年3月基準事業場労働力調査』による)物価変動を除いた実質賃金で見ると、
前年同月比9・4%の下落だ。

興味深いことに、サムスン電子、現代自動車、SKという韓国の大財閥の財閥オーナーへ支払われる配当金は、前年比で55%も増加
している。勤労者の賃金がマイナスで推移する反対側で、財閥オーナーの資本収益率は上昇している。まさに、フランスの経済学者、
トマ・ピケティ氏のいう「r∨g」の環境が、韓国において「激しい形で」実現していることが分かる。韓国では「持続不可能な形」で格差が
拡大していっているのだ。

ちなみに、過去1年間に「貧困のため、食料を買えなかった経験」を持つ人の割合は、日本が2%(13年、以下同)であるのに対し、
韓国は何と26%だ。中国(8%)よりも多いわけだから、半端ない。

困ったことに、韓国国民の貧困化は、同国の財閥企業にとっては僥倖(ぎょうこう=幸運)だ。何しろ、韓国人が貧困化し、賃金水準が
下がれば、グローバル市場における価格競争力は高まる。特に、円安ウォン高の環境が継続している現在、韓国の大手企業は可能
な限り「人件費」を抑制したいところだろう。

筆者は韓国を「グローバリズムの優等生」と呼んでいる。自国の「国民」ではなく「グローバル企業」を優先した国の行く末がいかなる
ものになるか。今後の韓国がわれわれ日本国民の前に示してくれるだろう。

■三橋貴明(みつはし・たかあき) 1969年、熊本県生まれ。経済評論家、中小企業診断士。大学卒業後、外資系IT業界数社に勤務。
現在は「経世論研究所」所長。著書に『愚韓新論』(飛鳥新社)、『2015年 暴走する世界経済と日本の命運』(徳間書店)『中国との
貿易をやめても、まったく日本は困らない!-中国経済の真実』(ワック)など多数。

ソース:zakzak 2015.02.25
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150225/frn1502251140001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150225/frn1502251140001-n2.htm

←今すぐ財閥を焼き払えばいいニダと思ったらクリック

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1424842235/:
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」