nida-1400377980-6

1: ひろし ★ 2015/02/24(火) 22:02:26.01 ID:???*.net
2015年2月23日、央広網は、日本最西端の沖縄県与那国町(与那国島)で22日あった同町への陸上自衛隊の配備について
賛否を問う住民投票で、賛成が約6割を占めたことについて「日本国民の間に軍国主義が台頭している」と伝えた。

記事は、「与那国島」の名称が、中国語で「あの国に最も近い島」の意味であることに触れ、「『あの国』が中国なのは明らかだ。
だから日本は一貫して与那国島を基地にしたいと望んできた。尖閣諸島(中国名:釣魚島)だけでなく、中国海軍、空軍の活動も監視できるからだ」としている。

さらに、「安倍晋三首相は2年前、与那国島へ100人規模の『沿岸監視部隊』を配備すると表明した。
政府関係者は16年3月に150人規模の電子関連部隊を派遣する計画だ。島にレーダーを設置し、
東シナ海の船舶や航空機を監視して異状を速やかにキャッチする」とした上で、国際軍事専門家の話を引用して、「中国の監視を念頭に置いている」と指摘する。

与那国島の住民投票では陸自配備への賛成が6割に達したものの、日本メディアによると法的な拘束力はない。
しかし、中国国際問題研究所の研究員は「島周辺地域での『刺激的な行為』は尖閣問題での対立を激化させる恐れがある。
百害あって一利なしだ」と話しているという。(翻訳・編集/大宮)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20150224/Recordchina_20150224020.html

←領海侵犯する奴が言うなと思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1424782946/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」