1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 22:26:30.03 ID:???.net
(画像:繁華街?)
no title


    東大門は観光だけ、カネは明洞に
    近くの在来市場は大不況…生活苦に経営者らの物騒なうわさも
    経営者「電気代払えないため夜間は営業せず…通貨危機のときが懐かしい」

 昨年韓国を訪れた中国人観光客は612万人。これらの中国人観光客が最も多く訪れたのは大型免税店のあるソウル・明洞、
次いでファッションタウンであるソウル・東大門だった。東大門を訪れる中国人観光客は5年間で3倍に増え、釜山の人口に
ほぼ等しい320万人に上った。「特需」という言葉でも足りないくらいの雰囲気だ。

 ところで、最近東大門では「賃貸料を支払えなくなった若い店長がトイレで首をつった」「ビルの屋上から飛び降りた」
「女性店長が売り場で服毒自殺を図った」など物騒なうわさが相次いで聞かれている。東平和市場で商売を営むチョさん(28)は
「ここで働くようになって1年にもならないが、すでに5、6回同じようなうわさを聞いた」と話す。ところが、東大門市場を管轄する
ソウル中部警察署などは「商売人たちの連続自殺は初耳」と言う。一体どういうことなのか。

 東大門一帯の在来市場と総合ショッピングモールの13カ所で約100人の店長と警察に聞き込み調査を行った結果、東大門の
商店街で実際そのような事件が発生した事実は確認できなかった。しかし、先月には東大門のC市場でアパレル業を営むイムさん(35)が、
昨年3月には東大門のAショッピングモールの地下で店舗を経営していたコさん(66)夫婦がそれぞれ自宅で自殺した。昨年9月には
S市場の商人連合会役員が亡くなったが、自殺ではなく突然死だった。

 こうした物騒なうわさが流れる理由について、経営者たちは「厳しい不況」を挙げる。東大門のD卸売商店街のチャさん(56)は
「多くの中国人観光客が訪れることで流動人口は増えており、賃貸料は依然として高いままだが、実際には商売が全くうまくいっていない。
皆こうした気持ちだから、変なうわさが流れるのも無理はない」とため息をつく。実際に先月自殺したイムさんと昨年心中した夫婦が
こうした選択をした背景にも、経済的な理由があった。イムさんは普段から「経済的にとても苦しい」ともらしており、心中した夫婦も
借金に苦しんでいたという。突然死したチョンさんも、景気低迷に伴い多くのストレスを受けていたことが分かった。

 中国人観光客たちが韓国で使うカネは年間8兆ウォン(約8600億円)だ。中国人観光客の2人に1人以上が立ち寄るといわれる
東大門でこうした事件が起こるというのは、いかにも逆説的だ。しかし、店長たちは「大げさに言っているわけではない。IMF(国際通貨基金、
ここでは1997年からの通貨危機の意味)の時の方がまだましだったという話が自然と聞かれる」と話す。中国人観光客特需の中の不況という
「東大門の逆説」について、Mショッピングモールで店長を務めるチェさん(47)は「中国人観光客に伴う好況は東大門の幾つかの
大型ショッピングモールや明洞一帯の大型免税店に限定された話」と説明する。

 実際、東大門平和市場のJ商会の売り上げは2011年の2億ウォン(約2200万円)をピークに減り続けているが、昨年にはピーク時の
4分の1の5000万ウォン(約540万円)にまで低下した。一方、東大門の大型ショッピングモール「DooTa」の売り上げは2010年の
3315億ウォン(約360億円)から13年には4120億ウォン(約440億円)へと急増した。売り場の改装工事により1カ月間営業できなかった
昨年でも3850億ウォン(約410億円)の売り上げを計上した。

>>2以降に続く)

キム・ヒョンウォン記者 , オ・ロラ記者 , イム・ギョンオプ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2015/02/20 06:33
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/20/2015022000038.html

←宗主国様への土下座が足りないと思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1424525190/:
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」