韓国経済

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 03:30:29.62 ID:???.net
 日本政府は韓国との通貨スワップ協定を延長しないことを正式発表した。打ち切りは日韓にどのような影響を与えるのだろうか。

 通貨スワップ協定は2国間や多国間で、自国通貨と外貨を交換する契約。日韓の通貨スワップ協定によって、韓国はウォンを日本に渡し、米ドルと日本円を受け取れる。財務省と韓国銀行間のものと、日銀と韓国銀行間のものがある。

 当初は「チェンマイ・イニシアチブ」という枠組みで、1997~98年のアジア通貨危機後の東アジアにおける金融協力の必要性に基づくものだった。

 2000年5月の第2回ASEAN+3財務相会議(タイ・チェンマイで開催)で、外貨準備を使って短期的な外貨資金の融通を行う2国間の通貨スワップに合意があり、それに基づき、
財務省と韓国銀行間で01年7月に通貨スワップ協定が締結された。

 また、日銀と韓国銀行との間でも05年5月に通貨スワップ協定が締結された。これは、リーマン・ショック以降、時限的に拡充されたが、13年7月に協定は満期終了されている。今回、延長しないとされたのは、財務省と韓銀間のものだ。

 財務省や日銀と韓銀との間の通貨スワップ協定はどのような効果があったのだろうか。

 為替は、平常時であれば、両国間の金融政策の差でだいたい決まるが、通貨危機時は、そうした理論は働かずに、一方的に自国通貨が安くなる。金融引き締めを行っても、自国経済を痛めるだけで、為替の安定化にはあまり効果がない。

 その際、直接的な自国通貨買い介入が有効である。ただし、自国通貨買いをするにしても、外貨準備が大きくないとそれもできなくなってしまう。その意味で、外貨準備が通貨危機の時にはものを言う。

 通貨スワップは、緊急時に外貨が手に入ることにより、外貨準備の増額と同じ効果になる。このため、日韓のどちらにメリットが大きいかといえば、通貨危機に陥る可能性の高い韓国の方にメリットがあった。

 ただし、最近では、韓国の外貨準備高も増えているので、アジア危機時に比べれば、韓国のメリットも相対的には低下している。

 では、今回の打ち切りの影響はどうなるだろうか。日韓の通貨スワップ協定はアジア通貨危機やリーマン・ショックへの対応のものであり、現時点で世界的な危機がすぐにも勃発することもあまりなさそうだ。

 日銀の通貨スワップ協定は打ち切られ、段階的に減額してきており、今回のものも100億ドル(1・2兆円程度)にすぎない。また、今回の打ち切りにあたっても、日韓で、経済政策や金融情勢を議論する財政対話を行う。
もし、本当の経済危機になったら、その段階で、再び各種の対策が練られるはずだ。

 今回の打ち切りを、日韓の政治関係の悪化から説明する向きもあるが、その背景には、危機対応が両国とも必要でなくなったからという自然の成り行きがある。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150220/dms1502200830011-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150220/dms1502200830011-n2.htm

←この調子で日韓断交まで持って行こうと思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1424457029/:
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」