no title

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 15:54:23.98 ID:???.net
アジアの女性が第2次大戦中に従軍慰安婦として働かされたとして、日本政府を相手取り米国で起こした賠償請求訴訟で、
在米日本大使館が、依頼した米国人弁護士に支払った報酬のうち、約4割を政府開発援助(ODA)予算から経費として支出
していたことが6日、外務省への取材で分かった。外務省の資料によると、見込み額も含め6千万円と算出できる。

ODAは、途上国の発展や福祉の向上を目的とした資金・技術協力だが、先進国での弁護士報酬に充てられていた。専門家
は「本来の目的と異なる。政府の自己弁護にODAを使うのはおかしい」と疑問視する。

ソース:共同通信 2015/02/06 18:22
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020601001904.html

←その女性に全額請求しろと思ったらクリック

イスラム国関連記事一覧はこちら
 
只今売国速報ではイスラム問題をどこよりも早く速報でまとめています。

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1423292063/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」