韓流ブーム ない

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 19:01:43.26 ID:???.net
「アジア映画の専門館」として、ファンの人気を集めていた映画館「シネマート六本木」(東京・六本木)が6月14日に閉館されることが決まった。
韓流映画などを多く上映していたこともあって、ファンや業界から悲鳴が上がっている。

「シネマート六本木」の閉館は先月29日、運営元のエスピーオー(SPO)が発表。閉館の理由については、建物の賃貸借契約が8月8日で満了
するためと説明している。

同館は、2006年3月に4スクリーン、座席数440席で開業。「アジア映画の専門館」として、アジア映画作品を中心に独自のラインナップで上映
してきた。「欧米の作品にくらべ、アジアの作品は大きな小屋で上映されることが少ないので、貴重な映画館だった」と映画関係者。

韓流ブームのころには多くの韓国映画が上映されたこともあって、ファンには欠かせない劇場の一つ。閉館が発表されると、ネット上でも「韓流
映画といえば…のSPOさんだし、まさかと思いましたが…」「どこもやってくれない韓流映画を流してくれて、私にとっては強い味方だったのに…」
と惜しむ声が相次いだ。

しかし、いまや韓流映画も斜陽の時代を迎えている。「ブームは冷め、新たなファン層の拡大は難しい。そのため、ファン層だけが高くなり、観客
動員につながらない。実際、上映作品の数もかなり減っている」と前出の映画関係者は語る。

ショックは韓流ファンにとどまらない。昨年5月には吉祥寺バウスシアター、7月には三軒茶屋の三軒茶屋シネマなど、単館系や名画座の映画館
が立て続けに閉館されているのだ。

「海外に映画を買い付けにいった配給会社が、『買い付けても、今はかける小屋がない』とぼやいている。アート系の映画はシネコンではかけて
もらえないので、映画を取り巻く環境はいっそう悪化している」とベテラン映画ライター。

映画評論家の瀬戸川宗太氏は「日韓関係の冷え込みの影響からか、韓流もすっかり影を潜めてしまった。ただ文化的に遮断してしまうのは残念
なこと。こうした映画を見る機会が失われていくのは寂しい」と話す。

大手の一人勝ちではあまりにもつまらない。

ソース:zakzak 2015.02.05
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150205/enn1502051527019-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150205/enn1502051527019-n2.htm

←元々そんなものないと思ったらクリック

イスラム国関連記事一覧はこちら
 
只今売国速報ではイスラム問題をどこよりも早く速報でまとめています。


http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1423130503/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」