平昌冬季オリンピック

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/02/05(木)14:09:49 ID:???
 財政難などで国際オリンピック委員会(IOC)から分散開催を勧められた2018年平昌五輪で、
韓国の平昌冬季五輪組織委員会は1月20日、韓国国内での分散開催も認めない方針を確認したと、
朝鮮日報が報じた。施設建設は順調に進み、テストイベントに支障はないと強調。ロッテ・グループ会長が
五輪成長を願って6年間総額100億ウォン(約10億6600万円)の支援の意向を表明し、
明るい兆しが見えたかに思えた。だが、五輪工事を請け負う建設会社が昨年末に倒産し、建設に懸念が出ている。
さらに五輪組織委員長の趙亮鎬氏は「ナッツ事件」で逮捕された趙顕娥氏の父親で、五輪業務に支障が出ているという。
韓国のネットユーザーからは「一体、誰のための五輪?」などと疑問の声が寄せられている。  (略)

 協賛金の援助をより多く得られるよう、平昌五輪の開催権獲得に貢献した趙亮鎬氏が昨年7月に組織委員長に就任した。
しかし、同氏が会長を務める大韓航空で、娘の趙顕娥氏による「ナッツ事件」が五輪関連活動に影響し、
解任の危機もあると伝えられている。

 1月8日の朝鮮日報(電子版)社説は「趙亮鎬組織委員長はいわゆる『ナッツリターン』問題が表明化した後、
組織委員会の仕事が手につかない状況が続いている。誰かが早急に前面に出て、一日も早く組織委員会を立て直さなければならない。
平昌五輪の開催に問題が生じれば、国際社会から『国際スポーツイベントに失敗した国』というレッテルを
貼られる事実を忘れてはならない」と警鐘を鳴らした。

 五輪への逆風はやまない。大手財閥「東部グループ」の傘下、東部建設が昨年12月31日に裁判所に法定管理
(日本の会社更生法に相当)を申請した。ウォン高不況や不動産バブルの崩壊などが要因とみられる。
韓国メディアによると、同社は平昌五輪のそり会場などの施工にも参加しているという。今回の事態で、
さらなる工期遅延も懸念されると報じられる。

 こうした状況に、韓国のネットには「国際的なスポーツイベントの開催が韓国の国力を証明する。
そんなのは自分自身をも騙す言葉に過ぎない。そんな虚勢を張っていては予期した経済効果が得られないばかりか、
地方や国の経済が深刻な打撃を被ることになる」といった指摘や、「一体、誰のためのオリンピック? 
初めから韓国には無理だったんだよ。頼むから日本と共同開催して」「今からでも遅くない。開催資格を返上しよう」
「キム・ヨナをはじめ、積極的に誘致活動した人たちに責任とってもらおう」「何でそんなに自信あるの? 
『どうにかなる精神』で進むのはやめて」などと批判のコメントが相次いだ。

 唯一の明るい材料は、ロッテ・グループの重光昭夫会長が平昌五輪の成功を願うとして、韓国スキー協会に今年20億ウォン
(約2億1750万円)、20年までに総額100億ウォン(約10億8700万円)を支援する意向を表明したことか。

全文 産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/150204/prm1502040005-n1.html

←北の将軍に土下座しろよと思ったらクリック

イスラム国関連記事一覧はこちら
 
只今売国速報ではイスラム問題をどこよりも早く速報でまとめています。

http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423112989/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」