在日

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 17:21:09.42 ID:???.net
鄭義和(チョン・ウィファ)国会議長の前補佐官の息子(22)が韓国大統領府を爆破するという脅迫電話を掛けたとされる事件で、
この男はかなりの期間、精神科で治療を受けていたことが分かった。男の精神疾患は兵役期間中にいっそう深刻になったものと
思われる。男の父親の前補佐官は「軍でも部隊に適応できず『家庭の事情による早期除隊』をし、かなり長い期間、精神科で
治療を受けた」と警察に説明した。

男は満19歳だった2012年10月に現役兵士として陸軍に入隊していた。兵務庁関係者は「当時は精神科の治療を受けたことが
あっても、治療歴が1年未満か、あるいは1年以上治療していても正常な社会生活が可能な場合は現役兵士として兵役を務め
させるケースがあった」と話す。だが、男は兵役期間中に軍隊生活に適応できず、苦痛を訴えていたことが分かった。

男は14年10月、一等兵の時に除隊した。軍関係者は「男は兵役期間中に精神的苦痛を訴え続けたものと見られる。現役服務
不適合者審査委員会を経て補充役になり、社会服務要員として服務したものと推定される」と語った。しかし、男の知人は
「男が社会服務要員として服務していた時期も適応できていなかった」と話している。

鄭義和国会議長室の関係者は「精神疾患判定後、社会服務要員になったが、その後も放火などの問題を起こし、保護観察を
受けていた」と語った。社会服務要員は軍刑法でなく一般刑法の適用を受け、懲役刑以上の重罪を犯していなければ、「警告」
処分を受けるものの服務自体の継続は可能となっている。

梁昇植(ヤン・スンシク)記者

ソース:朝鮮日報 2015/01/27 11:16
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/27/2015012701666.html

←在日祖国の為に早く行けよと思ったらクリック
イスラム国関連記事一覧はこちら

只今売国速報ではイスラム問題をどこよりも早く速報でまとめています。

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1422346869/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」