1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 10:36:06.34 ID:???.net
(写真)
no title

▲ 汝矣島(ヨイド)IFCから眺めた証券街の夜景

韓国の国家信用リスクを反映するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムが、11ヶ月
ぶりに最高値を記録した。

ロシアやギリシャ、スイスなど、グローバル金融市場の至る場所で不確実性が高くなると、日本の
CDSプレミアムは2ヶ月ぶりに再び韓国よりも低くなった。安全資産選好現象が強まった影響だ。

22日、金融情報提供会社の『Super Derivatives』によれば、韓国の5年満期の外国為替平衡基金
債券(以下、外平債)に付くCDSプレミアムはアメリカ・ニューヨーク市場で19日、終値基準67.96bp
(1bp=0.01%ポイント)で集計された。

これは昨年の2月26日(68.57bp)以降、11ヶ月ぶりの最高値だ。

CDSは債券を発行した企業や国家が不渡りになった時、損失を償ってくれる派生商品だ。この商品
に付く加算金利のCDSプレミアムが上昇したということは、発行主体の信用リスクがそれだけ高く
なったという意味だ。

韓国のCDSプレミアムは先月の19日は49.19bpだったが、1ヶ月で20bp近く急騰した。

国際原油価格の急落と、グローバル金融市場の至る場所で相次いで起きた悪材料で、不安な
様子を見せた事が韓国の信用リスクが高くなった原因に分析される。

政府と金融機関が海外の金融市場で発行する外貨表示債券(韓国物)に対するヘッジ(リスク
分散)の需要が増加した事も影響を及ぼした。

国際金融センターのキム・ユンギョン部長は、「輸出入銀行が発行したドル建て債券をヘッジ
するための需要が集まり、韓国のCDSプレミアムが高くなった側面がある」とし、「韓国物の投資
リスクが高くなったという、根本的な認識変化がある訳ではない」と説明した。

輸出入銀行は去る13日、22億5千万ドル(約2兆4千億ウォン)規模のグローバル債券の発行に
成功した。これは2009年に政府が30億ドルの外平債を発行して以来最大の規模だ。

リスク資産回避の心理で韓国のCDSプレミアムが上昇したが、日本は安定的な様子だ。去る
14日(65.1)を基点にデフォルトリスクが韓国よりも低くなった。19日は63.89で韓国よりも4bp程度
低い。

日本の国家デフォルトリスクはアベノミクスに対する憂慮で去る11月に急騰、韓国よりも高く
なったが、2ヶ月で状況が逆転したのだ。

キム部長は、「国際金融市場が不安になって、安全資産として日本債券の地位が高くなった形」
とし、「日本の国債金利も低くなった」と説明した。

ソース:NAVER/ソウル=聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=001&aid=0007369096

←日本に勝てて良かったなと思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1421890566/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」