ホルホル ニダ

1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 08:35:34.65 ID:???.net
2015年1月22日 7時0分

 フランス人ジャーナリストのエチエンヌ・バラール氏が、日本で一番感動したというものは「温水洗浄便座」だという。
フランスでは水が出てくる便座は一般的ではない。
フランス人も感動するこの温水洗浄便座、フランスではどのようにして売られているのか。

 * * *

 実は僕、フランスで自分の親のため、実家にウォシュレットをすすめたんです。すごくいいから、つけてあげるから使ってみなよ、と。

 それで温水洗浄便座を探してみたんですが、どこにもない。

 数年前の話だから今は改善されているかもしれませんが、フランスのメーカーで作っているところがないどころか、
輸入もされていなかった。日本のメーカーと取り次いでくれるところもないんです。

 それだけではなく、なんと韓国のメーカーが「ジャパニーズ・トイレ」という名前で販売していたんです。
これには、日本のメーカーに頑張って欲しかったですね。

 海外にもニーズはあるはずなのだから、努力すれば市場も作れるのではないかと。なぜ韓国メーカーが提供していて、日本メーカーがやらないのか、不思議に思いました。

 自動で開閉するフタとか、音が流れる機能とか、ウケ狙いだけど小便器の的に尿を命中させるゲームとか、日本のトイレはおもしろい。

 そうそう、まだ温水洗浄便座なんてなかった30年前から、水のリサイクル=手を洗った水がトイレに流れることにも感動しています。

 すごくエコだと思うんです。資源を大切にしたり、スペースを節約するというのも日本の文化のひとつでしょうね。

●取材・構成/大木信景(HEW)

※SAPIO2015年2月号
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9701212/

←またザパニーズかよと思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1421883334/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」