舛添

1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 16:03:28.23 ID:N7JJd86c.net
舛添知事会見 仏紙銃撃テロ「日本で、特に東京で絶対に起こしてはいけない」
http://dmm-news.com/article/908377/
 

 --フランスに留学され、日ごろ、報道・表現の自由について大事にしなきゃいけないということをおっしゃっている知事ですが、
フランスのメディアがテロリストに襲撃された事件についての受けとめをお願いします。

 「やはり断じて許すことはできないし、フランスというのは本当に自由というか、基本的人権をしっかり守る。
これはお話ししたかもしれないですが、フランス人の誇り、フランスの誇りというのは、自分たちは不幸な人たちのパラダイスであると。
つまり、諸外国から迫害された人たちを亡命者として受け入れる。だから、例えばイランでパーレビ王朝が倒れました。
倒したほうと倒された側の革命、反革命、両方がパリに逃げてくるという。それはやはり、それだけの国際都市、世界の都市としての魅力というのは、
例えば世界都市ランキングではそういうものは書いていないかもしれないけれど、私は底流に、自分の町が世界に誇るべき町というときに、
そういう困った人を懐を大きく開けて、宗教はどうであれ、信条がどうであれ、意見がどうであれ受け入れるということにパリの深いところがあったので、
だから、一番大事なところをやられてしまったわけですよ」

 「そして、フランスというのは非常に風刺がうまい人がたくさんいて、私もああいうのを読むのが非常に好きなのは、
ただの記事を見るよりはるかに辛辣(しんらつ)に権力の批判をやるわけです。ああいうことを絶対に許してはいけないし、これは国際的な連帯で抑えていかないといけない」

 「それは、格差の存在とかいろいろ経済が今、悪くなって、ああいう排外主義、対外主義、ショービニズムとかナショナリズム、
そういうのが起こってきているけれども。しかし、そういうことが背景にあるからやっていいということではない」

 「そういう指摘が必要であると、あれは確実にテロリストで弾劾すべきであって、それから、私も専門ではないですけれども、
ずっとイスラム研究もやってきていたので、イスラムの教えというのは本当にヒューマニズムと平和なのです。
だから、ああいうことをやっていいのかなというのは、私は率直に思っていますので、これは、日本で、
特に東京でああいうことを絶対に起こしてはいけないという思いでしっかりと都政をやっていきたいと思っています」


←イスラム国行って来いと思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plusd/1421132608/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」