373news_logo128x128_400x400[1]

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/12/23(火) 11:08:17.10 ID:???.net
[隣国への親近感] 対話を重ね改善しよう
( 12/23 付 )

 内閣府の世論調査で、中国と韓国に「親しみを感じない」との回答が、1978年に調査を始めて以来それぞれ最悪となった。

 中国に対しては83.1%で昨年の調査から2.4ポイント増えた。韓国についても66.4%と8.4ポイントも悪化した。

 冷え切った中国や韓国との政治外交関係が国民の意識に反映しているのは間違いない。親近感を取り戻すには、首脳会談や民間交流など対話を積み重ねていく地道な努力が必要だ。

 調査後の11月、安倍晋三首相と中国の習近平主席は2年半ぶりの首脳会談に臨んだ。正常化へ向けて戦略的互恵関係の原点に立ち戻る方針は確認したものの、関係改善の機運が高まったとはとてもいえない。

 それどころか、中国は大陸沿岸の南●(なんき)列島にレーダーやヘリポートを備える軍事拠点の整備を進めている。南●列島は沖縄県の尖閣諸島まで沖縄本島からより約100キロ近い。

 昨年11月に設けた防空識別圏の監視強化が目的とされるが、中国側の真意を聞きたい。

 世論調査では、韓国に「親しみを感じる」も31.5%と過去最低に沈んだ。従軍慰安婦や島根県の竹島をめぐる対立に、産経新聞前ソウル支局長の在宅起訴問題が重なって、国民感情を悪化させたとみられる。

 救いは、過去最高の1300万人超と予想される今年の訪日観光客数で、中韓と台湾からの客が大幅に増えていることだ。

 国・地域別の1~11月の累計では、台湾が前年同期比27.0%増の262万人でトップ、次いで韓国が9.3%増え248万人、3位の中国は82.2%も激増し222万人だった。

 ビザ発給要件の緩和や円安を追い風に、10月から始まった消費税の免税品目の拡大で買い物目的の人が増えているようだ。

 政府は2013年に1000万人弱だった訪日客数を、東京五輪が開かれる20年までに倍増させる目標を掲げる。それに伴う消費額も3兆円に拡大させ、7万6000人ほどの雇用創出ももくろむ。

 だが、隣国ととげとげしい雰囲気が続くようでは五輪も盛り上がるまい。政府の目標達成のためにも関係改善を急いでほしい。

 来年は戦後70年、日韓国交正常化50年の節目の年となる。

 中国も加え、互いの政府や国民が狭量なナショナリズムに陥らないか懸念される。歴史認識などで立場の違いを認め、相手の主張にも冷静に耳を傾ける成熟した関係こそ構築すべきである。

 ※●は鹿の下に凡の点なし

南日本新聞社
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201412&storyid=62419

←むしろ中韓なしの五輪にしよう!と思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1419300497/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」