1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2014/12/21(日) 01:52:20.87 ID:???.net
◆次世代の党惨敗、ネット右派頼み限界 理念先行薄い政策

自民党の右に柱を立てる――
国家や民族を重視する本格的な右派政党として衆院選に臨んだ次世代の党。
インターネットで活発に発言する右派勢力などを頼りに、強い保守色を前面に出して戦った。
だが、公認48人に対して当選は2人と惨敗。
識者からは、保守の理念が先行し、生活に密着した政策に結びつけられなかったとの
指摘が出ている。

選挙結果を総括した19日の次世代の党の会議。
平沼赳夫党首は落選議員らを前に「私の力が足らず、
心から反省している」と頭を下げた。
石原慎太郎最高顧問も「十分な応援ができなかった」と謝罪した。

旧日本維新の会から分裂し、8月に結党した次世代の党は、
平沼氏や石原氏ら自民党よりも保守的な理念を掲げる政治家の
「オールスターチーム」の様相だった。

衆院選では中国批判、慰安婦問題に加え、「根拠がない」との批判を浴びながらも、
独自調査をもとに「在日外国人の生活保護受給率は日本人の8倍」などと訴え、
「生活保護は日本人に限定」とする社会保障制度の抜本改革も公約に掲げた。

次世代の選挙戦の象徴は、2月の東京都知事選で61万票を獲得した
元自衛隊航空幕僚長の田母神俊雄氏だ。
東京12区で公明党の太田昭宏国土交通相にぶつけ、
支持母体の創価学会を徹底的に攻撃した。

記者会見で田母神氏は「安倍晋三首相の足を引っ張る公明党を政権から分離させ、
自民・次世代の連立政権を作らねば、日本は取り戻せない」と述べ、
街頭演説でも徹底した公明党、創価学会批判を続けた。

ネット上で発言する右派の支持を得ようと、積極的なネット戦略も展開した。
「子育て犠牲にしてまでなぜ働くのか」「慰安婦問題はでっちあげ」など、
「誰もが知らんふりするタブー」を斬るとして、キャラクター「タブーブタ」を
一刀両断する動画を制作。動画の再生回数は30万回を超えた。

ツイッターも自民、公明に次ぐ約1万2千フォロワーを獲得。
「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠前会長が
「期日前投票で小選挙区、比例ともに次世代に一票を投じてきました」とツイートするなど、
右寄りのネット世論に浸透したようでもあった。

しかし、ふたをあければ、わずか2議席。
当選はいずれも強固な地盤を持つ平沼氏(岡山3区)と園田博之氏(熊本4区)の
ベテラン議員だった。
目玉候補の田母神氏も東京12区で約3万9千票にとどまり、4候補中最下位。
平沼党首は15日未明の会見で、「急な解散で党の知名度が不足していた」と語った。

写真:次世代の党公認で立候補した人たちの主な「保守」発言
no title


朝日新聞デジタル 2014年12月20日(土)14時39分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141220-00000026-asahi-pol

←まずは不正選挙やめろ!と思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1419094340/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」