キムチ ゴミ

1: 韓国雑菌キムチ輸入禁止措置@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 09:47:48.10 ID:gtjV9/PC.net
■韓国キムチ業界、中国の「薬味」攻勢で大打撃
朝鮮日報12月14日(日)7時10分配信

最近、中国産の「タジン・ヤンニョム(刻んだ薬味)」で韓国産の白菜を漬け込んだ変種の中国産キムチ
が流通しており、韓国のキムチ業界では大きな懸念材料となっている。タジン・ヤンニョムとは、トウガ
ラシやタマネギ、ニンニクなどを細かく刻み、こってりと仕上げた薬味で、年間4万トン以上が中国から
輸入されている。
農林畜産食品部(省に相当)が8日に発表したところによると、一部の飲食店では韓国産の白菜を中国産の
タジン・ヤンニョムに混ぜるという方法で漬けた「変種の中国産キムチ」を出しているという。特に11月1
0日に韓中自由貿易協定(FTA)が妥結したことにより、タジン・ヤンニョムに対する関税率が一部引き下
げられる予定で、変種の中国産キムチはさらに増える見通しだ。

中国産の薬味を使用した「変種のキムチ」
韓中両国は11月10日に韓中FTAを妥結したものの、粉トウガラシ(関税率270%)とニンニク(同360%)は
開放対象から除外された。中国産のニンニクと粉トウガラシなどによって、韓国国内の農家が打撃を受ける
ことを懸念し、高い関税率を貫いたのだ。また、キムチ市場を守りたいという狙いもあった。大韓キムチ協
会によると、一般の食堂や大手給食業者で90%以上、高速道路のサービスエリアでは95%以上が中国産キム
チを使用しているという。
しかし、韓中FTAの結果、タジン・ヤンニョムに対しては45%の従来の関税率を両国の調整過程を経て最大で
4.5%まで引き下げる余地を残した。こうした状況でタジン・ヤンニョムが添加されたキムチが広まった場合、
中国産のタジン・ヤンニョムで韓国産の白菜を漬けた「変種のキムチ」が韓国のキムチ市場に打撃を与える恐
れがある。飲食店では中国産のタジン・ヤンニョムと韓国産の白菜を使ったキムチを出す場合、「白菜は韓国
産、粉トウガラシは中国産」と表記するだけでいい。消費者の立場からは、タマネギやニンニクまで中国産を
使用したかどうかは分からない。
関税庁によると、キムジャン期間(越冬用のキムチ漬けの期間。11月1日から23日)に、韓国が中国から輸入し
たキムチは2012年に1万6586トン、13年に1万4439トン、今年は1万4291トンと年々減っている。しかし、同期間
にキムチの漬け込み用の調味料などに使用されるその他のソース用調剤品(タジン・ヤンニョムを含む)の輸入
量は12年に3924トン、13年に4652トン、今年は4911トンと急速に増加した。タジン・ヤンニョムの輸入量が2年
で25%増えたのだ。

←宗主国様に貢げて良かったな!と思ったらクリック


http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plusd/1418518068/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」