_38046024_0[1]

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 13:29:32.87 ID:???.net
河北省石家荘市で、1938年当時の旧日本軍の「遊興料金表」が発見された。当時の慰安婦制度が日本軍の許可と支持を受けていた
ことを示すものとして、注目されている。12日付で河北新聞網が伝えた。

同市内に在住する張さんが今年、1938年と刻印のある旧日本軍の「警備情報」を約100冊、友人を通じて日本で購入し、その中の1冊
に挟まっていた。「遊興料金表」の内容は、「将校が1時間2円、時間増しは1時間当たり1円。12時から翌朝7時までは8円。下士官兵は
1時間当たり1円50銭。時間増しは1時間当たり80銭」となっている。「正定警備隊本部」との落款があり、「第9師団後備歩兵第1大隊」
と赤い朱肉で押印されている。

料金表を翻訳した河北大学師範大学歴史文化学院の孫文閣副教授は、「当時、日本軍が正定に慰安所を設け、将校や下士官兵に対して
慰安所を出入りする際の料金を定めていたことを示すものだ」と指摘している。

これと同時に、慰安婦の「身体検査表」も発見されており、喜楽館、日進館、新京館の慰安所で慰安婦16人に対して身体検査を行ったこと
が記録されている。そのうち、「愛子」と「花子」が不合格になっていたことも記されている。

河北歴史文献研究者の王律氏はこれについて、「具体的な人名、場所、時間などが書かれており、すべて真実であることは間違いない。
当時の慰安婦制度が日本軍の許可と支持を受け、公然と行われていたことを示すものであり、こうした史料は非常に珍しい。慰安婦制度
の真相を覆い隠そうと企む日本軍国主義のウソを暴くものだ」との見方を示している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

ソース:Focus-Asia 2014年12月12日
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economic_exchange/404100/

←もっと真実を暴いて良いぞ!と思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1418444972/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」