性的マイノリティ

1: ジーパン刑事 ★@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 11:19:00.92 ID:???0.net
 同性愛や性同一性障害など性的マイノリティー(少数者)が差別や偏見に苦しむ状況を踏まえ、
支援団体が各政党にアンケートで性的マイノリティーの人権問題に取り組む必要性の有無を聞いたところ、
自民党は「取り組まなくてよい」、他党は「積極的な取り組みが必要だ」と回答し、政党間の認識の違いが浮かんだ。

 アンケートをしたのは市民団体「レインボープライド愛媛」(松山市)で、
寄せられた回答をウェブサイトで公開した。それによると、性的マイノリティー
の人権問題に取り組むことをどう思うか、との質問に、自民は「取り組まなくてよい」との選択肢を選び、
「人権を守る施策が必要かどうか」には「性同一性障害への施策は必要だが、
同性愛者へは必要ない」を選んだ。一方、民主、公明、次世代、共産、社民各党は

「積極的な取り組みが必要」を選び、続く質問には「社会の理解が不足している
課題なので積極的な啓発や施策が必要」を選んだ。その他の党からは回答がなかった。

 法務省は「性的指向」「性同一性障害者」を啓発が必要な人権課題に挙げている。
同団体は「各党の人権問題への姿勢を考える材料にしてほしい」としている。【藤沢美由紀】

http://mainichi.jp/select/news/20141210k0000e040181000c.html
性的少数者:人権問題「取り組み不要」…アンケートに自民

←完全禁止で問題なし!と思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1418264340/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」