韓国経済

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/12/05(金) 19:18:10.25 ID:???.net
 ■三橋貴明(みつはし・たかあき)

 韓国の家計の債務(負債)膨張が、とんでもない状況になっている。念のため書いておくが、資本主義とは「誰か」が
負債を増やし、投資を拡大しなければ成長しない。通常、銀行融資などの負債を増やし、設備投資により経済を牽引する
「主役」は民間企業だ。とはいえ、バブル崩壊後など、民間企業が債務返済に走る時期には、政府が財政赤字として
負債を増やす必要がある。

 ところが、韓国の場合は負債を拡大しているのが、最も脆弱(ぜいじゃく)な経済主体であるはずの家計なのだ。韓国で家計が
負債を増やし、調達されたお金がどこに向かっているかといえば、不動産投資や教育資金として支出されている。

 ちなみに、2007年まで不動産バブルに沸いた米国も、当時は家計が債務を拡張し、経済成長を牽引していた。何しろ、
07年までの米国の家計は年に100兆円規模で負債を増やし、住宅投資や消費に回していたわけだから、半端ない。
無論、バブルが崩壊すると、米国の家計は貯蓄を増やす(あるいは負債を減らす)状況に戻った。

 現在の韓国は、かつての米国のように「家計の負債」が経済を牽引する状況が続いているのだ。「家計債務牽引型資本主義」
というわけである。

 韓国の家計の可処分所得に対する「元利金返済額」の比率を見ると、何と21・5%に達している。21・5%という元利金
返済額対可処分所得比率は、最近までバブルに沸いていた米国(9・9%)、スペイン(15・2%)の数値すら上回っている。

 しかも、韓国の家計の元利金返済額比率は、前年と比べて2・4%も増えた。OECD(経済協力開発機構)の経済展望
報告書では、韓国経済について「不動産活性化政策による家計負債の増加率で、金融機関と民間消費のリスクが上昇する
恐れがある」と指摘されている。

 また、韓国銀行が11月26日に発表した国内家計収支調査報告では、同国の家計負債膨張について「韓国経済における
一大リスク」と、表現されている。14年7-9月期の韓国の家計負債は1060兆ウォン(約113兆円)に達しているが、
1四半期で22兆ウォン(約2兆3500億円)も増えた。韓国の家計の負債残高と年収を比較した値は、すでに160%を
超えており、これはリーマンショック直前の米国よりも高い。

 韓国の家計の負債と返済金額の膨張は、ウォン高で主力企業が苦しむ韓国経済を、内側からじわじわと蝕(むしば)む疾患なのである。

zakzak 2014.12.05
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141205/dms1412051140003-n1.htm

←今度は絶対に助けない!と思ったらクリック


http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1417774690/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」