琉球独立

1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2014/11/14(金) 20:04:22.36 ID:???.net
◆【沖縄県知事選】「ネット右翼」はなぜ沖縄の米軍を擁護するのか?

11月16日に投開票を控えた沖縄県知事選は、普天間飛行場の辺野古への移設に
反対する翁長雄志氏(前那覇市長)と容認派の仲井真弘多氏(現職)の接戦となっている。
そんな中、「ネット上で右派的、国粋主義的な言動を行う人々」
=通称「ネット右翼(「ネット保守」とも呼ばれる)」界隈では、
基地移設容認を掲げる仲井真氏への支持が圧倒的に強い。

彼らは、沖縄における反基地運動や集会を「反日左翼の仕業である」として、
強い呪詛の対象として捉えている。
加えて沖縄の米軍を「日本を護る存在」として捉え、
在沖の米兵を悪者のように言うのは、「反日だ」と罵っている。

インターネット空間の中では、翁長氏に対する中傷も百花繚乱である。
曰く「氏は支那(中国)から支援を受けている」「氏が知事になれば
沖縄が中国に占領される」云々である。
「ネット右翼」がこのように時として過激な「反基地」「反米軍」への
敵意を剥き出しにするのはなぜか。
このようなネット空間での「基地擁護」と対になった「基地反対派への呪詛」の
理由を知るには、まず「ネット右翼」の構造自体を俯瞰する必要がある。

◆「保守」と「ネット右翼」の違い

まず私は、「保守」と「ネット右翼」を常に分けて考えるようにしている。
「保守」とは、戦後日本の中で、全国紙「産経新聞」と、論壇誌『正論』を中心として
(所謂「正論路線」)伝統的に自民党清和会(福田派)のタカ派的国家観を支持する
人々の事を指す。
言わずもがな、この正論路線のイデオロギー的骨子は「反共」と「親米」である。

これに対して「ネット右翼」は、こうした「保守」の自民党的出自とは違う、
全く別の場所=インターネット空間から発生したクラスタ(集団)である。
特にゼロ年代の初頭、2002年の日韓ワールドカップ前後から
その傾向が顕著となった。
つまり「保守」と「ネット右翼」は、その「出自の違い」でもって
明確に区別することができるのである。

ところが、本来「保守」とは全く違った出自に由来する「ネット右翼」の主張や見解は、
「保守」の理屈と余り変わらない。
なぜなら、ゼロ年代以降に登場してきたインターネット空間における
「ネット右翼」の依拠する理論的支柱は、「保守の理屈」に寄生しているからである。
これは例えば、「保守」の論客が「中国脅威論」を唱えれば、
ネット右翼が「支那人けしからん」、「日米同盟強化」を唱えれば
「米軍基地に反対する人間は全員反日」という理屈になる。

なぜ「コピー」ではなく「寄生」なのか。
それは、実のところ「保守」と目される人々が出版したり寄稿したりする本や雑誌の詳細を
読むこと無く、そのヘッドライン(見出し)のみを観て自説に採用しているからである。
「コピー」は原文を引用する場合があるが、「ネット右翼」はそもそも原文を読まず、
「保守」の言う理屈のヘッドラインと目次しか見ていない。

だから本当は「中国脅威論」にもそれなりの軍事的な分析や薀蓄が含まれているのだが、
そうした部分を一切無視してタイトルだけを拝借して「支那人けしからん」というふうになる。
まこと「保守」から発信される情報の、そのヘッドラインにだけに寄生する「ネット右翼」の
こうした行為を、私は「ヘッドライン寄生(見出し寄生)」と名づけている。

ポリタス 2014年11月14日
http://politas.jp/articles/162

←中国から守って貰うためだろ!と思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1415963062/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」