1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/03(月) 16:04:45.79 ID:MQ4pFztB.net
https://www.youtube.com/watch?v=Y71ZvkfZITg&list=UUmZ2zZnMzBUUo9pwP8flUhQ



10月24日、海上保安庁横浜本部に電話。
管理課の佐々木氏は「サンゴが無く漁をした証拠が無いので保釈した」と回答
しかし、国際的には甲板に漁具があった時点で「漁業をした」と見なされます
海上保安庁が中国人船長を逮捕の翌日釈放は異常
https://twitter.com/nihonjintamasii/status/529152088182239233

【最新情報】10月31日12;40発信
小笠原諸島周辺で“中国船”212隻 中国共産党の意図がある。無人島に中国人が住めば、領土と言い出すかも。海上保安庁の中国人船長の逮捕の「翌日保釈が問題だ!
http://www.news24.jp/articles/2014/10/31/07262459.html

10月27日午後6時半発信
また、小笠原で、中国人船長逮捕!今月4人目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141027-00000553-san-soci

10月26日午後3時半、発信
産経新聞も問題を報道!小笠原に押し寄せる中国船、「宝石サンゴ」密漁か 「守るすべない」「島民は不安」
http://www.sankei.com/politics/news/141012/plt1410120003-n1.html

10月26日午前11時40分発信
「小笠原周辺に中国漁船113隻確認
http://www.asahi.com/articles/ASGBS5TKQGBSULOB01T.html

10月25日
どうも、横浜海上保安部に管理課の佐々木氏の説明に「騙された」様です
国際法上、排他的経済水域での漁業は、船の甲板に「漁具」があった時点で「漁業をしていた」と見なされ、処罰できる様です
佐々木氏は、「中国船が停船命令に従わず、臨検忌避したので逮捕した」「漁獲物のサンゴがなかったので釈放した」と説明しました
海上保安部の職員が国際法を知らない訳がありません。
私が、知らなかったので、管理課の佐々木氏の説明に騙されてしまいました。また、「本庁からの指示があった」と述べています。
横浜海上保安部の対応は「異常」です。

現在も小笠原海域周辺で中国船団が大量に出没しています。強い態度で対応しないと、日本の領海を守る事は出来ズ、無法国家の中国に侵略されます

横浜海上保安部が10月16日、小笠原沖で検査忌避の中国人船長を逮捕 しかし、翌日の17日に保釈報道でおかしいとと思い調べました。

「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律」

(担保金等の提供による釈放等)
第二十四条
・・・・・ただし、事件が政令で定める外国人が行う漁業、水産動植物の採捕又は探査に­係るものであるときは、この限りでない。

担保金で保釈が出来ないのです。漁業は魚や動植物の水揚げが問題では無いです。漁業行為を、漁業と言うのです。

横浜海上保安部は「詭弁」と、証拠のサンゴが発見できなかったとしていますが、信用できないし、海上で投棄した可能性もあります。
いま、小笠原諸島で中国共産党の思惑が動いています。中国船団が大量に、小笠原諸島に進出しています。
密漁取り締まりより、領海保護が最重要課題です。どんどん摘発し、起訴すべきだと思います。

朝日新聞社の報道によると、中国大使館が保釈の「担保金」を保証の申し出があった。

横浜海上保安部は、口を濁しているが、本庁からの指示があった。海上保安庁は、国土交通省が上部官庁
国土交通大臣は、中国共産党のポチの創価公明党の大田。

尖閣諸島の日本人漁業の出港を水産庁に圧力をかけ国土交通省が、妨害しました。

創価公明党は、日本を解体し、独裁・中国共産党に媚うる売国政党だと思います

←そこは国際法を守らないのかよ!と思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4plusd/1414998285/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」