朝日新聞

1: トラースキック(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:36:57.25 ID:HPJ4yMyZ0.net BE:819211672-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_buun02.gif
特定の人種や民族への憎悪をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)について、国連人種差別撤廃委員会は日本政府に対し、法律で規制
するよう勧告する「最終見解」を公表した。

「朝鮮人は出て行け」「殺すぞ」。在日韓国・朝鮮人を中傷するデモが活発になっていることを受け、見解は「デモの際に公然と行われる
人種差別などに対して、毅然(きぜん)と対処すること」を要求。ヘイトスピーチをあおる官僚や政治家に適切な制裁を講じるよう促した。

市民グループの調査によると、ヘイトスピーチをともなうデモや街宣は昨年1年間で360件以上行われているという。なぜこれほどの
拡大を許してしまったのか。勧告を機に、よくよく省みなければならない。

同時に、在日韓国・朝鮮人のひとたちが味わわされた屈辱と恐怖に改めて思いを致し、ヘイトスピーチを絶やすために何ができるか、
この社会に共に生きる者として考えたい。

たとえば大阪市は、ヘイトスピーチの被害者の訴訟費用を肩代わりできないか検討している。まずは国会が、人種差別は許さないという
決議をしてはどうかというアイデアもある。

焦点の法規制については、自民党がプロジェクトチーム(PT)を設置し、検討を始めた。民主党や公明党など超党派の議員連盟も、
議員立法に向けて準備を進めている。政府が差別的表現か否かを判断することの危うさなどを理由に、法規制には慎重な意見も
根強くある。冷静な議論を望みたい。

← 日本人を差別するな!と思ったらクリック

http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1410014217/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」