ball[1]

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 10:16:23.74 ID:???.net
野球の高校日本代表が参加するU18(18歳以下)の第10回アジア選手権大会第4日は5日、タイ・バンコク郊外のクイーン・シリキット
球場で準決勝があり、日本は予選2組2位の台湾に3―2でサヨナラ勝ちした。6日の決勝は韓国と対戦する。

日本は3回1死一塁から浅間(横浜)が右中間適時二塁打を放ち、1点を先取。だが、5回に失策などで2失点し、先発の高橋(前橋育英)が降板。
2番手の小島(浦和学院)、3番手の岸(明徳義塾)と無失点で継投し、9回1死満塁から徳本(龍谷大平安)が三塁線を抜くサヨナラ打を放った。

■一振りでヒーローに

先発落ちした徳本が一振りで一気にヒーローになった。

1点を追いかける9回。1死満塁のサヨナラ機で左打席へ。2ストライクと追い込まれ、指2本分バットを短く持ち替えた。カウント2―2からの直球
を振り抜くと、打球は三塁線を破るサヨナラ2点適時打に。「人生初のサヨナラ安打が日本代表だなんて」。仲間と抱き合い、もみくちゃにされた。

以下ソース

ソース:朝日新聞 2014年9月6日02時23分
http://www.asahi.com/articles/ASG953FHRG95PTQP004.html

← 韓国のレーザーに気をつけるんだ!と思ったらクリック


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1409966183/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」