舛添要一

1: ジーパン刑事 ★@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 10:59:35.99 ID:???0.net
2020年東京五輪を前にカジノ誘致の動きが各地に広がるなか
先陣を切ってきた東京都が慎重姿勢に転じている。お台場のカジノ用地とされた都有地を貸し出し、
担当部署を格下げ。治安悪化を懸念する声もある中で、
五輪開催地の方針転換はカジノをめぐる議論に影響を与えそうだ。

 「カジノは賭博。青少年への悪影響とか色々ある」
「カジノがないと日本経済はよみがえれないと言う人がいるが、そんなものなくてもよみがえる」。
舛添要一都知事は17日、フジテレビの報道番組で語った。
 フジテレビは昨年9月、カジノを含めたリゾート都市構想を三井不動産や鹿島と一緒に、
政府の国家戦略特区の作業部会に提出している。そのテレビ局での発言に、
都幹部は「カジノに慎重な知事の姿勢は固い」と語る。

http://www.asahi.com/articles/ASG8R5222G8RUTIL00R.html
カジノ誘致、東京都は一転慎重 知事「青少年に悪影響」

← パチンコ今すぐ潰せ!と思ったらクリック

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1408845575/:
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」