ニダ

1: アンクルホールド(秋田県)@\(^o^)/ 2014/08/20(水) 21:29:32.57 ID:RNAEdl730.net BE:194767121-PLT(14001) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
サムスン電子や現代自動車をはじめとした製造業の業績に陰りが見え始めている韓国で、「鵜経済」という言葉が再び注目されている。

韓国・中央日報は19日の記事で、韓国の医療現場では内視鏡の90%がオリンパス製であることや、韓国化粧品の原料の8割は海外から調達されていること、
「世界一」を誇る造船業でも、設計や資材など重要な部分は外国に頼っていることを
指摘した。「日本を抜いて世界2位になった」半導体分野でも、世界のシリコンウエハーの70%、ウエハーに塗る感光材の99%は日本製で、韓国の半導体製造装置の
国産化率はわずか2割に過ぎないという。世界トップシェアを誇るスマートフォンも、
基本ソフト(OS)などに多額の特許使用料を支払う必要がある。このため、韓国が輸出した製品の付加価値のうち、原材料費や特許料など海外への支払いを差し引くと韓国に
残るのは60%程度だという。日本(83%)はおろか、中国(72%)にも大きく劣る水準だ。

こうした状況を同紙は「韓国は日本との競争で『鵜』の立場。韓国がいくら物を販売しても、結局、お金は日本が儲ける」と評している。韓国の大手メディアがこうした
自虐的な比喩を用いる背景には、高品質・高機能製品では日本に適わず、
中・低価格製品では中国企業の激しい追い上げを受けているという現状への強い危機感がある。

記事はさらに、ナイロン原料・カプロラクタムの韓国から中国への輸出量が2012年の2万9648トンから13年には32トンに急減し、韓国の輸出企業が苦境に陥った例や、
中国のスマートフォン市場でサムスン電子が小米(シャオミ)にシェアトップの座を奪われたことも紹介している。

これに対し、韓国人ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。一部を紹介しよう。

「1960/70年代のパク・チョンヒ時代の精神で頑張れば不可能はない」

「先進国で生産していたカプロラクタムにずっと頼ってきたが、別の方向を念頭に準備すべきだった。もし準備ができていなければ、日本のソニーや電子業界と同じ道をたどるだろう」

「韓国は日本から輸入する資材を自給できず、中国には自給を許す形となっているが、このままいけば韓国経済は没落するだろう。技術革命でこれを打破せ

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/392834/

← いやなら特許使うな!と思ったらクリック

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1408537772/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」