在日

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/08/19(火) 11:04:52.27 ID:???.net
在日2世の私は8月15日を終戦記念日と習った。中学生時代、終戦記念日が祭日でないことに疑問を持ったが、夏休みやお盆の最中だ、
祭日になったとしても休日は増えない。だから深くは考えなかった。

その後、40代の10年間、ソウルで生活したことがある。そこでは様子が違った。韓国では旧盆は盛大だが、新暦のお盆は平時と変わらない。
従って8・15は「光複節」、大きな祝日だ。国民は我が家の門に国旗(太極旗)を掲げて、日帝の植民地支配から解放されたこの日を盛大に祝う。
私にとって8・15は終戦日。それを口にすると「敗戦日だ!」と本国人が強面で訂正してきた。拙い母国語を使い、日本語を流暢に操る私は完全
に日本人扱いされていた。

そんなことがあって、私の認識は変化、終戦日が敗戦日となった。どっちでも一緒だと思われるが、それがそうじゃない。敗戦日と言われても
私は傷つかないが、普通の日本人は悔しいことだろう。日本人は終戦日を祝う気はない。敗戦による終戦、それが屈辱的なのだろう。
8・15を敗戦日とは言わない。

だから敗戦を知らない子達がいる。中には戦争があったことを知らない子もいる。そんな子の存在には驚く。本題じゃないのでここでは触れないが、
先の戦争の経緯を全く知らない子達の存在は見過ごせない。歴史教育を重要視し、近現代史をちゃんと教える必要がある。紛争の発端や戦争に
繋がるその後の推移を学ばずに、原爆被弾など、国土を蹂躙されたことだけを学ぶと、被害者意識が過剰になる。先の戦争の加害面の話を受付
けず、歴史認識が偏ることになる。

韓日の諍いが続き、和解の兆しはないが、韓国は日本に敵対していない。両者の歴史認識の隔たりが大きく、韓国人はそれをただす言動や不満
を声高にするが、それを反日行動だと短絡的にとらえるべきではない。韓国にとって日本は大切な国である。韓国人の多くはそれをよく知っている。
それ故に日本に対する期待は大きい。

実は日本も同様、嫌韓派よりも親韓派の方がはるかに多いが、少数である嫌韓派の声が大きく、日本人の多数が韓国嫌いだと感じさせている。
在日2世の我々は両国の真ん中に近い立場にいるので、そのことがよくわかる。両国で生じる摩擦の理由も分かるが、残念ながら、それを解決
する手立てはない。

日本で韓国を擁護する在日は「韓国ボケだ!」と嘲笑され、韓国では日本の立場を弁解するので「親日派!」と罵倒される。在日2世はいつも両国人
の裏切り者となる。韓日の真ん中に立つ辛い立場は理解されない。それで私は「親韓・親日派」を名乗るようになった。両国には揉め事の好きな人が
多く、私の声に耳を傾けてくれる人は少ない。

パク・ソンヨン 1947年、福岡県北九州市生まれ。在日2世。拓殖大学卒業。2000年、韓国食品普及処「㈱海龍」創業。現在、海龍相談役。
著書「親韓親日派宣言(亜紀書房)」。

ソース:東洋経済日報 2014/08/15
http://www.toyo-keizai.co.jp/news/essay/2014/post_5869.php

← 帰れば解決!と思ったらクリック

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1408413892/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」