朝日新聞

1: レッドインク(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 14:00:29.05 ID:H1IEWtji0.net BE:565421181-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/2mona2.gif
(朝鮮日報日本語版) 【コラム】朝日新聞の孤立


2001年8月15日、朝日新聞は終戦の日に「歴史に対する責任」という社説を掲載した。「すべて天皇の名に
おいて『皇軍』への命令が下されたことを考えても、やはり天皇の戦争責任は免れない、というほかあるまい」
としている。天皇の戦争責任論は当時も今も日本社会でタブーになっている。

2005年3月27日、朝日新聞論説主幹だった若宮啓文氏は「風向計」というコラムで「いっそのこと島を譲って
しまい、『友情島』にしてもらう」という「夢想」を書いた。遠回しな表現だったが、独島(日本名:竹島)放棄を
主張したのだ。

日本語を学ぶ韓国人学生にとって、朝日新聞は貴重な教材だ。誤字が少なく、文法が正確だという理由
だけではない。在日韓国人犯罪を扱った記事だ。
他紙とは違い、朝日新聞は容疑者の韓国名を書かない。代わりに在日韓国人が日本で使用している日本名
「通名」を記載する。言葉一つとっても在日韓国人に対する偏見を助長したくないということだ。

今年8月5日と6日の朝日新聞に掲載された特集記事が、日本の社会を再び議論の渦に引き込んでいる。
二日間にわたり5ページを割いた「慰安婦問題の本質 直視を」という記事だ。朝日はいくつかの誤報を公にして
訂正した上で「慰安婦の強制動員はなかった」という日本社会で主流を成す主張を再度批判した。
だが、日本社会では「朝日が間違いを認めた」と攻撃が相次いでおり、日本政府までこれに加勢している。

 旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる朝日新聞の闘いは20年以上になる。加害者の国の新聞が常に被害者側
に立って闘ってきたのだから、孤立し疲れが見えてきた。これを知恵を持って助ける方法が韓国政府には
あるはずだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140809-00000729-chosun-kr

← 記者を全員外患罪で逮捕しろ!と思ったらクリック 


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407560429/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」