1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 10:39:01.60 ID:???.net
(写真)
no title


「ゴボゴボ・ゴボゴボ、私の体は糞工場」、「黄金糞がポン~当たり」、「便器の中の綺麗な糞」、
「私の糞穴(肛門)は力持ち」、「こんな糞あんな糞」・・・。

国立民族博物館が汚くて臭い糞に対する認識を改めてくれる、『糞』の展示会を用意した。23日
から、『うんこ出て来い、糞糞』という面白いタイトルでこども博物館で行われる展示は、冒険を
通じて『糞』に関する全てを認識できるように構成された。

こどもたちは糞の国に旅行をしながら、様々な糞と出会う。糞に触れて、自分の糞の健康と生活
習慣などを確認できるようにした。

(写真)
no title


展示場に入ると、『元気な黄金糞』、『どろどろビチ糞』、『味噌のようなカチ糞』、『ちびちび水糞』
など、4つの便器に出会える。各便器の中にある糞は柔らかいのか硬いのか、知りたければ
触って確認できる。

『この糞あの糞不思議な糞』のコーナーには、動物たちの糞が散らばっている。動物の糞の特徴
と糞を食べる動物など、動物たちの糞に関連した様々な情報を提供している。タヌキ、キリン、
ゾウ、ヤギなどの糞のニオイが嗅げるよう、本物の糞も用意された。

『糞が住む家』に入ると、地域と環境による便所の構造が見られる。糞を食べるために集まって
来る糞豚便所体験。王様の携帯便器であるメファトル体験、便所紙の代わりに使われた木の枝、
木の葉、石、新聞、わらなどを見て体験する事ができる。

『回って回る我らの糞』のコーナーは、捨てられる糞ではなく回って回る糞の話を取り上げた
空間だ。糞を運ぶために使われた様々な道具が展示されている。糞背負子を背負う体験もできる。
糞を運んで肥やしを作り、肥やしを撤いて作品を育てるインタラクティブの映像体験もある。糞で
育てる木、リンゴの木に実を付けるなどの体験のオマケ付き。

>>1のつづき 

(写真) 

化粧品や薬品、エネルギーなど、様々な領域で活用される糞の資源的価値に対しても教えて 
くれる。 
no title

『糞の中に隠された話』のコーナーでは、糞に関連した8つのエピソードで構成されたWebマンガと、 
糞をテーマにした様々な物語の本が見られる。世界の色んな国の変わったトイレ、ピクトグラム 
パズルと糞の名前が入った植物、昆虫、こどもたちが直接作った『糞詩』などを展示する参加型 
空間だ。 

こどもたちの排便活動を手伝ってくれる、『プンプン(連続して屁を大きくこく音=ぶうぶう・ぷうぷう) 
体操』と、『私の糞口(肛門)は力持ち』の映像も観覧の楽しさを加える。 

展示空間は現代のトイレで自然に近付く、『自然の循環』をモチーブにした。身体の臓器の構造 
とトイレットペーパー、糞の質感に対するイメージなどを考慮して流線形の構造で演出した。 

(写真) 
no title


こどもたちの目線に合わせた様々な糞キャラクターが登場する8編のWebマンガは、こども 
博物館のホームページと展示場で会える。 

博物館側は、「糞に対して新たに知る過程を通じて、これ以上糞が汚くて捨てられなければ 
ならない存在ではないという事を感じられるだろう」と期待した。 


ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0005970664

← これは韓国の誇るべき文化だね!と思ったらクリック

 
【悲報】日本の厚労省検疫所が韓国旅行に注意を発表wwwwwwww



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1405820341/:
e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」