社畜

1: リバースネックブリーカー(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/07/17(木) 09:55:40.45 ID:uZYpGiD80.net BE:528692727-BRZ(11000)
sssp://img.2ch.sc/ico/u_pata.gif
日本人は長時間働きすぎるから幸せになれない

日本人は勤勉だ、という評判は世界でも名高い。OECD(2010年)の統計によると、日本人の平均労働時間は年1,733時間。
フランス人・ドイツ人はそれぞれ年1,500時間と年1,309時間だから、それよりだいぶ長く、アメリカ人の年1,778時間に匹敵する。
仮に日本人が年に2か月まるまる休んだとすると、フランス人並みの労働時間となるが、ドイツ人並みにしようとすると2か月どころか、
3か月間休む必要がある。

労働生産性がG7諸国で最低な理由
アメリカ人の労働時間が長く、ヨーロッパ人が短いことは、欧米のメディアでよく話題となる。アメリカ人の1人当たりGDPは、ドイツ人やフランス人より2割ほど高く、そのため、
「アメリカ人のように長時間働いて儲けるか、ヨーロッパ人のようにたっぷり休暇をとってほどほどの収入で満足するかの、選択の問題だ」
という結論に落ち着くことが多い。しかし、そうは単純に言えないのが日本のケースだ。日本人は長時間労働をしているわりに成果が上がっていないのだ。
フランス人より2割近く、ドイツ人より約3割も長く働いているにもかかわらず、1人当たりGDPはドイツ・フランス並み。そのため「日本人はだらだら非効率に
働いているのでは」という疑いが出てくる。
事実、日本人の1人当たり労働生産性はG7諸国で最低だ。

http://www.j-cast.com/kaisha/2011/08/11104044.html?p=all

← 労基ちゃんと仕事しろ!と思ったらクリック

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1405558540/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」