竹島訪問ツアー

1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/06/30(月) 13:36:14.45 ID:???.net
■留学生にも独島教育? 韓国教科書に見る“余裕のなさ”

語学留学で韓国に来ている日本人から、「学校の教科書に竹島(島根県隠岐の島町)が載っている」という
話を聞いた。

ソウルの延世大学韓国語学堂で使われているもので、2級(初級)の教科書に「独島(ドクト)
(竹島の韓国での呼称)は慶尚北道の島のうちの1つだ」との例文が、韓国語と日本語で併記されている。

同校では筆者も、18年前に学んだことがある。当時の教科書は今のようにカラー印刷ではなく、挿絵もなし。
素朴だが、韓国の風習、生活、親族関係などが題材で、韓国社会を知る上でいい教材だった。

現在の教科書にも似たようなことは出ているが、日本人が使う教科書にわざわざ独島とは。
例示するなら、江華島でも済州島でもいいのに。

日本に語学留学している韓国人が「竹島は島根県の島です」と書かれた教科書を見たらどう思うだろうか。
問題の「独島の例文」は、日本語版だけでなく、英語圏や中国語圏からの学生向けの教科書にもしっかり
載せられている。

経済的に豊かになり、グローバル化を誇る韓国。それなのに“独島領有”の主張が政府やメディアだけでなく、
外国人向けの韓国語教科書にまで及んでいる。そこまで日本を意識する余裕のなさに、切なささえ感じた。
(名村隆寛)

ソース yahoo/産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00000508-san-kr

← 侵略国家とは断交しよう!と思ったらクリック

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1404102974/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」