ホルホル ニダ

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/06/25(水)18:45:27 ID:baklQqQrW
ネット右翼(ネトウヨ)を題材にした劇団、第18次「笑の内閣」の演劇「ツレがウヨになりまして。」が
この春、東京、札幌、京都の3会場で上演された。作・演出は同団主宰の高間響さん。

 物語は、韓流イベントを開いているスーパー・フジマーケットに対し、
「韓流のごり押しだ」「偏っている」と開催中止を要求しに2人の男が乗り込んでくる。
男の一人、ニートの富山蒼甫は、京都市に住む女子大生、日向あおいと同棲中だ。
富山の様子がおかしいことを気にかけていたあおいは、彼のパソコンを覗き、
たくさんの韓国への罵詈雑言を見つける。あおいは富山の抗議行動を止めさせようと説得する。

 高間さんはこれまで、ネット右翼の何でもかんでも韓国だ、在日だというこだわりを知り、
ネット右翼に関する作品を書きたいと思ったという。

 舞台では「本当は韓国がすきなんじゃないの。何を話しても韓国人に結びつける」
「口だけの愛国心で何もしない」などの言葉が飛び交う。
どの台詞も説得力があり、また、本当の愛国心とは何かについても言及する。

「ツレがウヨになりまして。」のDVDは、
次回作「福島第一原発観光地化計画」の上演会場、京都のアトリエ劇研(10月15日から)で販売される。

(2014.6.25 民団新聞)

http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=20&category=6&newsid=19093



http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1403689527/:

e813f3531c5ba7d03add427881cf58ea[1]

【速報】上海株「今日も暴落-5%達成!wwwwwwwwwwwwww」